読み物

読み物-日々をここちよく-

【SKINCARE LOUNGE BY ORBIS体験レポート】発見!“今”の私に合うお手入れ方法|Editor’s view Vol.2
オルビス初のコンセプトショップがOPEN!五感が喜ぶスキンケア空間“SKINCARE LOUNGE BY ORBIS” |Editor’s view Vol.1
朝食で1日の消費カロリーを2倍に増やす|大人の体形キープに!代謝UP新習慣#8
【美人のヒミツは朝の習慣?】全部見せます!美容のプロのモーニングルーティン<初秋編>|美容のプロに聞いてみました!
  • ライフスタイル

482 view

『わたしのいるところ』|ひとり時間は読書時間#3

心がほっとあたたかくなったり、生きるヒントを得たり……。幸せな気づきを与えてくれる一冊を、コラムニスト・山崎まどかさんが紹介します。

この記事をお気に入りに追加

休日の一冊

『わたしのいるところ』(新潮社)
ジュンパ・ラヒリ・著 中嶋浩郎・訳
「歩くこと」が思考と文化に深く結びつき、創造力の源泉であることを解き明かす歴史的傑作。

『その名にちなんで』など、アメリカのインド系移民を主人公にした物語で知られるジュンパ・ラヒリ。イタリアで暮らした経験をもとにした彼女の新しい挑戦は、イタリア語による作品の執筆でした。

エッセイ集『べつの言葉で』に続く第二弾は、ローマらしき街に暮らす四十代の女性を主人公にした長編小説です。名前を明かされていないヒロインは大学で詩を教える独身女性。「トラットリアで」「美術館で」「ホテルで」といった彼女がいる場所のタイトルがついたショート・ストーリーからなる連作になっています。

街を歩き、人生の日々を積み重ねる中で、彼女は自分の女友達と結婚したかつての恋人に会い、疎遠になってしまった昔の親友に会い、密かにシンパシーを抱く亡命詩人に会います。人は穏やかな生活を送っているように見えても、その胸の奥底はその人にしかわからない痛みや不安、小さな喜びにあふれている。ラヒリの言葉から浮かび上がってくる「わたし」は自分のことかもしれない。そう思えてくる作品です。

 

Profile
山崎まどか
コラムニスト、翻訳家。『ビバ! 私はメキシコの転校生』(偕成社)でデビュー。著書に『優雅な読書が最高の復讐である』(DU BOOKS)など。

お買いものはこちら