読み物

読み物-日々をここちよく-

「オルビスユー ムースヴェールマスク」使ってみてどう?口コミから紐解く4つの特徴
【動画でレッスン】オルビスユー ムースヴェールマスクの効果的な使い方|キレイをかなえるHOW TO動画
スカルプ&へアエッセンス、エッセンスインヘアミルク|隠れヒット商品大解剖#2
スリムキープ、ブルーベリー|隠れヒット商品大解剖#3
  • ベースメイク

3196 view

肌が乾燥してメイクのりがイマイチ。日中は小ジワが目立ちます…|ファンデ先生がお悩み解決!

美容の価値観が多様化した今、ベースメイクにまつわるお悩みもさまざま。そこで、皆様から寄せられた疑問に、ファンデ先生がズバッと回答。ここちよく自分らしく、キレイになれるヒントが満載です!

この記事をお気に入りに追加

Q.お客様のお悩み

「肌がカサカサして、毎朝メイクのりが悪いです。

午後になると目元の小ジワもくっきりして、鏡を見るのが憂鬱になるぐらい。どうすればいいの?」(Cさん)

乾燥の季節もうるツヤ肌が手に入る、お得セットに注目!

 

オルビス屈指の大人気スペシャルケア×美容液生まれの極上BBクリームのセットが、通販限定でお得に!

11月22日~12月31日までの期間限定で発売中です。

>ご購入はこちらから

教えてくれるのは…   

<ファンデ先生>
オルビス 商品企画担当 合志

化粧品メーカーでの企画歴4年以上。ファンデーションについての知識が深く、オルビスではベースメイクを中心とした商品の企画に従事。
様々な視点から、お客様のお悩みに答えます。

A.ファンデ先生の解説

「肌のうるおいが、ベースメイクの精度を左右します!」

肌が乾燥する原因は、実にさまざま。特に冬は、気温や湿度が低下する上に、エアコンの影響や室内外の温度差なども加わり、一年でもっとも乾燥が過酷な季節。肌の水分も油分も少なくなり、カサつきや乾燥小ジワといった肌悩みを引き起こしてしまいます。
よく動かす目元や口元は、刻まれたシワが戻りにくいという事態にも。ベースメイクののりや完成度も左右するので、まずは肌そのもののうるおいを高めることが急務です!

 乾燥した肌にベースメイクを重ねても意味がない! 

肌が乾燥していると、ファンデのつきや伸び、なじみも悪くなり、ベースメイクがキレイに仕上がりません。さらに、乾燥している肌はうるおいを保とうとして過剰な皮脂を分泌してしまうので、化粧くずれの要因にも。頬や目元は乾くのに、Tゾーンはテカテカ……という悩みも増長します。

 

 美容液を投入して「与えるケア」を強化 

まず整えるべきは、素肌のうるおい。いつも通りのお手入れをしていて肌が乾燥すると感じるのなら、美容液をプラスしてしっかりと保湿しましょう。

顔全体に美容液をなじませたら、より乾燥しやすい目元や口元は重ねづけで念入りに。皮膚をこすったり引っぱったりせず、薬指でやさしく、すべらせるように塗布するのがポイントです。

 

 メイク直し時の“追い保湿”で、小ジワを撃退! 

また、日中は外気や紫外線などの影響で、肌※のうるおいはどんどん失われていきます。そこでおすすめなのが、日中にも美容液を塗り足す“追い保湿”。

美容液なら、スキンケア効果が高い上に、あと肌もベタつきません。メイク直しのタイミングで、先にあぶらとり紙で余分な皮脂を取り去ってから、乾燥が気になる目元や口元に少量の美容液を薄く塗布しましょう。薬指で軽くなじませてからメイクを直すと、うるおいがチャージされてハリ感が復活します。

※角層内

 

シワ改善&美白※1も叶える、リンクルホワイトエッセンス

注目のWナイアシン※2を配合した薬用美容液。コラーゲン産生を促して凹みを押し上げる「シワ改善」と、メラニンの過剰生成を抑制してシミを防ぐ「美白※1ケア」を両立します。気づきにくい細かなシワもケアして、ふっくら透明感のある肌に。

※1 メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐ

※2 ナイアシンアミド

 「落とすケア」も重視して、うるおいの土台作りを 

乾燥対策というと「与える」ケアに注力しがちですが、同じぐらい「落とすケア」も大切。日中の肌は、紫外線や大気汚染※など、さまざまな外的ダメージが蓄積されていきます。

肌の汚れをきちんと落とすことで、あとから使うスキンケアの浸透も上昇。うるおいが巡り、メイクのりのいい肌が手に入ります。「夜のクレンジングから翌日の保湿サイクルが始まっている!」と考えて、肌も心もその日のうちにリセットしましょう。

※空気中のちりやほこり

肌をほぐしてうるおいキープ! オルビス オフクリーム

とろけるような至福のテクスチャーと肌に密着する厚みがここちいい、濃密クレンジングクリーム。必要なうるおいはキープしながら、メイク汚れだけを見極めてするんとオフ。やわらかなモチモチ肌に洗い上げて、スキンケアを受け入れやすい肌に整えます。

A.ファンデ先生の解説

「保湿効果の高いファンデ選びもうるツヤ肌のカギ!」

乾燥に負けないベース作りにおいて、もう一つの要となるのがファンデーション。

肌なじみがよく、スキンケア効果や保湿力が高いアイテムを選ぶのがおすすめです。日中もカサつきを寄せつけることなく、見た目もうるツヤ肌をキープ。厚塗りにするとかえってシワが目立ってしまうので、ポイントを押さえた塗り方をマスターしましょう。

 しっかり密着させることで日中の小ジワ防止に

ベースメイクを塗るときは、こすらないことが大事。皮膚をこすったり引っぱったりすると、それが刺激になり、さらなる乾燥やシワの原因に。

ファンデをある程度、指でなじませてから、パフでポンポンと密着させていきます。ファンデがきちんと密着しているとヨレにくく、小ジワ防止にも。やさしいタッチで、丁寧に塗布してください。

美容液製法でうるおいを徹底キープする、メルティーモイストBB

美容液生まれのBBクリームで、保湿美容液、コンシーラー、ファンデ、日焼け止め、下地、パウダーの6役をこなします。なめらかなクリームが均一に伸びて、隙なくピタッと密着。うるおいを徹底的に守りながら、美肌を長時間キープします。

うるおった美肌をキープするBBクリームメソッド

1

適量のメルティーモイストBBをとり、両頬→額→鼻→あご先の順で5点に置きます。一番きれいに見せたい両頬から置き始めることで、薄づきでいい鼻や口まわりは自然とのせる量が少なくなります。

顔の内側から外側に向かって、指で軽くなじませていきます。皮膚をこすったり、引っぱったりしないように意識しましょう。

3

パフでポンポンとやさしく叩き込みながら、密着させていきます。お悩みが気になる部分には、ごく少量のメルティーモイストBBを重ねづけして、同様になじませます。

完成!

乾燥の季節もうるツヤ肌が手に入る、お得セットに注目!

 

オルビス屈指の大人気スペシャルケア×美容液生まれの極上BBクリームのセットが、通販限定でお得に!

11月22日~12月31日までの期間限定で発売中です。

>ご購入はこちらから

こちらもチェック!

今すぐ役立つベースメイク術・保存版 『ファンデ先生がお悩み解決!』

ファンデ先生が、お客様から寄せられた様々な疑問やお悩みにアドバイス!

ベースメイクにまつわるコンテンツも盛りだくさん。ぜひチェックしてください。

 

 

記事はこちら >

 

 

お買いものはこちら