新商品

新商品 3/23新着

オルビス ホワイトクリアエッセンス
オルビス スキンVウェア
イルミラッシュマスカラ

特集

  • 本来の透明感へ 最先端の美白美容液
  • Color Voyage 春夏メイクコレクション
読み物

読み物-日々をここちよく-

シワ改善・美白“攻める日焼け止め”に驚きの声!「リンクルホワイトUVプロテクター」発表会レポート |Editor’s view
ヒップアップチャレンジ!|1カ月ダイエットチャレンジ#3
今月の企画展「花」|ここち写真部#3
ベースメイクを春仕様に衣替え!“さらツヤ質感”で快適に|美容のプロに聞いてみました!
  • スキンケア

4352 view

秋の肌不調はなぜ起こる?ケア方法とおすすめアイテム|美肌レッスンA to Z

今年の夏は猛暑日が続いたせいか、9月に入るや否やぐっと寒くなった感じがしませんか?そんな季節の変わり目、体調を崩しやすくなるとともに、肌の不調を感じる方も多いのだとか。そこで、今回は“秋の肌環境とお手入れ方法”をレッスン。秋の肌不調の理由と、おすすめのケア方法をいっしょにチェックしていきましょう!

この記事をお気に入りに追加

秋の“肌、あれ?”はどうして起こるのか

1:夏のダメージが顕在化する

一つ目の要因は、夏に受けたダメージ。夏は外気が体温以上にもなるのに対し、部屋の中は冷房が効いていますよね。そんな暑さと大幅な温度差で肌の水分量とバリア機能は低下します。

加えて、強力な紫外線も猛威を振るいます。8月に最も照射量が多くなるUV-Bは肌表面を刺激。乾燥や皮むけを引き起こすだけでなく、シミ・そばかすの原因となるメラノサイトをも活性化させます。真皮まで届くUV-Aはじわじわと肌のハリや弾力を奪い、シワ・たるみを引き起こしてしまいます。

これら夏の外的刺激が秋になるとともに肌や体調に現われることによって、不調を感じるようになるのです。

2:秋の不安定な気候で肌状態が悪化する

二つ目は、秋の不安定な気候。そもそも秋は、朝晩の寒暖差や日ごと気温や湿度の変化により、肌トラブルを起こしやすい季節。しかし、そんな肌トラブルに拍車をかけるのが、前述した“夏のダメージ”です。夏、肌の保水機能が低下しているところに気温・湿度・皮脂量の低下などの複合的な要素が絡まり合い、肌の乾燥が本格化。ターンオーバーも乱れ、角層は肥厚しがちに。くすみやごわつきが気になったり毛穴の目立ちやシミが黒化したりと、様々なトラブルが現れてきます。

秋肌のお手入れ方法

バリア機能をキープする丁寧な保湿ケア

不安定になりがちな秋の肌は、洗顔・化粧水・保湿液の基本のケアに加えて、パックや美容液を使用するのがおすすめ。ベースメイクアイテムも高保湿なものに切り替えるなど、とにかく保湿を重視したアイテム選びで、肌本来の保水機能とバリア機能を保ちましょう。冬の本格的な乾燥に備えるには「悩みが出てから」「寒くなってから」ではなく、秋が深まる前に手を打つこと。夏のダメージを残さない、こじらせないことが重要です。

くすみ&ごわつきをオフする角質ケア

皮脂や毛穴が気になる夏に比べ、秋冬は角質ケアを避けがちではありませんか?角質ケアは毛穴汚れをオフするだけでなく、くすみや乾燥の原因になる角質肥厚を取り除いてくれるため、秋冬でも週1~2回の頻度で取り入れるのがおすすめ。角質をオフした後は化粧水や美容液の浸透も良くなるので、高保湿なアイテムでたっぷりケアしましょう!

秋こそチャンス!攻めと守りのシミ・シワ・たるみケア

意外に思われる方も多いかもしれませんが、実は秋は美白ケアのチャンス!夏に受けた紫外線ダメージをケアしてくれるだけでなく、紫外線量が減ってくる分アイテムの効果実感を得やすいんです。

まずは基本の美白・シミ対策のケアとして、紫外線を浴びて活性化されたメラノサイトのケアを美容液で行うと同時に、作られてしまったメラニンの排出を促します。肌の保湿ケア以外にも入浴や軽い運動、バランスの良い食事など、多角的なアプローチで肌のターンオーバーを整えていきましょう。

続いてはシワとたるみのケア。UV-Aの影響でダメージを受けている真皮の立て直しを行います。コラーゲンやエラスチンのケアに着目したアイテムやシワ改善コスメを使用するのがおすすめ。サプリメントやドリンクで内側から補うのも良いでしょう。

 シミ・シワ・たるみのケアは予防のために年間を通してケアを行うのが理想。保湿に比べて夏だけケアをするという人も多いですが、秋はダメージが最も蓄積されている状態かつ、紫外線量が減ってくる分効果も実感しやすいため、継続的なケアをすることが大切です。

肌にもご褒美あげちゃう?

秋は不安定な気候で、肌も心も落ち込みがち。筆者も例年秋は肌がごわついたり内側に激しい乾燥を感じたりするのですが、朝晩に化粧水をゆっくり3度づけ(余裕があるときは5度づけ)することで徐々に改善に向かっています。肌の調子がいいと不思議と気分も明るくなりますし、メイクのりが良くなるので秋冬の新作コスメ、はたまた旬の味覚にまでわくわくが止まりません…!(笑)

まだまだ外出しづらいご時世ではありますが、新作コスメを試したときや、たまのお出かけのときに肌が不調だったらもったいない!丁寧な保湿とプラスのケアで秋をポジティブに過ごしませんか?義務感で行ってしまいがちなスキンケアも、テクスチャーが好きなものを選ぶなど、ご褒美アイテムを取り入れれば楽しくなるかも!

Recommend Item

__保湿ケア

オルビス ユー ドット シリーズ

肌のエネルギーのめぐりに着目した、オルビス最高峰のエイジングケアライン。乾燥やシミ、くすみ、ハリの低下などさまざまなエイジング悩みに多角的にアプローチしてくれます。

洗顔料のもっちりとした泡、ローションのみずみずしさ、モイスチャーのこっくり感など、テクスチャーも心地いい!

*肌をすこやかに保つために必要な水分、油分などの巡りのこと

ラインナップ

オルビス ユードット ウォッシュ
オルビス ユードット ローション
オルビス ユードット モイスチャー

 

オルビス ディフェンセラ

スキンケアはとにかく時短で済ませたいという方にもおすすめの“飲むスキンケア”。1日1包をそのまま飲むだけで、全身の保湿ケアが完了。秋冬特に気になる肘・膝・かかとのケアにも…!

__角質ケア

パウダーウォッシュプラス

毎日の洗顔料では落としきれない毛穴汚れや古い角質は、週1~2回のスペシャル洗顔でオフ!Wの酵素と濃密の泡で洗い上がりスッキリ。ローヤルゼリーやヒアルロン酸、コラーゲンといった保湿成分入りなので乾燥が気になる方にもおすすめです。

__シミ・シワケア

リンクルホワイトエッセンス

シミもシワもケアしたい…という大人のわがままに答える薬用美容液。これひとつでシワとシミの両方に同時にアプローチできるからアイテムを使い分ける必要がありません。全顔用のアイテムなので目に見えているお悩みだけではなく、潜在的なお悩みにも先回りのケアが可能です。乳液のようなとろけるテクスチャーもやみつき!

監修/島田久美子
イラスト/二階堂ちはる
撮影・取材・文/清水尚美

お買いものはこちら