読み物

読み物-日々をここちよく-

【遠心or求心?】顔タイプ別で見るアイラインの引き方3パターン!
夏におすすめ!キレイにうれしいサプリメント|美容のプロに聞いてみました!
バーベキューやキャンプに!自然に溶け込むアウトドア映えメイク術
【アイテム比較】オルビスのクレンジング全4種を徹底比較!あなたに合うのはどれ?
  • スキンケア

1311 view

春の揺らぎ肌を乗り切る方法|美容のプロに聞いてみました!

春は肌が揺らぎやすく、荒れがちな時季。トラブルレスな肌で、春を快適に過ごすための秘訣を、美容のプロに教えてもらいました。

この記事をお気に入りに追加

春は肌が揺らぎやすい

春先から気温はどんどん上がっていき、紫外線量も増えていきます。肌はその急激な変化についていけず、バリア機能が低下。敏感になって、さまざまなトラブルが現れやすくなります。
また、湿度も上昇するため、肌がベタつきやすい状態に。花粉やPM2.5などの飛散物が肌に付着しやすくなり、それが刺激になることも。冬に乾燥にさらされてきた肌にとって、春の刺激は大敵です。

バリア機能が低下すると、角層に隙間が生じてうるおいが逃げやすく、ターンオーバーも乱れがちになります。肌が土台から乾いて不安定になっているので、いつも通りのスキンケアをしていても肌トラブルが続出。きちんとケアをすることが必要です。

 

花粉対策はクレンジングとインナーケアで

花粉は、気温が上がってベタつきがちな肌にくっつきやすく、バリア機能が低下している春の肌には刺激となります。さらに、肌が弱っている場合、花粉によってかゆみが発生することもあります。肌を摩擦することでバリア機能はますます低下し、ターンオーバーも乱れることに。角層細胞が未熟なままになることで、細胞の隙間が大きくなって水分が蒸発。うるおいを保てず肌がガサガサに……という負のスパイラルが引き起こされます。

花粉でムズムズする肌を立て直すには、クレンジングとインナーケアの2点がポイント。肌に付着した花粉をやさしく落とす外からのケアと、飲んでうるおう力を高める内からのケアを、両方行いましょう。

クレンジングは、摩擦を防ぐためにも、ほどよい厚みのあるテクスチャーがおすすめ。肌をこすらないように、やさしくゆっくりとなじませましょう。順番は目元、頬、Tゾーン、小鼻、口元の順に。洗い流すときも肌に摩擦を与えないように意識して、ぬるめのお湯でやさしくすすぎましょう。

オフクリーム(左)は肌をじんわり柔らかくほぐしながらメイクオフできる、極上テクスチャーのクレンジングクリーム。うるおい環境を整えます。クレンジングジェル(右)は、3種の保湿成分を配合したぷるぷるの濃密ジェルが、メイクになじんで液状に変化。うるおいを守って肌はしっとり。

からだの内側からうるおいを補給できるインナーケアは、バリア機能が低下して弱った肌の強い味方。サッと飲むだけでケアできるので、忙しい人にも最適。効果を高めるためには、毎日同じ時間に摂取するのがベストです。

オルビス ディフェンセラ(特定保健用食品)

米胚芽由来のグルコシルセラミドを配合し、飲むだけで肌の水分を逃がしにくく。乾燥が気になる人に適していると国に認められた日本唯一*1の「肌にもトクホ」。ゆず、ピーチ、マスカットと3種のフレーバーで、水なしでも手軽に飲むことができます。

*1販売商品として


揺らぎ肌は紫外線ダメージを受けやすい

肌がジリジリと焼ける実感がなくても、春はかなりの紫外線が降り注いでいます。

気温が上がり始める3月から紫外線量も急上昇。この時季の肌は、バリア機能が低下しているので紫外線ダメージを受けやすく、うっかり焼けにも注意が必要です。そのため、3月から日焼け止めはマストなのです

1本で紫外線カットと美肌下地を両立。さまざまな外的刺激からも肌を守り、白浮きせずツヤ肌に仕立てる絶妙な色設計。保湿感重視ならモイストタイプ(左)、サラッと軽い仕上がりがお好みならライトタイプ(右)を。


揺らぎ肌はインナードライ状態

春の揺らぎ肌によく見られるのが、頬はカサカサでTゾーンはテカテカな、インナードライ状態。皮脂の分泌によって一見うるおっているように感じますが、肌内部はカラカラな状態。水分が足りていないのが原因です。

先述の通り、春は気温や湿度などの環境の変化や外的要因により、肌のバリア機能が低下します。そうすると、角層内の水分がどんどん失われていく一方に。水分が足りないので、それを補おうとして肌は皮脂を過剰に分泌してしまうのです。

