読み物

読み物-日々をここちよく-

夏福袋&キャンペーン中のアイテムまとめ【21年8月1日版】
【セレクトキャンペーン第2弾】夏のキレイを磨く!内側からも外側からもケア おすすめ記事&アイテムまとめ
未来の肌へつなげるスキンケア -8月のテーマ-
【パーソナルカラーのギモン集】黄み肌=イエベ、色白=ブルベは間違い?
  • スキンケア

2756 view

【うっかり日焼けの対処法・前編】72時間以内の速攻ケア|美肌レッスンA to Z

屋外でのレジャーやスポーツを楽しんだ後、なんだか肌がヒリヒリする…そんな経験はありませんか。しっかりUV対策をしたつもりでも、どうしても焼けてしまうこともありますよね。そこで今回から前後編の2回に分けて、「うっかり日焼け」をしてしまった時の対処方法を特集します!前編は日焼け直後に行いたい速攻ケア方法をご紹介。いざという時に少しでも早めに対策を行えるよう、ぜひ頭に入れておきましょう。

この記事をお気に入りに追加

72時間以内のアフターケアが勝負!

肌がシミの原因となるメラニンを増やし始めるのは紫外線を浴びてから72時間後と言われています。

つまり、「うっかり日焼け」をしてしまった後、72時間以内に正しいケアを行うことが、その後のダメージを最小限にとどめるために最も重要と言えるのです。

 

STEP1 >>まずは炎症を起こした肌をクールダウン

日差しを浴びた直後の肌は、軽いやけどと同様に肌が炎症を起こしている状態です。肌に赤みやほてりを感じるときは、まずはできるだけ早くクールダウンすることが大切です。

ガーゼで包んだ保冷剤や濡らしたタオルなどでとにかく冷やしましょう。

肌が熱をもっている間は温めるのはNG。落ち着くまでは湯船につかるのは避けましょう。洗顔のお湯の温度をいつもよりも低めにすることもお忘れなく。

※水ぶくれや激しい痛みを伴うなど症状が重い場合は、皮膚科医の診察を受けることをおすすめします。

 

STEP2 >>赤みやほてりがひいたら、やさしく保湿

太陽の光を浴びた洗濯物がパリッと乾くように、日焼け後の肌は脱水状態になっています。バリア機能も低下しているため、刺激に敏感でトラブルを起こしやすく、普段使っている化粧水でもしみることがあります。そのためスキンケアはとにかく刺激が少なく保湿力が高いものを選びましょう。

オルビスユーのローション・モイスチャーはアルコールフリー・弱酸性・界面活性剤不使用。

さらに、冷蔵庫で冷やして使えるのも嬉しいポイント!「冷やしオルビスユー」で日差しを受けてほてった肌をひんやりクールダウンし、ここちよくうるおうハリ肌へ導きます。

*ご注意:・お子様やご家族の方が誤飲誤食されないようご注意ください。・冷蔵保管の際は極力個袋等に入れて保管してください。・お肌に合わないときはご使用をおやめください。・凍らせてしまうと品質が劣化するおそれがありますので、冷凍庫には入れないでください。・オルビスユー(ローション・モイスチャー)以外は、冷蔵保管をしないでください。

Recommend Item

オルビスユー ローション

冷蔵庫などで冷やしたローションを使えば日差しでほてった肌も一気にクールダウン。目指したのは”とろぱしゃ”。濃密ウォータージェリー*仕立てのリッチなコクが、肌に触れた瞬間みずみずしく解け出し、すーっと浸透します。

*プロパンジオール、PEG-75(保湿成分)

オルビスユー モイスチャー

冷蔵庫で冷やせば、ひやっと・もちっと感がたまらない”冷やしスフレジェリー”に。乾燥などのダメージの脅威にさらされがちな肌に、リッチなのにみずみずしいうるおいのヴェールをまとわせ、しなやかで、ほのかに光をたたえたツヤ肌に導きます。

 

また、使い方次第ではかえって肌にダメージを与えてしまう場合も。肌をこする行為や強いパッティングなどは避け、手のひらで包み込むようにやさしく浸透させて。

日焼け後は肌のバリア機能が低下しているため、いつも以上にたっぷりと保湿することもポイントです。

 

次回の後編では、日焼けが落ち着いた後の攻めのダメージケア方法をご紹介。将来のシミや肌トラブルを防ぐ方法を解説しますので、ぜひお楽しみに!

>>【うっかり日焼けへの対処法・後編】ダメージを蓄積させないケア方法をチェック!

 

監修/島田久美子 取材・文/伊藤幸子

お買いものはこちら