新商品

新商品 9/1新着

オルビスユー セラム
トークリップグロス

特集

  • 乾燥シーズンでもうるおい肌に 差がつくスキンケア見直し術
  • いまさら聞けない!スキンケアの新ステップ、先行型美容液(ブースター)って何?
読み物

読み物-日々をここちよく-

毎日の小さな習慣で美しく|キレイのためのプラスワン
みずみずしい輝きを足した大人かわいいヘルシーメイク|大人の輝き仕込みメイク#4
スキンケアの質を変える「オルビスユー セラム」の機能とは?|先行型美容液で巡りのスイッチをオン#2
シックな色みと立体感でちょいモードに|大人の輝き仕込みメイク#3
  • スキンケア

6207 view

30代から始めるべき!先行型美容液の役割と価値とは?|先行型美容液で巡りのスイッチをオン#1

最近なんだか、肌が思ったようにならない……。そんな大人の女性にこそ必要なのが「先行型美容液」。美容エディターの松本千登世さんに、その価値と役割について教えていただきます。

この記事をお気に入りに追加

うるおいが巡っている肌には年齢感を寄せつけない力がある

年齢を重ねるほどに、確信していることがあります。それは、ハリもツヤも、うるおいでできているということ。新鮮なハリとツヤを湛えているのは、うるおいが巡り巡って、うるおいで満ち満ちている肌であること。そんな肌こそが、何より年齢感を寄せつけない力をもつってこと……。

一方で、年齢を重ねるほどに、それがどんどん難しくなると実感しているのも確か。私の場合は、ちょうど30代半ばを迎えるころだったでしょうか? 昨日の忙しさが今日の忙しさにつながっているような、今日の疲れが明日の疲れにつながっていくような、そんな毎日が続くうち、ふと気づくと、肌が動かなくなっていた。

ときめきや安らぎを感じていたはずのスキンケアが義務や惰性になっていて、何をしても肌が言うことを聞いてくれない。動かない肌に日々押し寄せてくる年齢のサインが刻まれていくようで、ひどく落ち込んだのを思い出します。

 

ここで肌をもう一度動かせるかどうかが、これからの肌が上向きか下り坂かを決める「分かれ道」なのだと思います。気づいた今が、新しい肌の始めどき。おすすめしたいのは、洗顔後のまっさらな肌に与える、「先行型美容液」です。

洗顔後の肌は、皮脂やメイクの汚れや不要な角質などを取り去った、もっとも素直な状態。それはすなわち、もっとも可能性を秘めた状態だと思います。そこに、肌を始動させる=「巡り※のスイッチ」をオンにする一滴を。すると、化粧水やクリームがまた、ときめきや安らぎに変わる。昨日より今日、今日より明日と、もっと肌を好きになる……。肌と気持ちが動き始めるのを感じるはずなのです。

 

巡りのスイッチから始まる新鮮なうるおいは、ぱっと光を放つような、ぱんっと押し返すような健やかな肌を紡ぎます。健やかな肌が穏やかで晴れやかな表情につながる、それが年齢感を寄せつけない理由。新しい一滴の力に違いありません。

※角層内

 

文・松本千登世さん
まつもとちとせ:美容エディター。客室乗務員、広告代理店の化粧品メーカー担当、出版社勤務などを経て現職。多くの美容識者への取材経験をもとに確立された美容理論が幅広い世代の女性の共感を呼んでいる。

撮影/田村昌裕(freaks) スタイリング/荻野玲子

お買いものはこちら