読み物

読み物-日々をここちよく-

夏におすすめ!キレイにうれしいサプリメント|美容のプロに聞いてみました!
バーベキューやキャンプに!自然に溶け込むアウトドア映えメイク術
【アイテム比較】オルビスのクレンジング全4種を徹底比較!あなたに合うのはどれ?
【総集編】過去と未来の肌を見つめる|スマートエイジングの旅
  • スキンケア

3708 view

美容のプロが実践!シワ・たるみに悩まないための「1日のルーティーン」

誰もが避けては通れないエイジングの兆候「シワ・たるみ」。月日の積み重ねにより次第に現れてくるシワとたるみは、そのケアも“一日にして成らず”。生活習慣やライフスタイルも大切になってきます。今回は、ORBISの美容のプロが実践している、シワ・たるみに悩まないための毎日のルーティーンをご紹介します。

この記事をお気に入りに追加

美容のプロが実践する「朝のルーティーン」

7:00am

☑︎ 正しい洗顔で不要な角質をオフ

☑︎ エイジングケアアイテムで
丁寧にスキンケア

寝起きの肌は、寝ている間に分泌された皮脂や、昨晩に使ったクリームなどの余分な油が残っている状態。次に使うスキンケアアイテムの浸透を促すためにも、朝の洗顔で不要な皮脂や角質を取り除きましょう。
洗顔の後に使うスキンケアアイテムは、肌のハリや弾力感をサポートするものをセレクト。シワ・たるみは、コラーゲンやエラスチン、線維芽細胞など、肌の真皮成分が減少、変性し、肌の表皮を支える力が低下することで起こります。

コラーゲンやヒアルロン酸などが配合されたエイジングケアアイテムを、朝のスキンケアから投入します。塗布する時は、下から上に向かって、優しいタッチで行いましょう。肌への物理的刺激はシワ・たるみの要因になることがあるので、摩擦は厳禁!

 

8:00am

☑︎ 朝食は野菜と果物をたっぷり摂る

☑︎ 温かい汁物で体の中からウォームアップ

美容のプロが食べている朝食のポイントは、「ビタミン類の摂取」と「体を冷やさない」こと。特に、キレイを保つカギとなるビタミンCは体内に蓄積できず、尿と一緒に排泄されるため、毎日こまめに取るのがおすすめです。また、朝から冷たいものだけを食べるのはなるべく避けて、温かい汁物も取るのがベスト。中から温めて巡りを良くし、カラダに必要な成分を届けられる状態に整えましょう。

 

\美容のプロが愛用!/
朝美人のグリーン習慣

スーパーフードや緑黄色野菜、果物などをぎゅっと配合した粉末状の酵素スムージー。スムーズな毎日に整え、体にも美容にも◎。

 

8:30am

☑︎ UVカット効果とスキンケア効果の
高いベースメイクをする

シワ・たるみ対策に、紫外線は大敵。波長が長く、肌の奥深くまで到達するUV-Aは、真皮成分にダメージを与え、肌のハリを保つコラーゲンやエラスチンなどの減少・変性につながります。

さらに、日中の乾燥から肌を守ることも大切。保湿ができる、スキンケア効果の高い下地やファンデーションを使いましょう。スキンケアと同様に、下から上に向かって、引き上げるように肌になじませます。ただし、肌を強くこすらないように気をつけて!

 

美容のプロが実践する「昼のルーティーン」

12:00pm

☑︎ ランチは“野菜から”食べる

炭水化物の誘惑が多くなるお昼時でも、野菜の確保を。また、ここで気をつけたいのは食べる順番。血糖値の急激な上昇は糖化促進の大きな原因と言われているため、野菜(食物繊維)から先に食べ始めましょう。コラーゲンなどのタンパク質は糖化すると伸縮性がなくなり硬くなるため、肌の弾力の低下、シワ・たるみの進行につながってしまいます。
※糖化について、詳しくはこちら

 

