新商品

新商品 9/22新着

オルビスユー ミスト
ルースパウダー
リンクルホワイトエッセンス

特集

  • 乾燥対策スキンケア アップデートのススメ
  • 幸せ印象UPへ導くエイジングケア特集
読み物

読み物-日々をここちよく-

「オルビスユー ミスト」でうるおいを。肌と心を労わる4つの保湿テクニック
今月の新発売アイテム&おすすめポイント【2021年10月号】
【数量限定】オルビスユーミストを活用!簡単メイク直しで夜までキレイ|美容のプロに聞いてみました!
【動画でレッスン】いつでもうるおいチャージできる限定ミスト・オルビスユー ミストの使い方|キレイをかなえるHOW TO動画
  • スキンケア

3608 view

脂性肌の特徴とおすすめケア&アイテム|美肌の近道!肌性入門

肌性は生まれつき決まっていて、各肌性によって肌悩みの傾向が異なります。自分の肌性と肌悩みをきちんと見極めたケアが美肌のカギに!脂性肌の特徴と、適したスキンケアアイテムやお手入れ方法について、美容のプロに教えてもらいました。

この記事をお気に入りに追加

【脂性肌の特徴】

うるおいが豊富だから、ハリがあってシワになりにくい!

脂性肌は、水分も皮脂も多い肌のこと。見た目にはパーンとしたハリ感があり、ふっくらとしているため、シワができにくい肌性です。ただし、年齢を重ねるにつれて水分・皮脂ともに減っていき、肌内部のバランスが乱れることも。また、皮脂が多いため、メイクがくずれやすいのも特徴です。

皮脂が多いので、ニキビができやすい

水分が多いことは問題ありませんが、脂性肌の難敵は過剰に分泌される皮脂。顔全体の皮脂が多いのでベタつきやすく、毛穴が目立ちやすくなります。また、角質肥厚によるザラつきやゴワつき、皮脂の酸化による黒っぽいくすみも特徴。顔全体にニキビができやすいので、適切なケアを心がけましょう。

うるおっているからといって、保湿の引き算は厳禁!

もともとの水分・皮脂が多いので、うるおいに満ちているように感じますが、引き算のお手入れはNG。ローションだけで済ませてしまうと、肌を守ろうとしてより過剰な皮脂が分泌されます。モイスチャーまできちんと使い、うるおいを保ちましょう。ベタつくTゾーンなどは少なめに塗るなど、量やつけ方で工夫を。また、余分な皮脂や古い角質を取り去るケアも大切です。朝晩はしっかりと泡洗顔を行い、定期的にスペシャル洗顔もプラスして。

【脂性肌におすすめの基礎スキンケア】

スキンケア選びは、さっぱりめのテクスチャーながらも、きちんと保湿できるアイテムを選ぶのが正解。オイルカットのものなら、ベタつくことなくうるおいを補給できます。ベタつきやテカリが気になるならアクアフォースL、ニキビができやすい人はクリアがおすすめです。

アクアフォースシリーズ L(さっぱりタイプ)

アクアフォースマイルドウォッシュ
アクアフォースローション
アクアフォースモイスチャー

 水分・油分のバランスを整えて、しっとりすべすべな“調子のいい肌”を実感できるシリーズ。うるおいが不足しがちなところを優先的に満たし、しっかりつなぎとめて抱え込みます。ローションに収れん効果があり、毛穴の引き締めにも効果的。

クリアシリーズ

クリアウォッシュ
クリアローション
クリアモイスチャー

くり返すニキビを防ぎながら、つるんとしたすこやかな肌へと導くシリーズ。肌にやさしい和漢植物の力がバリア機能を整えて、肌の乱れ*に働きかけます。さっぱりした使用感ながらも、肌のうるおい環境もあわせてケア。赤みや肌荒れにもアプローチできます。

*乾燥などによる

 

【脂性肌におすすめのプラスケア】

ザラつきやゴワつき、ニキビやくすみの原因となる過剰な皮脂や古い角質は、普段の洗顔だけではどうしても残ってしまいます。頑固な汚れをすっきりと落とすには、酵素のスペシャル洗顔が最適。まっさらな肌にリセットすることで、肌トラブルを回避できるだけでなく、スキンケアの浸透も高まります。

 

パウダーウォッシュプラス

週2~4回、いつもの洗顔と置き換えるだけで、つるつるな毛穴レス肌へ。2つの酵素が毛穴に居座る汚れをバラバラに分解し、もちもちの濃密泡が汚れをごっそりと絡め取ります。洗い上がりはつっぱることなく、なめらかな肌に。

 

【脂性肌におすすめのベースメイク】

皮脂が多いためベースメイクがくずれやすく、キメが粗い脂性肌。特に皮脂量が多い鼻周りは、部分用化粧下地を仕込んで、毛穴の目立ちとくずれ防止をダブルで対策。素肌にしっかりとツヤがあるので、ファンデーションはパウダリーが◎。ほどよいセミマット肌に仕上げましょう。

 

スムースマットベース

ファンデーションをのせる前にひと塗りするだけで、鼻や頬の気になる毛穴をさっとぼかしてカバー。絶妙なベージュ色のクリーム状で、肌になじませるとサラサラ感触のパウダーに変化。凹凸をフラットに整えながら、テカりやくずれを防ぎます。

 

あぶらとり紙で、皮脂くずれもエイジング悩みも予防

日中に分泌された皮脂を放置すると、メイクくずれはもちろん、酸化による皮脂ぐすみやニキビの元に。さらにエイジングダメージも引き起こすので、こまめにオフする習慣をつけましょう。ティッシュだと、とれるのはヨレたファンデや汗のみ。きちんとあぶらとり紙を使い、3~4時間に一度ぐらいのペースでオフしましょう。

 

あぶらとり紙

京都の舞妓さんたちに愛され続ける高級あぶらとり紙と同じ製法で作られ、やわらかな肌あたり。皮脂吸収量が高く、しっかりと皮脂をキャッチします。やぶれにくく丈夫な大判サイズ。

 

島田久美子
オルビス トータルビューティークリエイター。
複数の化粧品会社において、アドバイザーとして活躍。美容マニアで「キレイになることを諦めない」がモットー。豊富な接客経験と美容に関する膨大な知識を元に、現在は店舗接客のコンサルティングや育成、各ブランドの美容コンセプトの構築支援を手がける。

 

イラスト/二階堂ちはる

お買いものはこちら