読み物

読み物-日々をここちよく-

【プレゼントキャンペーン実施中!】オルビス×SOELUスタイルアップナイトレッスン#5
みんなのペット大集合!|我が家の癒やしをおすそわけ
それでも髪を美しく! 自然発火する櫛(くし)|美容史#7
運動後は極上テクスチャーのコスメでリフレッシュ|夏疲れ解消エクササイズ#4

よくある検索

  • ライフスタイル

400 view

ルネサンス美女 モナ・リザはなぜ眉毛がない?|美容史#1

教科書には載っていない、知られざる美容の歴史を紹介します。

この記事をお気に入りに追加

ルネサンス美女 モナ・リザはなぜ眉毛がない?

レオナルド・ダ・ヴィンチの最高傑作『モナ・リザ』。ルーヴル美術館の至宝と謳われ、西洋美術の中でも代表的な美人画だといわれてきましたが、眉毛がない彼女は本当に「美しい」のでしょうか。正直なところ、読者にはそんな疑問もあるでしょう。

しかし、モナ・リザにも実は完璧と称されるほどの美眉が描かれていたと聞けば、驚くかもしれません。

ルネサンス時代に流行したのは、細い眉でした。女性たちは剃るか抜くかして自眉を整え、足りない部分は炭などで描き足したのです。努力の結晶のような細眉を、「あるところは密に、あるところはまばらに、完璧な自然さで」、ダ・ヴィンチはモナ・リザに描き込んだのでした(ダ・ヴィンチと同時代の美術研究者・ヴァザーリの証言)。

なぜ、モナ・リザの眉毛は消えてしまったのでしょうか?

万能の天才」ダ・ヴィンチの本質は画家というより、発明家でした。彼が愛した技法の一つが、極薄の絵の具を塗り重ねる「スフマート」です。色彩感に優れる一方で、経年劣化には弱い技法でした。繊細なメイクほどくずれやすいように、モナ・リザの眉を描いた絵の具も、長い年月のうちに剥がれ落ちてしまったのです。

こうしてモナ・リザの眉毛はなくなりましたが、彼女の微笑みは神秘的になりました。フランスでは「女の顔は時間が作りあげる」ともいいますが、モナ・リザ独特の「美」も時の中で偶然、作られたものだったのですね。

 

 

Profile
堀江宏樹
作家、歴史エッセイスト。古今東西の恋愛・生活文化に造詣が深く、さまざまなメディアで執筆中。『愛と欲望の世界史』『ときめく源氏物語』(共に王様文庫・三笠書房)など著書も多数。

お買いものはこちら