• 初回購入特典

1品からでも送料無料(当社負担)

商品点数
合計金額
マイページ
カート
メニュー 閉じる
  • ライフスタイル

542 view

ワンテーマで簡単&おいしい食卓に。1週間お助け夕飯献立#9

忙しい平日のお手軽夕飯や休日にのんびり作りたい夕飯を、テーマ別にご紹介する連載。
今回はスパイスやハーブなどを使った、お酒にも合う大人向けの献立をご紹介します。

この記事をお気に入りに追加

今月のテーマ:おつまみ風レシピ

献立作りのポイント

1. 普段の調味料にスパイスをほどよくプラスすると、お酒に合う1品に。

2. 和風はもちろんエスニック風、洋風など、スパイスやハーブで味わいに変化を。

3. ご飯やパンにも合うコクのある味つけなので、お酒が苦手な方も楽しめます。

2種類の味が楽しめる手軽な鶏手羽先焼き

フライパンでカリッと焼いた鶏手羽先に、ピリッと辛い味を絡ませて。定番の甘辛のタレには黒こしょうをたっぷり入れるのがコツ。ビールやハイボールが合います。

スパイシー手羽先2種

[材料](2人分)
鶏手羽先…8本
塩・こしょう…各少々
薄力粉…適量(大さじ1と1/2程度)
サラダ油…大さじ2~3
ニンニク(皮つき)…4片

A
チリパウダー…小さじ1/3
塩…適量

B
みりん…大さじ1
酒…大さじ1/2
しょう油…大さじ1/2
砂糖…小さじ1
粗びき黒こしょう…小さじ1/2

[作り方]
1 鶏手羽先は塩・こしょうで下味をつけ、薄力粉を薄くまぶす。
2 フライパンにサラダ油を入れて弱火で熱し、1と皮つきのニンニクを並べて中火にする。4~5分焼いてきつね色になったら裏返し、反対側も2~3分きつね色になるまで焼いたら、ニンニクと一緒に取り出す。
3 2の鶏手羽先の半量に、熱いうちにAをまぶす。
4 フライパンの油を取り除き、 Bを入れて火にかける。煮立ったら残りの鶏手羽先を戻し入れて全体に絡める。

ネギと春菊のナムル
斜め薄切りにした長ネギと春菊を混ぜ、ちぎったのり、塩、ゴマ油、白ゴマ、おろしニンニク、しょう油と和えて、味を調える。

ゆずこしょうの風味が香るカキのふっくらソテー

旬のカキの旨みを逃さないよう、薄力粉をまぶして焼くのがコツ。甘辛に味つけしたら、ゆずこしょうを混ぜた大根おろしでさっぱりと。日本酒や赤ワインを一緒に。

カキのソテー ゆずこしょうおろし

[材料](2人分)
カキ…8個(200~250g)
塩・こしょう…各少々
薄力粉…大さじ1
レンコン…150g
大根…200g
ゆずこしょう…小さじ1/2
サラダ油…大さじ1

A
酒…大さじ1/2
しょう油…大さじ1
みりん…大さじ1

[作り方]
1 カキは塩・こしょうで下味をつけ、薄力粉をまぶす。レンコンは皮をむいて1cm厚さの輪切りか、大きいものは半月切りにする。
2 大根はすりおろして水気をしぼり、ゆずこしょうを加えて混ぜる。
3 フライパンにサラダ油を熱し、1のレンコンを並べて中火で焼く。焼き色がついたら裏返し、1のカキを加えてさらに2~3分焼く。
4 Aを加えたら強火にし、とろみがつくまで煮絡めて器に盛る。2の大根おろしをのせていただく。

ホウレンソウのゴマ和え
ホウレンソウと千切りにしたニンジンをさっとゆで、すりゴマ、砂糖、しょう油で和える。ホウレンソウの緑色で彩りをプラス。

甘酸っぱいリンゴがアクセントの豚のソテー

ローズマリーの爽やかな風味が広がる、白ワインに合うシンプルなソテー。とろっと焼いたリンゴを溶けたバターと絡めると、酸みと甘みが絶妙なソースに。

豚とリンゴのローズマリー焼き

[材料](2人分)
ジャガイモ…2個
インゲン…10本
エリンギ…1本
ニンニク…1片
リンゴ(紅玉など酸みの強いもの)…1/2個
豚肩ロース肉(とんかつ用)…2枚
塩…小さじ1/3
黒こしょう・薄力粉 …各適量
オリーブ油…大さじ1
ローズマリー…2枝

