読み物

読み物-日々をここちよく-

オルビス初のコンセプトショップがOPEN!五感が喜ぶスキンケア空間“SKINCARE LOUNGE BY ORBIS” |Editor’s view Vol.1
朝食で1日の消費カロリーを2倍に増やす|大人の体形キープに!代謝UP新習慣#8
【美人のヒミツは朝の習慣?】全部見せます!美容のプロのモーニングルーティン<初秋編>|美容のプロに聞いてみました!
防災グッズを見直す日を作る|忙しい人のほどほど家事#8
  • メイクアップ

1951 view

シンプルなメイクこそチークの力でハッとさせる|大人の魅力はチークで増す#1

女性らしさやイキイキとした血色感、さらには小顔効果まで。チークには大人の魅力を引き立てる、さまざまなメリットがあります。頬にはノスタルジックな温もりを、一方目元にはモダンなきらめきを添える、旬メイクを紹介します。

この記事をお気に入りに追加

ベージュトーンでヌーディかつ立体的に仕上げた都会的なメイクに、赤みのあるオレンジチークで温もりをプラス。凛とした中にかわいらしさがにじむ、大人のバランスが作れます。チークの力を借りれば、こんな印象操作もお手のもの。さらに、頬の余白を埋めることで顔がキュッと小さく見えるので、骨格バランスも整い、より美しく見えます。

PICK UP ITEMS

写真上から時計回りに
ルージュネス ランプベージュ
ライトブラッシュ パプリカ
ツイングラデーションアイカラー スタイリングベージュ

※モデル写真のネイルカラー スウィンギングブルー(限定色・10/22発売)

EYE

ベージュとブラウンでやさしい奥行きを

ツイングラデーションアイカラー スタイリングベージュの右の淡い色をアイホールと下まぶたに、左のブラウンを二重幅よりも少し広く、ぼかしながらグラデーション状にのばし、ナチュラルな奥行きを演出。
まつ毛のすき間を黒のペンシルアイライナーで埋めたら、上まぶたのキワにはリキッドで、ブラウンのラインを引く。目尻は少し延長させ、仕上げに黒のマスカラをさらりとつけて。

CHEEK

主役チークは広めが鉄則

存在感のある色のチーク(ライトブラッシュ パプリカ)は、狭く入れると子どもっぽく見えることがあります。大きなブラシに色を軽く含んだら、頬骨を中心に横長にふわっとのせて。広く入れることで色を主張しつつも、大人に似合うシックな仕上がりに。

LIP

二度塗りしてベージュの発色をアップ

ルージュネス ランプベージュは直塗りでカジュアルに。ベージュの色味を強調するため、二度塗りでしっかり発色させるのがポイント。地の唇の色が赤い人は、ファンデーションやコンシーラーで唇の色を抑えてからのせると、ベージュがキレイに発色します。

 

 

 

撮影/嶌原佑矢 スタイリング/高上未菜 ヘア&メイク/岡田知子(TRON) モデル/比留川 游 取材・文/北爪佳奈

お買いものはこちら