キャンペーン

キャンペーン 11/22新着

特集

  • 彩り冴える澄み肌に。冬のBluishメイク
  • ショコラとドリンクで、もっとキレイに。わたしにご褒美 美容系スイーツ
読み物

読み物-日々をここちよく-

美容ライフ5問5答|森本千絵さんのキレイの分岐点#3
自律神経のコントロールが鍵!|腸が活発化する6つの新生活習慣
120%保湿!スキンケア時の手指の使い方3つのポイント|ついでにエイジングケア#3
腸温活エクササイズ動画#3|股関節ストレッチ
  • ライフスタイル

684 view

うるおいをキープする「守りの洗顔」3つのコツ|ついでにエイジングケア#2

汚れを取りすぎたり、ゴシゴシこすりすぎたり、つい「攻め」がちな洗顔を、うるおいを「守る」方向にシフト。エイジングサインを吹き飛ばす、洗顔のコツを紹介します。

この記事をお気に入りに追加

1.泡をすべらせるだけで汚れは十分落ちる

少ない泡でゴシゴシ洗うと摩擦で肌を傷め、乾燥の原因にも。こんもりの泡を肌と手の間でクッションにして、やさしくすべらせて。これで十分に汚れや不要な角質をオフできます。

2.あご裏まで洗えば肌のトーンアップ

洗顔というと、フェイスラインまでで終わりにしがち。あごの裏や、お風呂タイムなら首、デコルテまで洗ってほしいものです。ここのくすみが取れると、顔立ちまで明るくなります。

3.「押し当てふき」で肌摩擦&乾燥を撃退

洗ったあと、タオルでふくときもゴシゴシは禁物。清潔なタオルで押さえるようにしてふくのが正解です。水気を取ったら、間髪入れずにうるおい補給を。乾く隙を与えないことが大事!

 

 

教えてくれたのは…
岡本静香さん

美容家。自身の経験をもとに取り入れやすいメソッドを発信。オンライン美容メディア「biishiki」主宰。新著に『自分の肌を好きになったら運命は変わる』http://shizukaokamoto.jp.

撮影/服部希代野 スタイリング/門馬ちひろ ヘア&メイク/イワタユイナ モデル/園田ケリー 構成・文/小内衣子(PRIMADONNA)

お買いものはこちら