読み物

読み物-日々をここちよく-

リセット時間の作り方(動画)#3|くすみまで落として肌をリセット
お風呂とツボ押しでからだをリセット|リセット時間の作り方#2
1/fゆらぎで頭をリセット|リセット時間の作り方#1
大人のための仕込みメイク動画#3|知的でヘルシーな肌印象に!青×黄のカラーファンデ使い
  • メイクアップ

0 view

春こそ挑戦! 大人のカラーメイク|大人のための春足しメイク#2

キレイ色が豊富にそろう春こそ、カラーメイクに挑戦する絶好のタイミング。2つの質感が1つになった限定アイカラーは使い方次第で大人っぽくて印象的な目元に。

この記事をお気に入りに追加

目元のイエローが主役のこなれワントーンメイク
全体をイエロー、ベージュ、ブラウンの温もりトーンで統一したニュートラルでおしゃれなメイク。アイクレヨンを指でぼかしてアイカラー使いしたら、目力はブラウンのアイライナーとマスカラでおさえて。チーク&リップにくすみ色を合わせてヌーディな大人っぽさを。

PICK UP

目元に爽やかさを咲かせつつ、ほのかな陰影で大人っぽさも
なじみ系ゴールドベージュのアイグロスと、くすみイエローのアイクレヨン。ナチュラルにもスタイリッシュにも。
商品名:ジューシーアイカラーデュオ ジンジャーレモネード

HOW TO

1.ツヤ+陰影のアイグロスで目元に自然な奥行き感
アイグロス側のチップを使って、アイホールに3点置きする。指の腹でアイホールより少しオーバーするように下から上へとぼかして、丁寧になじませる。
 

2.イエローのアイラインは二重幅と目頭のくの字に
アイクレヨン側で、目のキワの二重幅と、目頭をくの字で囲むように色づける。ソフトな芯なので、小刻みに動かして指の腹でぼかせば、ふわっとした仕上がりに。

抜けを作って、甘すぎない大人のピンクメイク
ピンクのアイラインはしっかり引かず、上まぶたは目尻側だけ、下まぶたのキワは目頭側だけ、と抜いて仕上げることで、大人の余裕を感じさせるまなざしに。頬と口元も目元と響き合うピンクのチークとピンクのルージュ&グロスでまとめて大人かわいい表情へ。

PICK UP

シフォンのような透明感にクールな甘さをひとさじ
透けて繊細にきらめくパープルのアイグロス&ラズベリーピンクのアイクレヨン。優れた発色と質感を発揮。
商品名:ジューシーアイカラーデュオ ラズベリーフィズ

HOW TO

1.アイグロスでくすみを払いアイホールをクリアに
アイグロス側のチップでアイホールに3点置きし、指の腹でぼかす。パープルが透けつつ、くすみ感を補整。あとからのせるカラーが映える、ベースが完成。

2.ピンクラインは全体に引かず、抜けを作る
アイクレヨン側で上下にピンクのアイラインを引く。上まぶたは黒目の上から目尻へ。下まぶたは目頭から黒目の下までに。全体に引かないことが大人のピンクアイのキモ。

撮影/田村昌裕(freaks) スタイリング/高上未菜 ヘア&メイク/吉川陽子 モデル/高瀬真奈 取材・文/石塚久美子

お買いものはこちら