読み物

読み物-日々をここちよく-

ものの置き場所を決めて、空間の使い方を整理する|スマートな暮らしのすすめ#3
落語家が考える笑いを届ける楽しさ、ここちよさ|笑ってキレイに#4
一目瞭然の収納で、いらないものを増やさない|スマートな暮らしのすすめ#2
ハリ肌も白肌もこれ1本で同時に叶う|シワ改善美容液がすごい!#2
  • ライフスタイル

1449 view

骨盤周りをほぐして巡りアップ|リビングで「ちょいトレ」

忙しい日々、からだのメンテナンス時間はなかなかとれないもの。すきま時間を上手に使って、気持ちよくからだを伸ばして整えましょう。おうちでは少し大きな動きに挑戦。そけい部やお尻を柔らかくほぐして、むくみや血流を改善しましょう。骨盤周りをほぐすことは、冷えや生理痛、腰痛の改善にも有効です。

この記事をお気に入りに追加

※「ちょいトレ」の効果的な行い方は、デスクで「ちょいトレ」を参照してください。

そけい部を伸ばして全身の巡りにアプローチ

大きなリンパ節が集まるそけい部を伸ばし、全身の巡りアップ&むくみを解消。股関節周りの筋肉がほぐれて、骨盤の安定にもつながります。普段あまり動かさない部位こそ、すきま時間を使ってしっかりストレッチを。

① 四つん這いの姿勢になってから、右足を両手の間につく。

② ①の姿勢から、両手を右太ももに置いて上体を起こす。背すじと骨盤をまっすぐ立てる。

③ お尻を下へ落とした状態で3呼吸。そけい部の伸びを感じて。

冷えと腰痛を改善するお尻のストレッチ

脂肪が多くて冷えやすいお尻のストレッチは、冷えや腰痛の改善に効果的です。骨盤や股関節にもアプローチし、ゆがみのリセットにもひと役。立ちっぱなし、座りっぱなしの仕事が続いたときにもオススメです。

① 四つん這いの姿勢になってから、右脚を前へ運び、右ひざを外側に折り曲げる。

② ①の状態から股関節を下げて床につき、左脚を後ろへ伸ばして 3 呼吸。お尻の右側が床から浮かないように。

③ 余裕がある場合は、下半身をキープしたまま、上体を前に倒す。気持ちいいところで3呼吸。逆も同様に。

◎POINT お尻が浮いてしまう場合は、床とのすきまにタオルやクッションを挟むと正しい姿勢で行うことができる。

 

教えてくれたのは...
ヨガインストラクター 鈴木まゆみさん
ヨガスタジオトラム主宰。ヨガアライアンス認定ティーチャートレニング講師。「アンダーザライトヨガスクール」で指導するほか、各地でヨガイベ ントやワークショップを開催。さまざまなヨガ関連本の翻訳を行う。著書に『どこでも1分半ヨガ』(主婦の友社)。

撮影/国井美奈子 ヘア&メイク/茂手山貴子 取材・文/橋場鈴里

お買いものはこちら