新商品

新商品 9/21新着

リンクルホワイトエッセンス
オルビスユー セラム

特集

  • 乾燥シーズンでもうるおい肌に 差がつくスキンケア見直し術
  • いまさら聞けない!スキンケアの新ステップ、先行型美容液(ブースター)って何?
読み物

読み物-日々をここちよく-

大人のための仕込みメイク動画#6|ハイライトを仕込んで目尻のシワを飛ばす
毎日、笑おう -10月のテーマ-
きょうの夢ごこち|小林エリカさんエッセイ#1
コンシーラー使いこなし術(動画)#3|ポーチもすっきり、簡単メイク直し
  • ライフスタイル

1674 view

雨を楽しむお手軽アイデア[空間編]

家で過ごすことが多い梅雨の時季。快適な空間作りで、おうち時間がもっと豊かになります。部屋の中に湿気をもち込まないよう心がけ、湿度を上げないように気をつけて。また湿気を利用して植物を育てると、緑が気持ちも癒やしてくれます。

この記事をお気に入りに追加

教えてくれたのは...
毎田祥子さん
家事アドバイザー、ライター。ハウスクリーニングなどの資格を生かした家事を提案。著書に『ラクしてちゃんとした暮らしができる! 魔法の“朝だけ家事”』(PHP研究所)など。

ものを床に置かないことが、におわない空間作りの第一歩

家のニオイはものの多さと比例するといわれています。床にたくさんものを置いている場合は要注意。梅雨の時季は湿気が下のほうにたまりがちで、ニオイも強くなります。また掃除がしにくいため、ホコリや髪の毛などカビの好物もたまり、湿度の上昇で繁殖することも。ラグなどの敷物は、晴れ間に洗うか干しておきましょう。

珪藻土コースターで玄関周りを濡らさない

雨に濡れた傘をそのまま玄関に放置しておくと、玄関がジメジメと湿っぽくなり、傘もイヤなニオイに。100 円ショップでも売っている珪藻土のコースターを敷いてその上に傘を置くと、水分を吸収してくれ、玄関もすっきりします。珪藻土グッズは晴れた日に外に干して乾かして、また玄関で活躍してもらいましょう。

出かけるときは部屋のドアを開ける

空気の循環は家の状態を守るうえでも大切。雨の日の外出時は、クローゼットや部屋の扉などを10cm程度開けっぱなしに。湿気がこもりがちな場所に風の通り道を作り、カビやニオイを防ぎます。換気扇をつけたり、エアコンや扇風機を1時間だけつけるのもおすすめです。

寝具にいち早く夏素材を取り入れる

さらっとした質感のリネンは、湿度が高い梅雨から夏におすすめの素材です。シーツやベッドカバーをリネン素材に替えると、天然素材特有のひんやりした肌触りがここちよく、眠りも快適に。吸湿性が高く、乾きもよいので、汗をかくこれからの季節にはぴったりです。肌に直接触れるソファカバーにもおすすめです。

湿気を利用してキッチンハーブを育てる

湿度が高い季節に育ちやすいハーブ。土に植えなくても水耕栽培で育つ種類もあるので、空間の彩りにもなります。おすすめは生命力の強いミント。テーブルに飾ったりお料理やお茶に使ったり、生ゴミに交ぜれば消臭効果も。またお茶パックに入れて少し煮て煮汁ごとお風呂に入れれば、爽やかな香りがうれしいハーブバスに。

 

イラスト/小池髙弘

お買いものはこちら