読み物

読み物-日々をここちよく-

兼高かおる|時代を生きた女たち#112
旅好きさんのおすすめ本|あなたもおうちで世界旅行
浴衣に映える簡単ヘアアレンジ|日本文化を見直そう#2
大人のための浴衣カタログ|日本文化を見直そう#1
  • ライフスタイル

1667 view

タイプ別簡単ダイエットでからだすっきり!正月太りリセット法[飲みすぎタイプ]

のんびり過ごしたお正月休みが終わると、毎年体重が気になるという人も多いのでは?

そこで、3 つのタイプ別にリセット法をご紹介。自分の傾向を知って、体形を元通りにしましょう。

この記事をお気に入りに追加

正月太りの原因を見きわめ、リセット法を習慣に

たっぷり食べて飲んで、お部屋でゴロゴロ……。お正月の醍醐味ですが、太りやすいのも事実です。

「体温を保つために代謝量が自然に増える冬はダイエットしやすい季節ですが、それは運動すればこそ。食べすぎ・飲みすぎ・運動不足では、余ったエネルギーが脂肪として蓄えられる一方です」と教えてくれたのは、ダイエットエキスパートの和田清香さん。

「そんな生活が年末から一週間前後続くのが、正月太りの原因。長期間蓄積されるとリセットにも時間がかかってしまいます」

とはいえ、お正月の楽しみは捨てがたい! 上手な解消法は?

「まずは自分の正月太りのタイプを知り、それに合ったリセット法を実践しましょう。できそうなことから始めるのも、リセットへの近道です」


飲みすぎタイプは、からだの内外からむくみにアプローチ!

お酒を飲みすぎるとてきめんに表れるのがむくみ。血中のアルコール濃度が高くなると血管が拡張して水分が漏れ出すことや、塩分の多いおつまみを食べるとからだの塩分濃度を薄めようと水分をため込むことなどが原因です。

からだの内と外の両方からのアプローチで、からだ全体のむくみはもちろん、気になる顔のむくみともサヨナラしましょう。

[飲みすぎタイプはこんな人]
●お酒を飲むのが好き
●お正月は普段より酒量が増える
●塩辛いおつまみが欠かせない
●フェイスラインがボンヤリしている
●脚がむくんでブーツがきつい

EXERCISE
下半身のむくみを効率的に取る、お風呂マッサージ

むくみやすい下半身をすっきりさせるには、マッサージがおすすめ。入浴中に行うと水圧により循環が促され、汗も出るのでより効果的です。

1.手足の指を組み、手の力で足首を回す。前に5回、後ろに5回、片足ずつ行って。

2.にぎりこぶしを作り、指の関節で足の甲を引き上げるようにマッサージ。5回行う。

3.指の関節でくるぶしの周りをぐるぐると5回ほぐすようにマッサージし、ふくらはぎの両側を5回引き上げる。反対の脚も同様に。

4.ひざの裏側を指で5回プッシュしたら、ひざの周りをほぐすようにマッサージ。反対の脚も同様に。

5.ももの外側を両手でつかみ、しぼるようにマッサージ。内側も同様に。片脚両側面を5回ずつ。

6.片方のお尻を浮かせ、手のひらでお尻の下から上に向かって引き上げる。左右5回ずつ。

EXERCISE
フェイスラインがすっきりするストレッチ&マッサージ

お風呂上がりなどに、デコルテ周りのストレッチとマッサージを。滞ったリンパの流れをうながし、顔のむくみ解消に役立ちます。

1.左手を右側頭部に当て、右腕は下げる。頭を左に傾けて右の首筋を伸ばし、5回深呼吸。次に頭を左斜め前に傾けて同様に行う。反対側も同様に。

2.耳の下から鎖骨までの間に浮かぶ筋(胸鎖乳突筋)を、指で挟むようにしてやさしくなで下ろす。左右5回ずつ。

3.鎖骨を指で挟むようにして、内から外へやさしくなで、滞ったリンパを流す。左右5回ずつ。

RECIPE
不要な塩分をデトックス! カリウムたっぷりサラダ

余分な塩分の排出を助けるカリウムを含む食材で、むくみ対策を。タイプお正月に不足しがちな野菜と合わせれば、栄養バランスも整います。

●アボカドといちごのカプレーゼ風サラダ

アボカドはカリウムやビタミンE、食物繊維などが豊富。ビタミンC豊富な旬のいちごを合わせて抗酸化作用もアップ。

[材料](2人分)
アボカド…1/2個
いちご…6粒
ベビーリーフ…40g
カッテージチーズ…30g
ミントの葉…適量
塩・粗びき黒こしょう…各少々
オリーブオイル…適量

[作り方]
1. アボカドは縦半分に切ってから種を取り、格子状に切り込みを入れてスプーンでくり抜く(または2㎝角に切る)。いちごはヘタを取り半分に切る。
2. 器にベビーリーフ、1 、カッテージチーズを盛りつけ、ミントの葉を散らす。
3. 塩・粗びき黒こしょうをふり、オリーブオイルを回しかける。

◎POINT
皮と実の間にスプーンを入れてくり抜くと、きれいな形に。

●ゴマ風味の蒸し野菜サラダ

簡単・時短のレンジ調理で、さつまいもの豊富なカリウムを逃がしません。ゴマの風味で塩分が少なくてもおいしく食べられます。

[材料](2人分)
さつまいも…80g
キャベツ…80g
カリフラワー…60g
ブロッコリー…60g

A----------------
塩こうじ…小さじ2
酢…小さじ1
オリーブオイル…大さじ1
すりゴマ(白)…小さじ2
------------------

[作り方]
1. さつまいもは厚さ1㎝の半月切りにし、水に5分ほどさらす。キャベツはざく切りにする。カリフラワーとブロッコリーは小房に分ける。キッチンペーパー2枚を重ねて湿らせ、さつまいもを包む。
2. 耐熱ボウルの一番下に1のさつまいもを入れ、その上にカリフラワー、ブロッコリー、キャベツを順にのせる。ふんわりラップをして電子レンジ600Wで3分30秒加熱する。
3. 2 を器に盛りつけ、混ぜ合わせたAのドレッシングをかける。

◎POINT
さつまいも、カリフラワー、ブロッコリー、キャベツの順にのせることで、全体にほどよく加熱できる。

 

 

教えてくれたのは...
ダイエットエキスパート
和田清香さん
これまで約350種類のダイエットを体験。健康美に効果のある食事・運動・生活習慣に精通。DMMオンラインサロン「40overのポジティブエイジングサロン」をオープン。

料理監修
緑川鮎香さん
フードコーディネーター、管理栄養士、アボカド料理研究家。アボカド料理をはじめ、美容・健康などをテーマとしたヘルシー料理が得意。著書『アボカドがあればごちそうレシピ』(SBクリエイティブ)。

撮影/服部希代野 ヘア&メイク/茂手山貴子 取材・文/柏木亜衣

お買いものはこちら