読み物

読み物-日々をここちよく-

運動後は極上テクスチャーのコスメでリフレッシュ|夏疲れ解消エクササイズ#4
テーブルがグッと華やかに。簡単おしゃれ!「オーブントースター」レシピ
夏は朝家事にシフト|忙しい人のほどほど家事#7
【プレゼントキャンペーン実施中!】オルビス×SOELUスタイルアップナイトレッスン#4

よくある検索

  • メイクアップ

7291 view

一重、奥二重、二重のアイメイク|美容のプロに聞いてみました!

似合うアイメイクは、まぶたの形によっても違います。目元をより輝かせるためのポイントを、美容のプロがレクチャーします。

この記事をお気に入りに追加


理想のまぶたの広さとは?

目をくっきりと大きく見せるには、実はまぶたとのバランスが重要です。理想は、目の縦幅と、まぶた(目と眉毛の間)の縦幅が1:1であること。目と眉の間に、もうひとつ目が入るバランス、と考えるとわかりやすいでしょう。

これが、目がもっとも大きく見えるゴールデンプロポーションです。このバランスを意識して、まぶたの形に合わせたアイメイクを行うことで、くっきりと大きい、印象的な目に見せられるうえ、顔立ちも整って見えます。

一重さん、奥二重さんのアイメイク

アイメイクは、アイホールにベースとなる淡めのアイカラーを塗り、二重幅に濃い色をのせてメリハリをつけるのが基本ですが、一重さんや奥二重さんの場合、まぶたが広く見えやすく、また、まぶたが目にかぶりがちなため、濃い色をやや太めにのせましょう。逆に淡い色は、まぶたがはれぼったく見えないよう、狭く塗りましょう。さらにマスカラでまつ毛をグッともち上げると、目と眉の間隔が狭まり、ゴールデンプロポーションに近づけることができます。

STEP1

濃い色を入れる位置に目印をつける
一重さんや奥二重さんの場合、二重幅に濃い色を塗っても、目を開けると見えなくなることがあります。これを防ぐため、まず、目を開けた状態でも見える位置に、アイカラーを点置きして目印にします。次に目を閉じて、この点までまぶた全体に色をのせましょう。こうすれば、しっかり締め色がのせられます。

STEP2

淡い色を狭く入れる
淡い色のアイカラーは、膨張色のためまぶたを広く見せてしまいます。一重、奥二重さんは、もともとまぶたが広く見えがちなので、淡い色をアイホールより少し狭く入れること。色は肌なじみのいいベージュ系を選びましょう。

STEP3

アイラインは目尻のみに入れる
一重や奥二重さんの場合、アイラインが太いと目が小さく見えてしまいます。目尻にのみ、スッと延長するように入れると目力が増します。

STEP4

マスカラで根元からカールアップ
まぶたの距離を縮めて見せるには、マスカラも重要。ビューラーで根元からしっかりともち上げたら、マスカラでカール&ボリュームアップを。

ツイングラデーションアイカラー スタイリングベージュ
シャインカルテットアイズ

リキッドアイライナー
イルミラッシュマスカラ

右から・抜群の肌なじみと計算されたパール感をもちあわせる4色セットのアイカラー。順番に色を重ねるだけで、まるでプロが仕上げたような美しいグラデアイに。シャインカルテットアイズ ベージュトーン

肌なじみのいいベージュとアクセントカラーのブラウンをセットにした、使い勝手のいいアイカラー。偏光パール配合で、洗練された目元に。ツイングラデーションアイカラー スタイリングベージュ

毛の太さや長さ、量に加え、持ち手に至るまで、美しいラインが簡単に描けるよう追求したアイライナー。汗や皮脂に強いのに、お湯でオフできる点も優秀。リキッドアイライナー ブラック

まつ毛を根元からもち上げて、美しいセパレートまつ毛に。ブラシは、ロングとボリュームの2way仕様だから、ファッションや気分に合わせて、2つの仕上がりが楽しめます。イルミラッシュマスカラ ブラック


二重さんのアイメイク

二重さんはベーシックなアイメイク、つまり、アイホールにベースとなる淡めのアイカラーをのせ、二重幅にやや濃い色のアクセントカラーをのせる方法でOK。二重の幅が広い人は、ベースカラーにやや濃い色を選び、のせる範囲も狭めにすると引き締まった目元に。逆に二重の幅が狭い人は、膨張効果のある淡い色を選ぶと、ゴールデンプロポーションに近づきます。二重の人は、ブルーやグリーンなど、遊びの効いた色も似合います。

STEP1

二重幅に濃い色をのせる
濃い色を二重幅にオン。柔らかな印象に仕上げたいならブラウンなど肌になじむ色を。遊びを効かせるなら、ブルーやグリーンなどを選んでも◎。

STEP2

アイホールに淡い色をのばす
アイホールに淡い色を塗る。二重幅が広めの場合は、アイホールよりひとまわり小さめにのせると、引き締まった印象に。

STEP3

アイライン&マスカラで目力を強化
アイラインは、目のフレームに沿って入れるとナチュラルかつ印象的な目元に。目尻は少し延長させて横幅を拡張しましょう。キリッとした印象に見せたい場合は、目尻を少しハネ上げるようにすると効果的です。マスカラは、まぶたの幅が広めの方は根元からしっかりとまつ毛をもち上げるように塗って。逆にまぶたの幅が狭めの方は、自然なカールに仕上げると、ゴールデンプロポーションに近づきます。

ツイングラデーションアイカラー
シャインカルテットアイズ

イルミラッシュマスカラ
ペンシルアイライナー

右から・淡いピンクのグラデーションが表情までやさしく彩る4色パレット。上品なツヤを生むパール配合で、洗練された目元に仕上がります。シャインカルテットアイズ ピーチトーン

指でサッとのせるだけで、美しいグラデアイが作れる2色セットのアイカラー。南国の海ときらめく海岸を想起させるターコイズブルーで、トレンド感のある目元に。ツイングラデーションアイカラー ターコイズシー

まつ毛を根元からもち上げて、美しいセパレートまつ毛をメイク。ブラシはロングとボリュームの2way仕様で、ファッションや気分に合わせて、2つの仕上がりが楽しめます。イルミラッシュマスカラ ブラック

ガタつきやすい目のキワも、やさしいタッチでするすると描けるペンシルアイライナー。汗や涙、皮脂にも強く、描きたての美ラインが長もちします。ペンシルアイライナー ブラウン

島田久美子
トータルビューティークリエイター。複数の化粧品会社において、アドバイザーとして活躍。美容マニアで「キレイになることを諦めない」がモットー。豊富な接客経験と美容に関する膨大な知識を元に、現在は店舗接客のコンサルティングや育成、各ブランドの美容コンセプトの構築支援を手がける。

 

撮影/田村昌裕(freaks) イラスト/itabamoe 取材・文/北爪佳奈

お買いものはこちら