新商品

新商品 7/1新着

クレンジングリキッド
ネイルカラー
サンピリオド

特集

  • もう悩まない!軽やか夏メイク講座
  • あなたの肌は大丈夫?夏のスキンケアチェック
読み物

読み物-日々をここちよく-

デスクワークで縮みがちな胸を開いて猫背解消|トイレで「ちょいトレ」
肌は上品に見せる! 夏の大人コーデ|大人の肌見せテクニック#2
夏に映える「白いファッション」4つのアイデア|白のある生活#2
自分の変化を大切に|名フレーズに学ぶあなたらしさのヒント#7
  • UV・ヘア&ボディ

2484 view

朝は「守りケア」で太陽に負けない肌を作る|今年のUVケアは「がんばらない」#2

紫外線が気になるシーズンが到来。「とにかく防御!」とがんばらなくても、ここちいい肌で過ごすポイントを美容家の水井真理子さんに伺いました。朝のケアで大切なことは、日差しをはね返すようなうるおい力と隙のないUV カット術。乾燥していると日焼け肌のベースができてしまうので、水分を蓄えて焼けにくい肌の土台作りをしましょう。

この記事をお気に入りに追加

スキンケアは押し当て塗りでうるおいを内部に巡らせて

保湿はUVに負けない肌の土台作りに不可欠。化粧水は手のひらと指の腹を使い、ゆっくりと押し当てるように塗りましょう。「押し込むことでキメの凹凸にもうるおいが行き渡り、内側から弾む肌に。血流がアップするので顔色もよくなり、むくみも取ることができます」(水井さん)

POINT

1.ローションを手に広げたら、顔の内側から外側に向かって手のひらで軽く押し込んで。指先まで顔に沿わせるように包み込むのがポイント。

2.うっすら日焼けしがちな生え際やフェイスラインも、手のカーブをフィットさせてぬかりなくうるおいを補給。保湿の隙間を作らないことが肝心。

USE IT

うるおいが染み渡りみずみずしい素肌に
濃密ウォータージェリー※1仕立てのリッチなテクスチャーで肌に触れた瞬間にみずみずしくとけ出しスーッと浸透※2
商品名:オルビスユー ローション

※1 PEG-75、プロパンジオール(保湿成分) ※2 角層内

塗り残しを防ぐ「日焼け止め3 点置き」

UVカットに不可欠な日焼け止めは、隙間なく塗る習慣をつけましょう。「塗り残さないためには一定量が必要。クリームタイプならパール粒大は使いましょう。まず顔のセンターラインに置いてから外側へ広げていくと、ムラなく塗ることができます」(水井さん)

HOW TO

1.パール粒大をとり、額、鼻、あごの3点にのせて。残りは指先に広げ、頬の内側~外側へ向かって塗る。

2.指の腹を使い、額にのせた日焼け止めを額全体からこめかみへ向かってまんべんなく塗り広げる。

3.鼻筋は上から下へ向かってのばしていき、鼻全体に塗り広げたら小鼻にもしっかりなじませる。

4.あごから耳の前まで塗り広げ、そのままフェイスラインにも。あごの裏も塗り残さないよう意識して。

USE IT

UV カットしながらナチュラル美肌仕立て
軽いつけごこちで肌を守りながらツヤ肌を叶える顔用日焼け止め。ベタつくことなくうるおいが続く。
商品名:サンスクリーン®オンフェイス モイスト

UV カットパウダーで鉄壁ガード&メリハリ顔に

日焼け止め効果を高めるためにUVカットパウダーを。「光を拡散してくれるパウダーはUVカット力が優秀。日焼け止めとダブル使いすることで二重の壁を作ることができます。こすると日焼け止めがヨレるので、トントンとなじませて。肌にツヤと立体感が生まれます」(水井さん)

POINT

サンスクリーン®パウダー右側のブルーはハイライト代わりに使うのがおすすめ。Tゾーンや頬骨など顔の高いところにのせて。ヨレを防ぐと同時に肌の透明感と立体感までアップ。

USE IT

光のヴェールで磨かれたツヤ肌に
気になるくすみをカバーしてつるんとした肌に仕上げるイエロー×透き通るようなツヤを仕込めるブルーの限定色。
商品名:サンスクリーン®パウダー

 

教えてくれたのは...
水井真理子さん

美容家・トータルビューティアドバイザー。豊富な美容知識と丁寧でわかりやすいカウンセリングに定評があり、肌を見るだけでその人のスキンケア方法やライフスタイルまでも見抜くたしかな目をもつ。美容誌やファッション誌、セミナーなど多方面で活躍中。

撮影/田村昌裕(freaks) スタイリング/壇上 曜 ヘア&メイク/吉川陽子 モデル/メイ・パクディ 取材・文/橋場鈴里

お買いものはこちら