14:00pm

☑︎ メイク直しはUV対策と
乾燥対策を重視する

真皮成分にダメージを与えてしまう紫外線UV-Aは、雲や窓ガラスも通り抜けやすい性質を持っているため、室内にいても油断は禁物。メイク直しの時に塗り直すなど、UVケアは徹底しましょう。特に、汗をかいたり、顔をタオルで拭いたりした時は、きちんと塗り直しを。加えて、目元や口元などは乾燥しやすい部分。メイクの上から使えるミストや目元用のスティック状美容液などで、こまめな保湿も忘れずに。

 

18:00pm

☑︎ スマホ猫背を避け、
正しい姿勢をキープ

仕事帰りの電車で、ずっとスマホを見ている人は要注意。猫背や巻き肩などの悪い姿勢は、重力の影響を助長してしまい、顔が下方向にたるんでいく要因にもなります。スマホを使う時は目線と同じ高さで見るようにしたり、定期的に胸を開いて肩甲骨を寄せるストレッチをしたりと、意識して改善していきましょう。

 

美容のプロが実践する「夜のルーティーン」

19:00pm

☑︎ 夕食は早めの時間帯に摂る

☑︎ ビタミンCや脂溶性ビタミンを
含むメニューにする

食べたものに含まれる糖質や脂質は、消費されないと体脂肪になってしまうので、なるべく早い時間帯に夕食を取るのが美容のプロのルーティーン。夕食には、一般的に抗酸化ビタミンとも呼ばれる、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEをバランスよく摂るのがおすすめです。また、活性酸素は体内でさまざまなダメージを与えると言われています。ビタミンACEを摂取して、体の中からサポートを!

 

\美容のプロが愛用!/
アクティブデイリービタミン

ビタミンACEに加えて、コエンザイムQ10などを配合したサプリメント。忙しくてバランスの良い食事ができない時は、サプリで手軽にビタミンを補給しましょう。

 

22:00pm

☑︎ 入浴中の簡単マッサージで
スキンケア前のウォーミングアップ

☑︎ マッサージをしながら
丁寧にスキンケア

美容のプロの“夜のスキンケア”は、入浴時からスタート。湯船につかりながら、首からデコルテにかけて老廃物を流すマッサージをして、スキンケアが浸透しやすい状態を作ります。血行不良は肌機能が低下する要因になることから、シャワーだけで済まさずに、湯船につかるようにしましょう。
スキンケアの前には、肌のコンディションを確認。不調のサインが出ていれば、状態に合った美容液をプラスします。1つ1つのアイテムを丁寧に使って、マッサージをしながらスキンケアを。表情筋の低下がたるみにつながることから、口内で舌を一周させる舌マッサージを取り入れることもおすすめです。

 

24:00pm

☑︎ 正しい姿勢で眠れる枕で就寝

高すぎる枕を使い続けていると、首にシワが定着しやすくなってしまうことが。また、枕による肌への摩擦も刺激になることがあります。負担のない姿勢で寝られるように、体に合った枕を使うようにしましょう。

 

日々の小さな習慣の積み重ねが、シワ・たるみ対策につながる!

年齢だけでなく、さまざまな生活習慣もシワ・たるみを加速させてしまう要因です。逆に言えば、毎日の過ごし方を意識することこそが、シワ・たるみ対策になります。スキンケアを始め、食事や普段の姿勢など、小さな改善と工夫を積み重ねて、弾けるようなハリ肌をキープしていきましょう!

島田久美子
オルビス エグゼクティブビューティディレクター。
複数の化粧品会社において、アドバイザーとして活躍。美容マニアで「キレイになることを諦めない」がモットー。豊富な接客経験と美容に関する膨大な知識を元に、現在は店舗接客のコンサルティングや育成、各ブランドの美容コンセプトの構築支援を手がける。

 

監修/島田久美子
編集/間野加菜代(Cumu)
イラスト/二階堂ちはる

お買いものはこちら