読み物

読み物-日々をここちよく-

旅好きさんのおすすめ本|あなたもおうちで世界旅行
浴衣に映える簡単ヘアアレンジ|日本文化を見直そう#2
大人のための浴衣カタログ|日本文化を見直そう#1
【BAがお悩み解決中!】オンラインカウンセリングのご案内
  • ライフスタイル

544 view

気持ちよく贈る・贈られるためのシーン別心得|大人のマナー講座[贈り物編]

春は出会いと別れの季節。この機会に、歳を重ねた今だからこそ見直しておきたいマナーを4つのポイント別にご紹介。

入園・入学や転職などのシーンごとに、気持ちよく贈る・贈られるコツを「現代礼法研究所」主宰・岩下宣子さんに伺いました。

この記事をお気に入りに追加

引っ越し先での挨拶はちょっと特別な手土産を持参する

遠くの親戚より近くの他人というように、長くお付き合いするご近所への挨拶はぜひ。

「挨拶には500~1000円程度の手土産を持参して。絵柄入りのふきんや日持ちするカステラなど、自分ではなかなか買わないちょっぴり特別感のあるものが喜ばれます。覚えてもらうためにも、熨斗(のし)には名字を入れておきましょう」

節目のお祝いに迷ったら相手に必要なものを聞いてもOK

入園・入学、卒業などのお祝いや、新築・新居祝いの贈り物選びは、難しいもの。

「親しい相手なら、必要なものを聞いても失礼になりません。入園・入学祝いは、その家の子どもと一緒にお店で選ぶとお互いよい思い出に。新築・新居祝いは、お呼ばれした日にお菓子やお酒を持参し、お祝いは新居に合うものを後日送ります」

お世話になった職場には、しゃれた文房具でありがとうを

転職などが決まって職場を去る場合は、お世話になった人たちへの感謝を込めて、プチギフトを用意しましょう。

「おすすめは、実用的な文房具。かわいらしいふせんなら、ユーモアもあって印象に残るのではないでしょうか。高価なものでなくても、個包装をして個別に贈ることで、一人一人に感謝の気持ちが伝わります」

贈り物をいただいたらその日のうちにお礼を

贈り物を受け取ったら、その日のうちにお礼をするように心がけて。

「できれば電話やメールで感謝の気持ちを伝えましょう。入園・入学祝いなど返礼品が必要な場合は、タイミングに注意が必要です。すぐお返しをすると、気を使わせたように相手が感じてしまうので、贈り物が届いてから3週間ほどたってからに。お礼の手紙には、『いただいた〇〇、毎日使っています』といった、近況報告も添えるといいでしょう」

 

 

教えてくれたのは...
岩下宣子さん
「現代礼法研究所」主宰。心のこもったマナーの指導や研修で高い支持を得る。『図解 社会人の基本 マナー大全』(講談社の実用BOOK)など著書多数。

イラスト/北構まゆ 取材・文/伊藤彩子

お買いものはこちら