読み物

読み物-日々をここちよく-

未来の肌に投資して。人気美容家に聞く、30代から始めるべき基本のエイジングケアって?
エイジングケア、何から始めるべき?「つやプラ×オルビス 迷える女性におくる美容セミナー」をレポート
1日の疲れをリフレッシュして、明日の美をつくる簡単フィットネス|おやすみ前の“のんびり”エクササイズ#3
「手放して自由になる」心地よさ│自分らしく年齢を重ねる女性にインタビュー
  • スキンケア

10387 view

新オルビスユー、発表会レポート

この記事をお気に入りに追加

「細胞フィットネス」に興味津々!

8月上旬に都内で行われた、新オルビスユーの発表会。記録的と言われた猛暑の中、会場は大盛況!
進化したオルビスユーへのマスコミの関心の高さをうかがわせました。このページでは発表会の様子とともに、来場していた美容のプロに聞いた、新しいオルビスユーの魅力をレポートします。

 

新オルビスユーのパッケージに合わせて、会場内は白で統一。

 

 

テーブルには新オルビスユーをセッティング。

 

 

ローションのとろぱしゃテクスチャーは美容のプロにも大好評!

 

 

商品企画部部長の西野英美が、開発にかけた想いを熱弁。

 

 

水を巡らせるというコンセプトに合わせ、水面の光がゆらめく場内。

 

 

発表会は代表取締役社長、小林琢磨のあいさつからスタート。

 

 

発表会終了後、タッチアップコーナーには多くの人が。

 

 

涼しげなブルーのドリンクでおもてなし。

 

 

美容家・トータルビューティアドバイザー
水井真理子さん

使って納得の使用感と美しいパッケージに感動!

使ってみて、発表会のお話に納得!うるおいを巡らせ肌の力を引き出すというコンセプトが、見事なまでに製品に落とし込まれているのに感動しました。デザインも素敵。毎日使うものだから、それが美しく使いやすいと、ちょっと元気がないときも「がんばろう」という気分になれます。視覚からのスキンケア効果も期待できそうです。

 


美容ジャーナリスト
吉田昌佐美さん

オルビスのブレない姿勢と優れた技術力に拍手

私がオルビスを信頼しているのは、アプローチに一本筋が通っているところ。肌内部の水環境と酵素活性からさらに一歩進み、細胞を鍛えるという着眼点は積み重ねた研究があってこその進化だと感じました。しかもオイルを使わず、無香料でこの心地よさを実現したこと。心地よさを叶えた技術力は、本当に素晴らしいと思います。

 


美容ライター
永田みゆきさん

心地よさに満ちた新しいオルビスユーの世界を体感

肌の水の通り道を開くアクアポリンに着目して、うるおいを巡らせる。細胞フィットネスという考え方は、とても心地よさそうで、魅力的だと感じました。ゆったりと椅子を配置した自然光の入る発表会場も、居心地がよくリラックス感満点。肌だけでなく、毎日がんばる女性の気持ちにも寄り添うという、オルビスのメッセージを感じます。

 

 


写真= 国井美奈子 取材・文=永田みゆき

オルビスユーシリーズ 詳しくはこちら >

お買いものはこちら