読み物

読み物-日々をここちよく-

オルビス初のコンセプトショップがOPEN!五感が喜ぶスキンケア空間“SKINCARE LOUNGE BY ORBIS” |Editor’s view Vol.1
朝食で1日の消費カロリーを2倍に増やす|大人の体形キープに!代謝UP新習慣#8
【美人のヒミツは朝の習慣?】全部見せます!美容のプロのモーニングルーティン<初秋編>|美容のプロに聞いてみました!
防災グッズを見直す日を作る|忙しい人のほどほど家事#8
  • スキンケア

1855 view

大人のキレイ相談室 ーニキビー

オルビスWebサイト内「キクラボ」で募集した、美容の悩みにお答えします。

この記事をお気に入りに追加

今回のお悩み-ニキビ-

ニキビ跡やニキビを隠すメイクの方法、そしてニキビの防ぎ方を知りたいです。(ペンネーム みーとさん)

 

コスメの見極めと皮脂対策を強化して

ニキビ跡とニキビ部分では、メイクの仕方が異なります。

色素沈着しているニキビ跡は、コンシーラーでカバー。肌色に近い色を選べば、自然に隠すことができます。

進行中のニキビがある場合、ベースメイクは極力シンプルに。化粧品と皮脂が混ざって汚れに変わり、ニキビを悪化させる可能性があるからです。ベースメイクのアイテムは「医薬部外品」「ノンコメドジェニックテスト済」のものを選びましょう。そして、ニキビの上にのせるのではなく、周囲をぼかすようになじませるのがポイント。

ニキビから視線をそらせるために、目元や口元のポイントメイクを強めにするのも効果的です。

また、ニキビには皮脂対策が欠かせません。日中は2~3時間に一度、あぶらとり紙で余分な皮脂をオフしましょう。ついニキビを触りたくなりますが、「触らない、つぶさない」が鉄則。触りたい衝動に駆られたら、あぶらとり紙でそっと触れるようにしましょう。

さらに、マスク着用により湿気がこもり、皮脂や雑菌が増えやすくなることも。ニキビ用の薬用エッセンス・クリアアクネスポッツで、ニキビの進行を防ぐケアもおすすめです。

ニキビを予防するには、肌を清潔にすることが第一。朝晩2回、きちんと泡洗顔を行いましょう。ニキビ部分は炎症が起きているので、こするのはNG。キメ細かな弾力泡で、なでるように洗うのが正解です。

さらに、気をつけたいのが化粧パフの汚れ。一度使った面は、自分のアクネ菌がついている可能性があります。同じ面は使わないようにしてください。

Pick up items

ニキビケア※と透明美肌を両立できる、無油分のメイク下地。紫外線ダメージからもガードします。医薬部外品、ノンコメドジェニックテスト済。
薬用 クリアデイケアベース
※ニキビ・肌荒れを防ぐ

大判で使いやすい。やわらかな肌あたりで皮脂をキャッチ。
あぶらとり紙

Profile
島田久美子
トータルビューティークリエイター。豊富な接客経験と美容知識をもとに、店舗接客コンサルティングやブランド構築支援を手がける。

 

お悩み募集中!
「大人のキレイ相談室」では、美容のお悩みをオルビスWebサイト内「キクラボ」で募集しています。ふるってご相談ください!

イラスト/山中玲奈 取材・文/橋場鈴里

お買いものはこちら