新商品

新商品 5/23新着

ネイルカラー
サンピリオド
サンスクリーン(R)パウダー

特集

  • これで完璧!次世代のサマーケア
  • どこかにBLUEで一足先に初夏の顔
読み物

読み物-日々をここちよく-

お得なポイントキャンペーン│5月末まで!
季節を感じて -6月のテーマ-
紫外線に負けない4つのレシピ|インナー美白で焼かない夏#2
美白&美容12食材|インナー美白で焼かない夏#1
  • ライフスタイル

1237 view

元ちとせさんの4冊|年末年始は読書で心を豊かに#3

ゆったりと本を読むことで自分を見つめ直すという元ちとせさん。自分らしく生きる女性に読んでほしい、とっておきの本を伺いました。

この記事をお気に入りに追加

1.『娘心にブルースを』(写真一番右)
原 由子・著
1998 年・ソニー・マガジンズ

ミュージシャン原 由子のポジティブな生き方
大好きな原 由子さんの飾らないシンプルな言葉で描かれる日常! 何でもない日々の中に温もりや笑顔、もちろん悲しみや寂しさを感じながら人は毎日を乗り越えていくんだなと教えてくれます。

 

2.『そういうふうにできている』(写真右から2番目)
さくらももこ・著
1995 年・新潮社(1999 年・新潮文庫)

日常を描く天才さくらももこの名随筆
妊娠、出産について書かれていますが、“そういうふうにできている”よなぁと思いながら何度も読み返しました。“子供を持たぬ人生も、持った人生もどちらも面白そう”の言葉も心に残っています。

 

3.『BROOCH』(写真右から3番目)
内田也哉子・文 渡邉良重・絵
2004 年・リトルモア

女性らしさを教えてくれる宝物のような絵本
内田也哉子さんが描くことで、とても素直に、そういう女性でありたいと思わせてくれる私の御守りです。女性として美しく柔らかくかわいらしく力強い姿を、この本はいつもやさしく教えてくれます。

 

4.『スーホの白い馬』(写真右から4番目)
大塚勇三・再話
赤羽末吉・画
1967 年・福音館書店

愛しい者との別れをどう受け入れるか
小学生のとき国語の授業で出合いました。スーホは死んでしまった白い馬で馬頭琴を作り、音を奏で心の傷を癒やしました。動物好きな私に「一緒に過ごす今を大切にしなきゃ」と思わせてくれた1冊。

 

[元さん流 本の楽しみ方]
女性として心を豊かにしてくれる4冊を選びました。ときにはゆったりした時間を作り、自分を見つめたりすることも大切ではないでしょうか。赤ワインを飲みながら……。お風呂上がりの自分だけの時間に、この素敵な本と過ごしてみては?

 

 

Profile
元ちとせ(はじめちとせ)

歌手。2002年に「ワダツミの木」でデビュー。今年11月「元唄(はじめうた)~元ちとせ 奄美シマ唄集~」リリース。

撮影/枦木功(nomadica) イラスト/naohiga 構成/中島宏枝

お買いものはこちら