読み物

読み物-日々をここちよく-

朝食で1日の消費カロリーを2倍に増やす|大人の体形キープに!代謝UP新習慣#8
【美人のヒミツは朝の習慣?】全部見せます!美容のプロのモーニングルーティン<初秋編>|美容のプロに聞いてみました!
防災グッズを見直す日を作る|忙しい人のほどほど家事#8
9月24日発売! 最高峰※1エイジングケア、オルビス ユードット※2の開発ストーリー|世界から、日本から。今月のオルビスニュース#5
  • メイクアップ

4249 view

大人のキレイ相談室 -眉の悩み-

オルビスWebサイト内「キクラボ」で募集した、美容の悩みにお答えします。

この記事をお気に入りに追加

今回のお悩み-眉の形が安定しません!-

毎日メイクするたびに、少しずつ変わってしまいます。(ペンネームまた子さん)

 

基本の眉の形を把握して描く順番を守りましょう

眉の形を安定させるには、基本の形を知り、描く順番を守ることが不可欠。また子さんもポイントを押さえて、美眉を目指しましょう。

まず、基本となる“理想の形”を把握します。要所は、眉頭、眉山、眉尻の3カ所。眉頭は小鼻と目頭を結んだ延長上、眉山は黒目の外側の真上(眉尻を起点とし、眉全体の1/3程度の位置)、眉尻は小鼻と目尻を結んだラインの延長上となります。

描き始めは、眉山から眉尻に向かって。毛流れに沿ってすき間を埋めるように描き、眉尻は伸ばしすぎないよう注意。次は、眉山から眉頭へ向かって、毛流れに沿ってペンシル(パウダーアイブローの場合はブラシ)を移動させながら描きます。最後に眉頭です。パウダーアイブローを使う場合は、ブラシにパウダーを足さずに描く程度の薄づきでOK。毛流れに沿って、上へ向かって描きましょう。

さらに、描く順番にはもう一つポイントが。片眉を一気に描いてしまうのではなく、片方の眉山から眉尻を描いたら、もう片方の眉山から眉尻を描き、それぞれ少しずつ仕上げていきます。こうすると、左右の眉の形がそろいやすくなります。

また、眉を描くのが苦手な方は、ペンシルアイブローよりもパウダータイプがおすすめ。色の調整がしやすく、柔らかな色づきなので失敗しにくくなります。眉尻は濃く、眉頭は薄くなるようにグラデを意識しましょう。さらにあると便利なのがスクリューブラシ。描く前に、眉毛についた余分なファンデを落とし、毛流れを整えると完成度が高まります。
Pick up items

粉とびせず、溶け込むように眉に密着。汗や皮脂にも強く、美眉キープ。濃淡3色セットなので、自分にぴったりの眉色や理想のグラデが叶う。
ブレンドアイブローコンパクト

コシのあるほどよいかたさのブラシで、サッと毛流れが整う。
スクリューブラシ

Profile
島田久美子
トータルビューティークリエイター。豊富な接客経験と美容知識をもとに、店舗接客コンサルティングやブランド構築支援を手がける。

 

お悩み募集中!
「大人のキレイ相談室」では、美容のお悩みをオルビスWebサイト内「キクラボ」で募集しています。ふるってご相談ください!

イラスト/山中玲奈 取材・文/橋場鈴里

お買いものはこちら