新商品

新商品 5/21新着

ネイルカラー
ルージュネス
ツイングラデーションアイカラー

特集

  • やさしく&しっかり日差し対策 スキンケア発想の賢者UV
  • 指先から、夏じたく 澄み渡る色をネイルにのせて
読み物

読み物-日々をここちよく-

「落とすケア」で浸透感を高めてくすまない肌に|夏の肌こそ保湿です#2
夏こそ落とすケアと保湿を見直して|夏の肌こそ保湿です#1
大浦お慶|アンコールエピソードをお届け!時代を生きた女たち#1
今日から始める、夏の「美じたく」 -6月のテーマ-

よくある検索

  • UV・ヘア&ボディ

1352 view

紫外線を浴びると肌はどうなる?|UVケアの正解#1

紫外線の量は初夏から急増します。肌老化の原因の約8割は紫外線だといわれており、美肌を守るには正しいケアを毎日続けることが不可欠です。未来の肌を守るために、改めてUVケアを見直しましょう!

この記事をお気に入りに追加

Trouble1 シミ・くすみ

紫外線による肌ダメージで、真っ先に思い浮かぶのがシミやくすみ。紫外線を浴びると肌内部で炎症が起こり、メラニンが生成されます。過剰に作られたメラニンが蓄積すると肌が黒くなり、シミやくすみの原因に。肌色が黒くなるのは主に紫外線B波の影響で、これを防ぐのが日焼け止めのSPF値。この数値が高いほどB波から守る時間が長くなります。

Trouble2 シワ・たるみ

シワやたるみといった悩みは加齢によるもの……と思いがちですが、紫外線の影響による可能性も。紫外線A波は肌の奥の真皮層にまで届き、コラーゲン量の低下や線維芽細胞の損傷を招きます。その結果、肌のハリが失われていくことに。A波を防ぐのは日焼け止めのPA値。雲や窓ガラスを通過して肌に到達するので、室内でも油断しないようにしましょう。

Trouble3 ごわつき

紫外線を浴びると、角質は肥厚して硬くなります。そうなると肌質はごわつき、キメも乱れるため、ザラつきも目立ってきます。スキンケアの浸透も悪くなるので、いくらよいコスメを使っても効果が半減。成分がきちんと肌に行きわたらないため、さらにごわつくという悪循環に。また角質が肥厚すると肌内部に隙間が生まれ、水分が蒸発しやすくなります。

Trouble4 乾燥

日差しを浴びると肌はうるおいを失い、乾燥します。乾燥はターンオーバーの乱れやバリア機能の低下を引き起こし、すこやかな肌土台そのものがくずれてしまうことに。そうなると、ますます紫外線ダメージを受けやすくなり、あらゆる肌トラブルが顕在化してきます。夏でも保湿力の高いアイテムで、乾燥から肌を守ることは必須なのです。

 

教えてくれたのは...
深澤亜希さん
美容家。豊富な美容知識と気持ちまで前向きになれる独自のビューティメソッドに定評がある。思わず見とれるほどの白肌の持ち主で、イベントや商品開発など幅広く活躍。女性誌やWebなどさまざまなメディアに出演し、著書も多数。

撮影/田村昌裕(freaks) スタイリング/荻野玲子 ヘア&メイク/吉川陽子 モデル/スミス・エミリィ 取材・文/橋場鈴里

お買いものはこちら