新商品

新商品 5/23新着

ネイルポリッシュ
クリアフルセット・トライアル

特集

  • 夏本番!うるおいに満ちた、すこやかな肌を夏の快適スキンケア特集
  • 美白×UVケア あなたのための提案カルテ
読み物

読み物-日々をここちよく-

旅するネイルアート#1|憧れの街は、ネイルで楽しむ~Casablanca Nagano NewYork Paris
旅するネイルアート#2|憧れの街は、ネイルで楽しむ~Marrakech India Waikiki Netherlands Firenze Kyoto
【パーソナルカラー別】涼しげカラーで作る初夏メイク
【リピーター続出!】リンクルホワイト UV プロテクター|人気のヒミツとは?
  • UV

1599 view

紫外線と肌の研究レポート

日差しが徐々に強くなってくるこの季節。紫外線が肌に与える影響と、研究で分かった知見をお届けいたします。

この記事をお気に入りに追加

紫外線を浴びると、肌はどうなるの?

皮膚は紫外線に当たることで、真皮コラーゲン線維が壊され劣化したコラーゲンになります。
その結果、皮膚表面を支えることができなくなり、笑顔を妨げるシワが現れてしまうのです。

肌には、劣化コラーゲンを細胞に取り込んで
新しいコラーゲンの材料にするリソソームが存在する。

リソソームは、劣化コラーゲンなどの肌にとって不要になったものを細胞自らが分解し、新しいタンパク質の材料として生まれ変わらせる肌本来の力です。

リソソームが活性化すると
劣化コラーゲンを新たなコラーゲンの材料に変えることができる

<①紫外線で劣化コラーゲンが増加した肌>
<②劣化コラーゲンを再利用し新しいコラーゲンを生み出すことができる肌>
紫外線を浴びた肌は、劣化コラーゲンが増えすぎることで、劣化コラーゲンの再利用サイクルが渋滞を起こし、新たなコラーゲンの材料が提供されにくい状態になります(①の図)。
線維芽細胞のリソソームを活性化すると、劣化コラーゲンの渋滞が解消され、劣化コラーゲンを新たなコラーゲンの材料として再利用することができるのです(②の図)。

お買いものはこちら