読み物

読み物-日々をここちよく-

未来の肌に投資して。人気美容家に聞く、30代から始めるべき基本のエイジングケアって?
エイジングケア、何から始めるべき?「つやプラ×オルビス 迷える女性におくる美容セミナー」をレポート
1日の疲れをリフレッシュして、明日の美をつくる簡単フィットネス|おやすみ前の“のんびり”エクササイズ#3
「手放して自由になる」心地よさ│自分らしく年齢を重ねる女性にインタビュー
  • ライフスタイル

499 view

ごはんをおいしくするヒント|私の一汁三菜#4

野菜、豆、乾物をおいしく食べるひと皿を、自宅でも楽しんでいる前沢さん。ひと工夫を加えたストックを活用して、上手に時短調理をしているそうです。

この記事をお気に入りに追加

私のごはんスタイル

今月の先生
前沢リカさん

まえざわりか:「七草」店主。茨城県生まれ。アパレル業界から料理人に転身し、2003 年、和食店「七草」を開業。2017年に移転した東京・富ヶ谷の店舗では隔月で料理教室を開催。和食をベースに季節のテーマを盛り込んだ献立が評判を呼んでいる。『野菜をひと干し きょうの一皿』(地球丸)など著書多数。http://nana-kusa.net

 

すぐに使える乾物をおかずや調味料に活用

「小豆」「打ち豆」「レンズ豆」「緑豆」(左上から時計回り)は、煮物や汁物であれば水に浸さずに調理できるので便利。

ドライトマトはひたひたの水に浸けて瓶に保存(約10 日間冷蔵保存可)し、トマトは具材に、戻し汁は調味料として重宝しているそう。

 

サラダやパスタのトッピングにも役立つ自家製ふりかけ

使い勝手を広げるため、基本的に味つけをせずに作り置きしているふりかけ(ひじき、さけ、ちりめんじゃこは酒と水で加熱)。ご飯にかけるときには塩を適宜加えるそう。一番左は、サラダに合うアーモンド・くるみ・コリアンダーシード・ドライトマトの組み合わせ。

 

夜のうちにしておくこと

ハーブの風味を加えた水出し茶

季節を問わず、フレーバーウォーター感覚で楽しんでいる水出し茶。水3 〜3と1/2カップ、茶葉(緑茶)8 ~10 g、ハーブ(ミント)3 ~5 g を合わせてひと晩おくだけ(茶葉とハーブの種類はお好みで)。ハーブは手でざっとちぎってから加えると、香りと味がよく出ます。

 

料理・スタイリング=「七草」前沢リカ 写真=竹内章雄 文=秋山由佳里

お買いものはこちら