新商品

新商品 5/21新着

ネイルカラー
ルージュネス
ツイングラデーションアイカラー

特集

  • やさしく&しっかり日差し対策 スキンケア発想の賢者UV
  • 指先から、夏じたく 澄み渡る色をネイルにのせて
読み物

読み物-日々をここちよく-

夏野菜はむくみ解消効果大! 巡り力を上げる簡単薬膳スープ|むくみ解消テクニック#1
夏のスキンケアに「引き算」はいりません|夏の肌こそ保湿です#3
きょうの夢ごこち|小林エリカさんエッセイ#9
「落とすケア」で浸透感を高めてくすまない肌に|夏の肌こそ保湿です#2

よくある検索

  • ライフスタイル

2110 view

ものの置き場所を決めて、空間の使い方を整理する|スマートな暮らしのすすめ#3

家がごちゃごちゃしていると、必要なものがわからなくなって、無駄遣いが多くなるだけでなく、心まで乱れてしまいがち。空間も気持ちもすっきり整う、暮らし方のアイデアを紹介します。

この記事をお気に入りに追加

教えてくれたのは...
エッセイスト 柳沢小実さん
『これからの暮らし計画』(大和書房)など、著書多数。整理収納アドバイザー1級を取得し、すっきりした暮らしを研究している。


家の中で、人が日常生活や家事のために移動するルートが「動線」。空間を上手に使うには、この動線も大切です。「普段どのように移動しているか、実際に歩いて確認するといいですね。使うところに必要なものを置けば、探し回らずに済み、散らかりにくくなります」

ものの置き場が決まると、限られた空間を有効活用できます。「自分も家族も無理なく続けられる、置き場所のルールを作りましょう。でも忙しいときはそのルールに捉われず、とりあえずカゴなどに入れておけば、散らかって見えません。完璧さを求めるより、気持ちよく暮らすことを第一に考えてみてください」

掃除道具をしまい込むと、ますます掃除がおっくうに。見た目のいいものを選んで使う場所のそばに置いておけば、手に取りやすく、ササッと掃除できます。

1.置き場所に迷ったら、生活動線とセットにする

ものの置き場所は、家での動作とセットにするのがポイントです。カギ用のトレイを玄関のそばに設置するなど、動線上に置いておけば、自然に動作に組み込まれて無駄な動きを防げます。また忘れ物や探し物が減り、空間も散らかりにくくなります。

2.家族が無理なく片づけられる場所を考える

自分のものを定位置に置いても、家族が好き勝手にものを置けば、空間は片づきません。たとえば、通勤バッグやPCは家で仕事をするときに使うダイニングテーブルの近くに置くなど、それぞれの動線に合わせた置き場所を作ってあげましょう。

3.くつろぎたいリビングは、ものを視界から逃がす

空間を広く使いたいリビングでは、視界に入るものをできるだけ少なくして。普段座っている場所から眺め、目に入って気になるものがあれば、置き場所を変えましょう。棚の上にまとめたり、家具で遮られて見えにくい場所に置き直すだけでも、すっきりします。

4.とりあえずの場所を作り、ものを散らかさない

ものをすべて片づけようとするとストレスに。洗濯物をすぐにたためないときは大きめのカゴに入れておくなど、とりあえずの置き場を作っておけば、ものが散らかる心配がありません。一時置き場を作ることで、忙しいときでも気持ちに余裕が生まれます。

 

撮影/服部希代野 取材・文/柏木亜衣

お買いものはこちら