新商品

新商品 7/1新着

クレンジングリキッド
ネイルカラー
サンピリオド

特集

  • もう悩まない!軽やか夏メイク講座
  • あなたの肌は大丈夫?夏のスキンケアチェック
読み物

読み物-日々をここちよく-

骨盤周りをほぐして巡りアップ|リビングで「ちょいトレ」
デスクワークで縮みがちな胸を開いて猫背解消|トイレで「ちょいトレ」
肌は上品に見せる! 夏の大人コーデ|大人の肌見せテクニック#2
夏に映える「白いファッション」4つのアイデア|白のある生活#2
  • ライフスタイル

988 view

肌は上品に見せる! 夏の大人コーデ|大人の肌見せテクニック#2

夏らしい肌見せスタイルは、色気が出すぎたり逆に子どもっぽくなったりと、バランスを取るのが難しいもの。大人の女性にふさわしいコーディネートには、ちょっとしたテクニックが必要です。夏に活躍する肌見せアイテムに合わせて、上品でヘルシーに着こなすコツを紹介します。

この記事をお気に入りに追加

ノースリーブを着るときは、首元や袖ぐりの開きが控えめなデザインを

涼しげなノースリーブのロングワンピースは、夏スタイルの定番。とはいえ、リゾート感が強すぎると、普段使いしづらいことも。そこでおすすめなのが、すっきりとしたAラインのシルエットを選ぶこと。首元や袖ぐりにあまり開きがないデザインなら、ほどよいバランスで肌見せができます。

色の選び方もポイント。華やかな柄やパステルカラーは甘さが際立ち、子どもっぽくなるので、シックな濃いめカラーを選びましょう。濃い色は全身をすらりと見せ、肌の明るさも引き立ててくれます。腕を出している分、重い印象になることもありません。

足元はペタンコサンダルで、軽やかに着こなして。

◎Point
デコルテや肩は出しすぎない

腕を出している分、デコルテや肩まで出すとトゥーマッチな印象に。ノースリーブワンピは、首元や袖ぐりは開きすぎないデザインを選んで、大人らしい肌見せバランスに
トレンドの背中見せトップスは、少し背中が見える程度の開きを選ぶと上品に

普段あまり露出しない分、大人の女性らしさや夏っぽさがグンと際立つのが背中見せ。バックオープンのトップスを選ぶときは、まず背中の開き具合をチェックしましょう。少し背中が見える程度のさりげない開きが、下着も気にならず上品に着こなせます。

ボディラインを強調するシルエットやフェミニンなデザインは避け、ボーダーなどカジュアルなテイストに振ったほうが、色気が出すぎず◎。

ボトムはデニム+バレエシューズで露出を控え、全体のバランスを取って。スカーフで差し色をプラスするのも、覚えておくと楽しいテクニックです。

◎Point
背中の開き具合をしっかりチェック!
大人の背中見せは、出しすぎずさりげなくがポイント。少し背中が見えるくらいの開きでも、効果は十分。上半身がすっきり見え、品のいい女性らしさが漂います。
アウトドアで過ごす日はリネン素材のショートパンツで大人っぽく

BBQなどのアウトドアシーンでは、動きやすいショートパンツが便利。スポーティーにしすぎると“フェス感”が出てしまうので、素材選びに注意しましょう。

おすすめは、トレンドのリネン素材。独特のナチュラルな風合いが美しく、普段ショートパンツを履かない人でも大人っぽく着こなせます。風通しがよく爽やかな肌触りも、夏にうれしいポイント。

紫外線対策には、カジュアルすぎるナイロンパーカではなく薄手のシャツを羽織って、きれいめなコーディネートでまとめましょう。

足元をサンダルにすると素足が見えすぎてバランスが悪いので、スニーカーで露出を抑えて。

◎Point
足見せのバランスはスニーカーで調節

ショートパンツにサンダルを合わせると、素足の割合が多すぎて、上半身とのバランスも取りづらくなります。スニーカーで適度に肌をカバーすることで、ヘルシーな印象に。

 

撮影/嶌原佑矢 スタイリング/高上未菜 ヘア&メイク/吉川陽子 モデル/高瀬真奈 取材・文/柏木亜衣

お買いものはこちら