新商品

新商品 11/22新着

ネイルカラー
オルビスユー デイエッセンス
オルビスユー セラム
リンクルホワイトエッセンス

特集

  • いつもよりちょっと華やかに 大人のホリデーメイク
  • 乾燥、くすみ、シワに頼れる1品!どう選ぶ?プラスワンのスペシャルケア
読み物

読み物-日々をここちよく-

「蕎麦猪口」と「お猪口」で、いつもの晩酌スタイルをオシャレに格上げ!
人生をお気に入りにする|名フレーズに学ぶあなたらしさのヒント#10
くすみ解消のスキンケア術|美容のプロに聞いてみました!#2
寒い朝の目覚めもすっきり。からだを冷やさない眠り方|毎日のプチ温活#6
  • ライフスタイル

3154 view

南沢奈央さんの4冊|年末年始は読書で心を豊かに#1

自宅にいるときも本で旅気分を味わうという南沢奈央さん。自分らしく生きる女性に読んでほしい、とっておきの4冊を伺いました。

この記事をお気に入りに追加

1.『たしなみについて』(写真一番右)
白洲正子・著
1948 年・雄鶏社(2018 年・河出書房新社)

達人が語る、強くしなやかな生き方
「頭は使わなければさびつきます。人間も磨かなければ曇ります」。よりよく生きるための印象的な言葉が見つかる本。読書は人を磨くことができる最良のツール。白洲正子の凛とした生き方が素敵です。

 

2.『マリコ、うまくいくよ』(写真右から2番目)
益田ミリ・著
2018 年・新潮社

多くの女性が共感できる、モヤモヤとの付き合い方
世代の異なる3人のマリコの社会生活が描かれています。女優13年めの私も「自分の立ち位置は?」と自問する彼女たちに、自分を重ねて読みました。トイレの個室は女性の逃げ場というのも納得。

 

3.『イスラム飲酒紀行』(写真右から3番目)
高野秀行・著
2011 年・扶桑社(2014 年・講談社文庫)

お酒をはさめば国柄や人柄が見えてくる
お酒を酌み交わすと、本音が見えてくるのは世界共通。禁酒の国でお酒を探し当てる著者の嗅覚には拍手です。自分も酒席にいるような疑似体験が味わえ、別世界に連れていってくれる1冊です。

 

4.『ガンジス河でバタフライ』(写真右から4番目)
たかのてるこ・著
2000 年・幻冬舎(2002 年・幻冬舎文庫)

抱腹絶倒のインド体験。人と出会う旅がしたい
一人旅でこんなに笑って過ごせたら最高!と思った憧れの旅行記です。英単語だけで全てを乗り切ってしまう度胸も痛快。緊張したり不安な場面でこそ笑ってしまおうというマインドは参考にしたいです。

 

[南沢さん流 本の楽しみ方]
読書量は週に1〜2冊ほど。大好きな一人旅にも必ず持っていきます。海外旅行中に日本の古典を読んだり、空港で買ったり、いつもと違うチョイスも楽しみです。冬は自宅やカフェでコーヒー片手に本に没頭できるよい季節ですね。

 

 

Profile
南沢奈央(みなみさわなお)さん

女優。舞台『罪と罰』に出演予定。(1/9~2/1Bunkamuraシアターコクーン、2/9~17森ノ宮ピロティホール)

撮影/枦木功(nomadica) イラスト/naohiga 構成/中島宏枝

お買いものはこちら