新商品

新商品 1/1新着

オルビス オフクリーム
ニュートリションピース

特集

  • 乾燥が厳しいこの季節に必見!カサつき知らずの徹底保湿アイテム
  • あなたのキレイに必要なものは?ビューティー栄養素チェック
読み物

読み物-日々をここちよく-

デリケートな目元はやさしくここちよいケアを|目の力で印象アップ#1
目に見える、その先へ -2月のテーマ-
あなたに寄り添う“アクアフォース”
基本のチークで美人度アップ|美容のプロに聞いてみました!#14

よくある検索

  • UV・ヘア&ボディ

902 view

塗り忘れは大丈夫?焼きたくない方の日焼け止めの塗り方

紫外線が強くなる季節は、しっかり対策しておきたいもの。紫外線ケアの代表アイテムは日焼け止めですが、塗りむらがあっては効果を十分に発揮できません。効果を最大限に引き出す、正しい日焼け止めの塗り方をご紹介します。

この記事をお気に入りに追加

塗り忘れは大丈夫?焼きたくない方の日焼け止めの塗り方

紫外線が強くなる季節は、肌への対策をしっかりとしておきたいもの。その代表ともいえるアイテムは日焼け止めですが、何気なく塗っていてはうっかり塗り忘れてしまう部分ができ、効果を十分に発揮できません。

そんな失敗を防ぎ、効果を最大限に引き出す、正しい日焼け止めの塗り方についてご紹介します。

SPFとPAって何?日焼け止めの基礎知識

日焼け止めのパッケージに必ず明記されているのが「SPF」と「PA」の文字。日焼け止めの効果を表すものとはわかっていても、それぞれ何を表すのかよくわからない…という方もいるのではないでしょうか。

まずは、SPFとPAの表記の意味について確認しておきましょう。

SPFとは?
SPFは「Sun Protection Factor」の略で、しみやそばかすの原因となる紫外線B波(UVB)を防ぐ効果を表す数値のこと。1~50の数字で表され、51以上は「50+」と表記されます。

数字が大きいほど効果が高く、何も塗っていないときと比べ、どれだけの紫外線に耐えられるかを示しています。例えば、SPF50の日焼け止めなら、何も塗っていない状態で日焼けする最小の紫外線量を基準として、その50倍の紫外線量を浴びるまでは日焼けしないということです。日焼け止めの塗り方や肌のタイプによって効果には個人差がありますが、SPFの数字が高いからといって、長時間日焼けしないとはいい切れません。

PAとは?
PAは「Protection Grade of UVA」の略で、しわやたるみの原因となる紫外線A波(UVA)を防ぐ効果を表します。「PA+」「PA++」「PA+++」「PA++++」の4段階で表示され、+が多いほど効果が高くなります。

紫外線対策というと夏のイメージが強いかもしれませんが、実は紫外線自体は季節に関係なく一年中降り注いでいます。最も紫外線量が多くなるのは7~8月ですが、5~6月も、皮膚の奥深くに届いて活性酸素を作り出してしまうUVAが強い時期といわれているのです。

さらに、梅雨に入る6月は曇りや雨の日が多く、紫外線を浴びているという意識も薄れがちになるので注意が必要です。

これで完璧!失敗しない日焼け止めの塗り方

紫外線は、肌を老化させる最大の原因といわれています。しっかり対策をして、肌を紫外線から守りましょう。

ここでは、出かける前の慌ただしい時間でも、簡単にむらなく日焼け止めを塗ることができる方法を、フェイスとボディそれぞれについてご紹介します。

フェイス
日焼け止めを伸ばすときは、「化粧指」といわれる中指と薬指を使うと肌への刺激が少なくなります。また、髪の生え際や耳の後ろ、鼻下、あごの下、フェイスラインは塗り忘れてしまいがちな場所なので、意識して塗るようにしてください。

<日焼け止めの塗り方>

1. 日焼け止めを適量(小豆1〜2粒程度)取り、両頬、額、鼻、あごにつける。

2. 頬につけた日焼け止めを、中指と薬指を使って目の下から耳、小鼻の横から耳、口の横から耳に向かって伸ばす。

3. 額につけた日焼け止めを、中指と薬指を使って眉の上からこめかみ、額の中央からこめかみに向かって伸ばした後、髪の生え際にもなじませる。

4. 鼻につけた日焼け止めを、中指を使って眉間から小鼻に伸ばし、最後に指の腹で小鼻脇と鼻の下になじませる。

5. あごにつけた日焼け止めを、中指と薬指を使ってあごから耳下、口角から耳下に伸ばす。

6. 最後に、両手の手のひらで顔全体をハンドプレスしてなじませる。

     おすすめ商品     

サンスクリーンオンフェイスモイスト

下地機能を持った美肌に魅せる日焼け止め。ちょっとしたお出かけならこれ1本でOK。
サンスクリーンオンフェイスモイスト

ボディ
腕の内側やひざ・ひじの裏、足の甲は、うっかり日焼け止めを塗り忘れてしまい、日焼けをしてしまいがちな部分。日にあたるところにはしっかり日焼け止めを塗るようにしましょう。

また、スプレータイプの日焼け止めを使用する場合も、スプレーをしてから手を使ってジグザグ塗りをしたほうが、むらなく伸ばせます。

<日焼け止めの塗り方>

1. 容器から、直接肌の上にライン状に日焼け止めを出す。

2. 手のひら全体を使い、ラインに対してジグザグさせながら伸ばしていく。

     おすすめ商品     

サンスクリーンスーパー

SPF50+、PA++++の高機能ながら、肌に安全な日焼け止め。
サンスクリーンスーパー

2〜3時間に1回は塗り直しを

しっかり日焼け止めを塗って出掛けたつもりが、気付いたら日焼けをしていたという経験がある方も少なくないでしょう。日焼け止めを塗ったはずの部位が焼けてしまうのは、一度塗った日焼け止めが、汗や皮脂、衣服との擦れによって落ちてしまうから。

そのため、2~3時間に1回は、日焼け止めを塗り直すのがベストです。また、たとえ室内であっても、窓ガラスは紫外線を通すので、窓際に長時間いる場合は注意してください。

とはいえ、外出先ではボディの塗り直しは手軽にできても、メイクをしている顔への塗り直しは難しいもの。そんなときにおすすめなのが、UVカット効果のあるパウダーです。オルビスの「サンスクリーン(R)パウダー」は、日焼け止めの効果とともに、くすみを払って透明感を与えるメークアップ効果もあっておすすめです。

サンスクリーン(R)パウダーは、メイク直しの要領で手軽に使えますが、ポイントは必ず油取り紙で皮脂を取ってから使うこと。皮脂は紫外線を通すだけでなく、酸化の原因となって肌の老化につながります。皮脂はティッシュオフではきちんと取りきれないので、油取り紙を使いましょう。

     おすすめ商品     

サンスクリーンパウダー

汗や皮脂で崩れにくいUVカットしながら立体感のあるメリハリ顔を叶えるパウダー。
サンスクリーンパウダー

夏でも焼けない肌を目指そう!

肌へのダメージはあっても、いいことはひとつもない紫外線。そのダメージを少しでも予防するには、日焼け止めを正しく使うことが大切です。

塗りむらや塗り忘れに注意し、2~3時間おきに塗り直すことで、夏でも紫外線からしっかり肌を守りましょう!

 

 

お買いものはこちら