皮脂は多すぎると肌への負担となり、時間が経つと酸化します。その酸化した皮脂が刺激となり、肌の機能はますます低下。肌内部の乾燥も表面のテカリも加速するという悪循環に陥ります。

インナードライ状態を改善するには、水分を補うことが最優先。化粧水でたっぷりのうるおいを与えて、モイスチャーでしっかりと守る、基本のケアを丁寧に行いましょう。肌の調子のよさを左右するのは角層の水分量。たしかなうるおいで、肌の内側がカラカラな状態から脱出しましょう。

ローション(左)は抜群の浸透力で、乾燥している部分を優先的に保湿。肌内部をたっぷりのうるおいで満たし、刺激に負けないひたひたな角層状態に整えます。モイスチャー(右)はうるおいを引き寄せてつなぎ、もっちりすべすべな状態を保ちます。

※肌タイプにあわせてしっとり(M)とさっぱり(L)がお選びいただけます。

肌のかたさやごわつき、化粧水のなじみが悪いと感じたら角質ケアも並行して行うのも◎!春の揺らぎや乾燥が気になる方は、マイルドな使用感の乳液タイプがおすすめです。リッチミルキーリファイナーは濃密なミルクテクスチャーで、古い角質をやさしくオフ。大人の肌を明るくやわらかな印象へと導いてくれますよ。週に2~3回、洗顔のすぐあと、化粧水の前に1品プラスして。


揺らぎ肌はニキビができやすい

春になり気温や湿度が上がると、自然と肌はベタつきがちに。さらに、花粉など空気中の浮遊物が肌につきやすくなります。そういった、皮脂や外的要因によって毛穴詰まりを起こし、ニキビができてしまうのです。

また、バリア機能の低下にともなう乾燥も、ニキビの要因に。うるおいが不足すると皮脂がどんどん出てきてしまい、その皮脂がニキビのもととなるアクネ菌のエサになります。

ニキビをケアするには、有効成分が配合されているアイテムを投入するのがおすすめ。たっぷりの泡で揺らいだ肌をやさしく洗い、すぐにうるおいをチャージしましょう。

クリアフルシリーズ(医薬部外品)

繰り返す周期ニキビの根本にアプローチするスキンケアシリーズ。「ニキビに悩む全ての人の肌と心を満たしていくこと」を目指し、5 種の和漢植物由来成分*3、特殊技術「ナノ VC ショットカプセル*4」を配合。くり返しニキビや毛穴の目立ちをケアし、ここちのいい毎日と肌に導きます。

ウォッシュは(左)肌をいたわりながら洗い上げ、毛穴詰まりをすっきりオフ、ローション(中央)は毛穴の奥にまで有効成分が浸透*5。健やかな肌に整えます。モイスチャー(右)は、ゴワついた肌をしっとりした柔肌へ。バリア機能の低下とニキビを防ぎます。

*3 グリチルリチン酸ジカリウム(甘草由来)=ニキビ・肌荒れ防止有効成分 、紫根エキス(シコニン)=肌コンディションを整える整肌成分 、ハトムギエキス(ヨクイニンエキス)=植物性保湿成分、ヨモギエキス=植物性保湿成分 、アロエエキス(アロエエキス(2))=植物性保湿成分
*4 テトラ2-ヘキシルデカン酸アスコルビル、天然ビタミンE、イノシット、フィチン酸、ユズセラミド、スフィンゴ糖脂質=肌をなめらかに整える整肌成分

*5 角層まで


春特有のメンタルの落ち込みは、肌にも影響する?

春は生活環境の変化や新たな出会いなど、メンタル面にも何かと負担がかかります。過度なストレスを感じると全身の血流の巡りが悪くなって、免疫力が低下。ターンオーバーの乱れ、乾燥やテカリ、くすみやニキビなど、さまざまな症状が肌に出てきてしまいます。
また、ストレスによって活性酸素が発生するので、体内がさびやすくなります。上手にストレスを発散することも、美肌には不可欠です。肌が土台からうるおっていないと、ストレスによる影響も現れやすくなります。与えて守る基本のケアをきちんと続けて、ストレスで揺らがない肌を目指しましょう。

島田久美子
オルビス エグゼクティブビューティディレクター。複数の化粧品会社において、アドバイザーとして活躍。美容マニアで「キレイになることを諦めない」がモットー。豊富な接客経験と美容に関する膨大な知識を元に、現在は店舗接客のコンサルティングや育成、各ブランドの美容コンセプトの構築支援を手がける。

 

 

撮影/永澤結子 取材・文/橋場鈴里

※こちらの記事は20年2月に配信したものを再編集しております。

お買いものはこちら