キャンペーン

キャンペーン 11/22新着

特集

  • 彩り冴える澄み肌に。冬のBluishメイク
  • ショコラとドリンクで、もっとキレイに。わたしにご褒美 美容系スイーツ
読み物

読み物-日々をここちよく-

美容ライフ5問5答|森本千絵さんのキレイの分岐点#3
自律神経のコントロールが鍵!|腸が活発化する6つの新生活習慣
120%保湿!スキンケア時の手指の使い方3つのポイント|ついでにエイジングケア#3
腸温活エクササイズ動画#3|股関節ストレッチ
  • ライフスタイル

375 view

根菜と豆のミルクスープ|温め食材で腸にアプローチするやさしいレシピ#2

腸温活でまず見直したいのが食事。旬の食材を積極的にとり、栄養バランスに気をつけましょう。鮭の骨や身を丸ごと味わえる水煮缶を使ったスープは、健康な筋肉作りに欠かせないタンパク質がたっぷり。

この記事をお気に入りに追加

●材料(4人分)
鮭(水煮缶)…1缶(180g)
玉ネギ…1/2個
かぶ…1個
じゃがいも…1個
にんじん…1/4本
いんげん…4本
オリーブオイル…大さじ1
ミックスビーンズ(缶詰)…60g
水…300mL
ローリエ…1枚
牛乳…200mL
塩麹…小さじ2
粗挽き黒こしょう…少々

 

●作り方
1. 玉ネギは1㎝の角切り、かぶはくし形切り、にんじんはいちょう切り、いんげんは3㎝くらいの長さに切る。じゃがいもは一口大に切り、水にさらす。
2. 鍋にオリーブオイルを入れて中火で熱し、玉ネギを炒める。しんなりしたら、にんじん、じゃがいも、かぶの順番で炒める。水とローリエを加え、沸騰したらアクを除き、蓋をして弱火で5分ほど煮る。
3. 水気を切ったミックスビーンズと鮭を缶汁ごと加えてさらに加熱したら、いんげん、牛乳、塩麹を加えて3分ほど煮る。器に盛りつけ、粗挽き黒こしょうをふる。

 

【Point】野菜はだいたい同じ大きさになるように下ごしらえを。火の通りが均一になり、食感よく仕上がります。

 

 

教えてくれたのは...
舘野真知子さん

管理栄養士として病院に勤務後、アイルランドで料理を学ぶ。発酵料理を中心に活動中。著書に『料理用舘野真知子さんあま酒、はじめました。』(光文社)など。

 

撮影/服部希代野 取材・文/小口梨乃

お買いものはこちら