キャンペーン

キャンペーン 1/23新着

特集

  • 肌色別ネイル特集
  • winter SALE 2019.1.23
読み物

読み物-日々をここちよく-

自分らしさは、内側にある|名フレーズに学ぶあなたらしさのヒント#1
花を長持ちさせる4つの方法|花上手は暮らし上手#3
睡眠時間が美容時間になる、4つのお手軽アイデア|美を導く眠りのメソッド#4
簡単&美味しい!深い眠りをもたらす4つの食事のルール|美を導く眠りのメソッド#3
  • インナーケア

1093 view

美容賢者がインナーケアの重要性を熱弁!|キレイな人の透明感#2

美しく、すこやかな肌のためには、内側からのケアが欠かせません。肌を知り尽くした美容賢者たちが、自身の転機や肌が変わった体験からインナーケアの重要性を教えてくれました。

この記事をお気に入りに追加

「肌のためのインナーケアを今すぐ始めましょう」

美容家 水井真理子さん

インナーケアはコツコツと楽しみながら続けること。揺らがない肌が手に入ります

20代のときにニキビに悩まされ、化粧品で必死にケアを繰り返す日々。そこで見直したのが内側からのケアです。スキンケアとあわせてバランスのよい食事を心がけることで、2年ぐらいでニキビ跡まで減ってむき卵のような肌に! そのときにインナーケアの大切さを実感しました。30代以降は自分が楽しみながら続けられることを実践。スキンケアをして、きちんと食べれば揺らがなくなると、肌が教えてくれました。

 


美容コーディネーター 弓気田みずほさん

インナーケアは続けることで着実に調子を底上げするもの。肌の基礎体力がつきます

インナーケアを意識し始めたのは、肌やからだの小さな不調を感じ始めた30歳ごろ。食事で補いきれないビタミン、ミネラルのサプリメントを基本に、筋肉や肌のもとになるタンパク質を意識して摂っています。インナーケアを続けると、肌のコンディションが安定し、トラブルが表れにくくなります。試しにケアをやめてみたことがありますが、肌がくすむようになり、改めて助けられていたことを実感しました。

 


美容ジャーナリスト 吉田昌佐美さん

外側と内側、両方のケアをきちんと続けることが 賢いエイジング対策です

20代からインナーケアには気をつかい、特に食の品質やバランスは意識しています。外側と内側のケアを両立することが、エイジング対策として有効だと思っているから。自分に合ったインナーケアを続けると代謝やバリア機能が高まり、柔らかで質のいい肌に。今の女性たちは塗るケアには熱心ですが、インナーケアは足りていないのでは?と感じることも。根本から整えることが結果的にキレイへの近道になります。

 


美容ライター 永田みゆきさん

からだに必要なものをおいしくいただくことで、満たされて密度の高い肌に!

乾燥肌で医師に「皮脂の原料が足りていない」と指摘され、食の大切さを痛感。30代でこれではいけない!と亜麻仁油など良質な油分やタンパク質を摂り始め、そこから肌が変わりました。インナーケアは一生モノ。からだに必要なものをおいしくいただくとストレスにならず、長続きします。最近はニンジンの生搾りジュースを毎日飲んでいます。肌の密度がしっかりして、つるんと満たされていると感じています。

 

 

 

取材・文/橋場鈴里

お買いものはこちら