読み物

読み物-日々をここちよく-

兼高かおる|時代を生きた女たち#112
旅好きさんのおすすめ本|あなたもおうちで世界旅行
浴衣に映える簡単ヘアアレンジ|日本文化を見直そう#2
大人のための浴衣カタログ|日本文化を見直そう#1
  • ライフスタイル

922 view

暮らしを楽しくする2つのヒント|LET'S TRY IT!#8

暮らしを楽しくする2つのヒント。衣服についたインクの落とし方やきのこの保存方法など、簡単にとり入れられる暮らしのヒントをご紹介します。

この記事をお気に入りに追加

衣服についたインク、どう落とす?

ボールペンのインク汚れは、そのペンが油性か水性かを確認することが肝心。染み抜きに使うものが違うからです。油性の場合は、エタノールで色落ちしたり溶ける生地ではないかを確認のうえ、表の染み部分にタオルを当て、服の裏側から消毒用エタノールをつけた布でトントンと強く叩きます。数回繰り返すと、完全に落ちるまではいきませんが、染みが薄くなります。水性かゲルインクの場合は、石鹸もしくは弱アルカリ性の洗濯用洗剤を使用。油性のときと同じように叩いて、染みを薄くしていきます。どちらも、時間がたつほど落としにくくなるので、素早く対処を!

©KOICHI SAITO/orion/amanaimages

 

常備しておきたいミックスきのこ

数種類のきのこを混ぜたミックスきのこは、さまざまな食感を楽しめて香りも豊か。いろいろな料理の具材に重宝します。たくさん買うと一度には使い切れないので、ジッパーつきポリ袋などに小分けして冷凍保存(1カ月保存可)、もしくは多少日もちする下ごしらえをします。たとえば、さっとゆでて水気をよく切ったきのこに、塩(きのこの約5%量)をまぶしたものは、密閉容器に入れて冷蔵庫で1週間ほど保存可。オイルで炒めたきのこに好みの酢と塩・こしょうを加えたマリネも、やはり1週間ほど冷蔵保存でき、そのままでも一品のおかずになります。

©IMAGE LAND CO.,LTD./amanaimages

 

取材・文= 黒澤 彩

お買いものはこちら