読み物

読み物-日々をここちよく-

失敗しないセルフネイルデザイン|BAのテクニックが知りたい!
いくつ知ってる?スポーツトリビア[世界史編&日本史編]
いくつ知ってる?スポーツトリビア[女性編&用具・ルール編]
【プレゼントキャンペーン実施中!】オルビス×SOELUスタイルアップナイトレッスン#5

よくある検索

  • ボディウェア

3564 view

今の自分をキレイに見せる下着の基本|大人の下着レッスン#1

年齢を重ねて体形の変化を感じたら、下着選びも見直しましょう。美しさとここちよさを叶えるには、選び方や着け方、オンとオフの使い分けなど、大人ならではのポイントが。おすすめのアイテムと共に紹介します。

この記事をお気に入りに追加

昔買った下着が合わないと感じたことはありませんか?

「私たちのからだは加齢に伴いどんどん変化します。変化に合わせて下着選びも見直しが必要です」とは、下着研究家の青山まりさん。「25歳をピークに女性ホルモンが減少し、からだの各部位に脂肪がついてきます。“からだの曲がり角”といわれる35歳くらいから、さらに脂肪が増えます。面積が大きい下着を選ぶことで、柔らかいお肉をしっかりホールドし、段差も防ぎます」

バストがやせたり、下がったりしてくるのも気になります。

「ブラでバストの揺れを防ぐことは、下垂防止に効果的です。ブラを毎日正しく着けることで、サイズアップも目指せますよ」と青山さん。「下着でからだをきれいに見せながら、加齢対策も可能です。大人こそ、下着をきちんと選びましょう」

上下の揺れを防いで、バストを下垂させない!

バストトップの位置が下がってきたり、上胸がそげてきたり……。年齢を重ねるにつれて気になってくるのが、バストの下垂。

ブラジャーは、バストの下垂を防止するという重要な役割を担っています。バストのふくらみは、乳腺や脂肪をつり上げるように支える「クーパー靭帯」により保たれています。この靭帯が加齢や胸の重みで伸びたり切れたりすると、バストはどんどん下垂してしまいます。

正しいサイズのブラをつける、運動中はスポーツブラをつけるなどTPOに合わせたブラを選び、上下に揺らさないことで、美しいバストをキープできます。

合わなく感じたら、ブラサイズの見直しを

からだの変化に合わせて、ブラサイズも定期的に見直しを。合わないブラはバストの形がくずれる原因になり、見た目も美しくありません。いつものブラを着けて、立ったり座ったり歩いたりしてみましょう。下のチェックリストに 1つでも当てはまったら、ブラサイズが合っていないかもしれません。

CHECK LIST
⬜︎カップの中心が浮いている
⬜︎アンダーバストの部分がずれる
⬜︎カップの上辺が乳房に食い込んでいる
⬜︎ワキの肉がはみ出している
⬜︎うしろのホックが肩甲骨の下にこない

ワキやお腹に流れたお肉をしっかりカップにおさめる

以前よりからだのお肉が柔らかくなってきたなと感じたら、ブラの着け方を再確認。まずはカップにバストを合わせること。そして、加齢と共に柔らかく、流れやすくなったバストのお肉をカップにしっかりおさめることが大切です。苦しく感じたら、ホックの位置で調節を。毎日続けて美バストを育てましょう。

STEP1
上体を前傾させてカップにバストをのせ、肩甲骨の下でホックを留める。

STEP2
脇と背中、胃のあたりのお肉を手のひら全体で寄せてカップの中におさめる。

STEP3
上体を起こしてストラップを調節する。人さし指1本が入る余裕のある長さに。

バストの左右流れが気になる人は、ナイトブラを

ナイトブラはマストではなく、着けないと落ち着かなくて眠れない人や、寝返りを打つときにバストが左右に流れるのが気になる人は着けるといいでしょう。デザインによっては、バストを締めつけて血行を悪くしてしまうので注意。伸縮性のある肌にやさしい素材、ノンワイヤーでリラックスできるデザインを選んで。

入浴中の横8の字マッサージで、美胸をキープ

長時間ワイヤー入りのブラを着けていると、血液やリンパの流れが悪くなってしまいます。入浴中の簡単マッサージで血行を促し、栄養を巡らせましょう。右手のひらを左ワキの下に当て、8の字を横に描くようにバストをやさしくなでます。左手でも同様に。女性ホルモンが活性化し、バストアップにもつながります。

大人のショーツは、面積と素材で選ぶ

いつもと同じサイズのショーツなのにきつく感じたり、ずれたりするようになったら、ショーツも見直しを。35歳くらいからお尻の下に脂肪がつきやすくなり、ウエストのメリハリがなくなってきます。デザインはお尻とお腹を包み込む面積が広いものを。皮膚が敏感になるので、肌あたりのよい素材がおすすめ。

ブラジャーはオンとオフで着替える

外出時はワイヤー入りのブラでバストラインを美しくキープ、家に帰ったらノンワイヤーのブラに着替えてリラックスを。バストの下垂を加速させるノーブラは避けて。

●オンタイムはワイヤー入りで見栄えを意識

からだに合ったブラを正しく着けると、洋服を着たときの見栄えがグッと変わります。年齢を重ねた女性ならなおさら、下着には気をつけたいもの。ブラはワイヤー入りで、補整機能のあるものがおすすめ。ストラップや脇幅の広いデザインなら、お肉の段差も気になりません。

●オフタイムは下垂も防げるノンワイヤーを

ワイヤー入りのブラはホールド力が強いので、家に帰ったらリラックスできるブラに着替えましょう。おすすめは、立った状態できちんとバストを支えてくれる機能性のあるノンワイヤータイプ。下垂が気になるなら、バストをしっかり包み込む肩幅と脇幅が広いデザインを。

[ONとOFF におすすめのブラジャー]

ON:自然な丸みを作り背中もワキもすっきり

上部がそげてきたバストに合う「プレイズメイクアドバンスシリーズ シャーリンスムースブラ」。ふっくらとした丸みが復活。

特殊カップが胸の形に合わせて変化し、美ラインへ。

幅広のストレッチ素材が背中とワキの段差を防止。

OFF:縫い目ゼロのここちよいフィット感

ウルトラコンフォゼロ ハーフトップ」は、リラックスタイムにも合う解放感のある着けごこち。バストを包み込んでホールドします。

アンダーは波型カットで締めつけ感がなく快適。

伸縮性の高い綿混素材が、からだに合わせてフィット。

 

 

教えてくれたのは...
青山まりさん
下着研究家、ブラジャー研究家、作家。新聞・雑誌・テレビ・講演などで幅広く活躍。著書に『ブラの本。』(サンマーク出版)など多数。バストアップセミナーも好評開催中。

撮影/服部希代野 イラスト/Qoonana  取材・文/柏木亜衣

お買いものはこちら