新商品

新商品 9/1新着

オルビスユー セラム
トークリップグロス

特集

  • 乾燥シーズンでもうるおい肌に 差がつくスキンケア見直し術
  • いまさら聞けない!スキンケアの新ステップ、先行型美容液(ブースター)って何?
読み物

読み物-日々をここちよく-

毎日の小さな習慣で美しく|キレイのためのプラスワン
みずみずしい輝きを足した大人かわいいヘルシーメイク|大人の輝き仕込みメイク#4
スキンケアの質を変える「オルビスユー セラム」の機能とは?|先行型美容液で巡りのスイッチをオン#2
シックな色みと立体感でちょいモードに|大人の輝き仕込みメイク#3
  • ライフスタイル

800 view

半年先の“なりたい自分”が、学びのモチベーション|学びで出会う、新しい自分#1

知りたいという気持ちに正直に何かを学ぶことは、自分らしく生きるためのきっかけにもなるはず。忙しい日々の中でも知識を磨き続ける女性に、学びで得たことを伺いました。

この記事をお気に入りに追加

半年先の“なりたい自分”を学びのモチベーションに
Flower Designer 秋貞美際さん

花の楽しみを深めるために、カラーアロマを勉強中
大手I T企業の秘書というキャリアを経て、フラワーデザイナーに転身した秋貞美際さん。「秘書の業務に贈り花の手配があったのですが、あるときそのデザインに疑問をもって。花について学ぶうちに、自分らしさを表現する面白さに惹かれ、仕事にしたいと思いました」

そこで憧れていたパリの有名店「ROSEBUD」で研修生として働きながら腕を磨きました。「研修以外の時間も、ほかの花屋さんに頼み込んでインターンシップに参加したりと、泥臭く学び続けた1年間でした」

帰国後フラワーデザイナーとして仕事をする中で、再び新たな学びへの思いが芽生えたそう。「お客様にもっと喜んでいただくため、花だけではないプラスαの提案をしたいと思ったんです。色や香りを学びたいと調べ、カラーアロマを知りました」カラーアロマとは、色と香りで心とからだをケアするセラピー。今は日本カラーアロマ協会のカラーアロマジュニアセラピスト資格取得を目指しています。「カラーアロマはとても奥深いですが、知識を身につければ、お客様に花の美しさ以上の何かを伝えることができると感じています。フラワーデザイナーとしての自分の将来も明確に描けるようになりました」

楽しく学ぶコツは「やりたいことを叶えたいと思うこと」と秋貞さん。「半年先の未来像から逆算すると、学ぶべき分野やポイントがわかると思います」

 

仕事が不規則なので、eラーニング講座を利用している。お店が休みの日に集中して勉強しているそう。

 

「資格を取得したら、新しい角度から花を表現したい」と秋貞さん。

 

学ぶ日のスケジュール
10:00_ 定休日もお店へ行き、掃除や花瓶の洗浄など、営業日の準備。
12:00_ 近くの飲食店や出前でランチ
13:00_ メール対応などの事務作業
15:00_ お茶を入れて、テキストやeラーニング講座で勉強
17:00_ 帰宅

 

 

 

Profile
秋貞美際さん

パリの「ROSEBUD」で研修後、フローリストとして独立。2018年、千駄ヶ谷に自身の店「migiwa」をオープン。2019年6月に麻布十番に移転。

撮影/服部希代野 取材・文/柏木亜衣

お買いものはこちら