読み物

読み物-日々をここちよく-

落語家が考える笑いを届ける楽しさ、ここちよさ|笑ってキレイに#4
一目瞭然の収納で、いらないものを増やさない|スマートな暮らしのすすめ#2
ハリ肌も白肌もこれ1本で同時に叶う|シワ改善美容液がすごい!#2
大人が笑える映画3選|笑ってキレイに#3

884 view

明日のためのメンテナンス|キレイになる夏休み[DAY3]

夏休みの3日間を使って、リラックスしつつ手軽にできるデトックスプランを医師の山崎まいこ先生に伺いました。

この記事をお気に入りに追加

3日めは、日常に戻る前にやっておきたい心身のメンテナンスを重点的に。ポイントになるのは、夕方から夜にかけての過ごし方です。お肉メインの夕食やデトックスマッサージで明日からの英気を養って。

15:00 感動する本を読む

夕方が近づくと、夏休みが終わってしまう憂うつな気分がムクムクと顔を出してくるもの。「そんなときは、感動する本を読むのがオススメ。心を揺さぶられることで、ネガティブな気持ちがリセットされ、緊張やストレスを和らげる効果が期待できます」

18:00 お肉を食べてパワーチャージ

夕食は、小旅行でお買い物した鎌倉野菜をたっぷり摂れる豚しゃぶに。「次の日からパワフルに動きたいなら、メインはお肉が正解。かといって、軽めの食事から、いきなり揚げ物などでは重すぎます。その点、さっぱりした豚しゃぶはぴったりのメニューです」

具だくさんソースで食べる豚しゃぶサラダ

[材料・2人分]
トマト…1個(150g)
玉ネギ…1/4個
ししとう…3本
大葉…5枚

A--------------------
しょう油…大さじ1
酢…大さじ1
オリーブオイル…大さじ1
白ゴマ…小さじ1
ショウガ(みじん切り)…小さじ1
ニンニク(すりおろし)…少々
塩・こしょう…各少々
レタス…1/2個
オクラ…6本
---------------------

B--------------------
水…1 L
酒…大さじ1
塩…小さじ1/3
---------------------
豚ロースしゃぶしゃぶ肉…150g

[作り方]
① トマトは1.5㎝角に切る。玉ネギはスライサーで薄切りにし、水にさらしてからしっかり水気を切る。ししとうは小口切りにし、大葉は粗みじん切りにする。
② ボウルに①とAを入れてざっと混ぜ、冷蔵庫で冷やす。
③ レタスは大きめに手でちぎる。オクラは塩磨きをしてさっと洗う。
④ 鍋にBを沸かし、③のオクラ、レタスを加え、さっとゆでてザルにあげ、さらにキッチンペーパーで水気を切る。オクラは斜め半分に切る。
⑤ ④の鍋を再度沸かし、豚しゃぶ肉を加えすぐに火を止め、余熱で薄いピンク色になるまでゆでてキッチンペーパーにとり、水気を切る。
⑥ ④と⑤を器に盛りつけ、②をかける。

19:30 お風呂で深部まで温まる

夏場はシャワーで済ませることも多いですが、お休みのときは湯船にゆったり浸かりましょう。好きな香りの入浴剤入れればさらにリラックス。「40 ℃で入り始め、41~ 42℃まで温度を上げながら5 ~10分浸かりましょう。からだを洗った後、再び 5~10分入れば深部まで温まり、デトックス&リラックス効果も高まります」

20:30 鎖骨マッサージで全身デトックス

入浴後は、リンパの集まる鎖骨をマッサージして全身すっきり。「鎖骨には、全身から戻ってくるリンパの出口があるので、マッサージで流してあげると顔や脚のむくみが改善します。人差し指と中指を使い、鎖骨のくぼみをやさしく押しましょう。左右各10回が目安です」

 

教えてくれたのは...
山崎まいこ先生
医師。まいこ ホリスティック スキン クリニック院長。からだと心を整え、内側から美しさを引き出すことをコンセプトにしている。

撮影/田村昌裕(freaks) スタイリング/高上未菜 ヘア&メイク/吉川陽子 モデル/横田美憧 取材・文/伊藤彩子

お買いものはこちら