02 ポーラ・オルビスグループ研究レポート

美肌を支える うるおいの鍵に迫る

1. 最近、なんとなくハリがない・・・その原因を調査!

体重は変わっていないのに、痩せた?と聞かれた。なんとなく肌にハリがなく、しぼんだ印象。

肌ではこんなことが起きている ?

私たちの肌は小さな細胞で構成されています。その細胞ひとつひとつが、こんな風にしぼんでしまっていたら…?
重さは変わっていないのにしぼんだ印象になっている原因かもしれないと考えました。

水分を取り込むと、同じ数でもふっくら!

2. 肌細胞のサイズに変化が!鍵は“アクアポリン”の力

※ 真皮の線維芽細胞
ビデオを再生する

アクアポリンって?

2003年ノーベル賞受賞。アクアポリンが無ければ、人間は涙することすらできない。

しぼんだ状態とふくらんだ状態の細胞の比較。120%にアップしている。

アクアポリンとは、生物の細胞の膜に存在する水の通り道のこと。
アクアポリンが発現することで豊富な水分が細胞内に行き届き、細胞本来の機能が発揮されやすくなるのです。

しかしアクアポリンは年齢や日常生活の酸化ストレスによって減少してしまいます。

アクアポリン発現量と年齢の関係のグラフ(イメージ)

3. News! 肌3層のアクアポリンを発現させるキー成分発見 !

3種のアクアポリンを発現させるキー成分

①アマモ抽出エキス、②モモ葉抽出エキス、③ヤグルマギク花抽出エキス

角層・表皮のアクアポリン(AQP)発現量のグラフ

真皮のアクアポリン(AQP)発現量のグラフ

Beauty Column

真皮の線維芽細胞と美肌の関係

真皮に存在する線維芽細胞は、コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸など、お肌のハリや弾力、肌ツヤをもたらす成分を生み出す重要な細胞です。

世界初! 真皮のアクアポリンに関する知見を発見 !

真皮のアクアポリン1,3が、
線維芽細胞の増殖に関与していることを発見しました。

※ 2018年6月現在。研究論文検索結果