新商品

新商品 10/22新着

オルビス ネイルポリッシュ
オルビスユー ミスト
ルースパウダー

特集

  • 乾燥対策スキンケア アップデートのススメ
  • 冬のお悩みも一挙に解決! 季節を楽しむメイク特集
読み物

読み物-日々をここちよく-

今月の新発売アイテム&おすすめポイント【2021年11月号】
キャンペーン中のアイテムまとめ【21年10月22日版】
ネイルカラーとアクセサリーのおしゃれバランス|この冬は、手元から気分を高めて#1
私らしく働く、生きる#5
  • 私らしく働く、生きる#5

    オルビス ディフェンセラがサポートする、全国の伝統工芸職人を訪ねる連載企画。好きな仕事を選び、一生懸命に生きる職人…

  • コラム&エッセイ

157 view

マレーシア ボルネオの水辺|世界のここち巡り#4

トラベルライターが体験した、世界各地の「ここちよさ」を感じるスポットとは。

この記事をお気に入りに追加

マレーシア ボルネオの水辺

ボルネオ島にあるホテルまでの道のり、地元出身の運転手にいい場所があるから、と川のほとりに連れていってもらった。さすが熱帯雨林の島だけに幹線道路から一歩中に入れば緑濃く、植物は生命力にあふれている。

現地の若い子たちが水辺ではしゃいでいたので微笑ましく眺めていたら、シャンプーを取り出し、いきなりお互いの髪を洗い始めた。この辺りでは、ベトベトと潮気のある海よりもさらりと気持ちのいい川で遊ぶことがほとんどだという。そんな光景を眺めていたら自分も裸足になって水に足を浸したくなった。

高温多湿で4月は蒸し暑いというのに、川の中は思いのほか冷たい。近くに滝があるせいか、水は清らかだ。フライトの疲れをさっと流してくれるような勢いもある。川のほとりの爽やかな時間に、身も心も癒やされたひとときだった。

ホテルでふと、泡だらけのまま川にジャンプする、密林のパワフルな子どもたちを思い返した。
どこか懐かしさを感じる反面、ここは生物多様性の宝庫だったことを思い出し、なんとも複雑な気分に。

 

 

Profile
朝比奈千鶴
トラベルライター。「暮らしの延長線の旅」をテーマに、各地を訪ね歩く。観光を通した暮らし、文化継承の活動にも携わっている。

お買いものはこちら