A
バター…20g
しょう油…小さじ1

[作り方]
1 ジャガイモはよく洗ってラップで包み、電子レンジ(600W)で3分、裏返してさらに3分加熱。粗熱が取れたら食べやすい大きさに手で割る。インゲンはヘタを除き、エリンギは縦にくし形切りにする。ニンニクはつぶす。
2 リンゴは芯を除いて7~8mm幅のくし形切りにする。
3 豚肩ロース肉の両面に塩、黒こしょう、薄力粉をふる。
4 フライパンにオリーブ油の半量を熱し、1を並べて両面焼いて軽く塩(分量外)をふり、取り出す。
5 4のフライパンに残りのオリーブ油とローズマリーを加え、2と3を並べて中火で3~4分焼く。焼き色がついたら裏返し、約2分焼く。Aを加え、全体に絡めて4と共に器に盛る。

焼きキノコのマリネ
キノコ3種(マッシュルーム・エリンギ・シイタケ)とニンニクをフライパンで焼き、塩、こしょう、酢、オリーブ油で和える。

山椒の風味が広がるふわふわの肉団子

肉だねはゆるめにすると、ふんわりとした仕上がりに。レンコンを少し粗めに切ることで、シャキシャキした食感も楽しめます。ビールはもちろん紹興酒も相性◎。

レンコン入り肉団子の中華風煮込み

[材料](2人分)
レンコン…100g
長ネギ…3/4本
セリ…100g

A
長ネギのみじん切り…1/4本分(20g)
ショウガのみじん切り…1/2片(10g)
卵…1/2個
塩…小さじ1/4
しょう油…大さじ1/2
酒…大さじ2
粉山椒…小さじ1/3~1/2
ゴマ油…大さじ1/2

豚ひき肉…200g
片栗粉…小さじ1
サラダ油…少々
酒…50mL

B
水…300mL
しょう油…大さじ1/2
みりん…小さじ1
鶏がらスープの素…小さじ1/2
塩…小さじ1/4
こしょう…少々

乾燥春雨…40g

[作り方]
1 レンコンは皮をむき、5mm角くらいに切る。長ネギは1cm幅に斜めに切込みを入れて4cm長さのぶつ切りにする。セリは食べやすい長さに切る。
2 ボウルにAを混ぜ合わせ、豚ひき肉を加えて粘り気が出るまで混ぜる。1のレンコンと片栗粉を加え混ぜ、6等分にして丸く成形する。
3 フライパンにサラダ油を熱し、1の長ネギと2を並べて両面焼き色をつける。酒を加え煮立ったらBを加えて2~3分煮る。乾燥春雨を加えて3分くらい煮たら1のセリを加え、しんなりしたら器に盛る。

ラーパーツァイ(白菜の甘酢漬け)
細切りの白菜、ニンジン、セロリに塩をふり、しんなりしたら水気をしぼり、砂糖と酢を加える。ゴマ油、ホワジャオ(花椒)、トウガラシをフライパンで熱し、上からかける。

サトイモがほくほく!コクのある大人のグラタン

白やロゼワインと合わせたい、ブルーチーズがアクセントの濃厚な味わい。ホワイトソースもまとめてフライパン1つで作れるので簡単です。

サトイモとブルーチーズのグラタン

[材料](2人分)
サトイモ…3~4個(皮をむいて200g)
長ネギ…1/2本(40g)
生タラ…2切れ(150g)
塩・こしょう…各少々
バター…30g
薄力粉…小さじ2

A
牛乳…150mL
生クリーム…100mL
塩…小さじ1/6
ナツメグ・白こしょう…各少々

ブルーチーズ…40g

[作り方]
1 サトイモは皮をむいて5mm厚さの半月切りに、長ネギは小口切りにする。生タラはひと口大に切り、塩・こしょうで下味をつける。
2 フライパンにバター10gを熱し、1のサトイモを入れて焼く。焼き色がついてきたら裏返し、残りのバターと1の長ネギ、生タラを加えて焼く。
3 薄力粉を全体にふり入れて炒め、全体になじんだら、Aを少しずつ加えながら混ぜる。すべて加えたらとろみがつくまで2~3分煮る。
4 耐熱容器に入れてブルーチーズをちぎってちらし、200℃に熱したオーブンかトースターで、焼き色がつくまで15分くらい焼く。

カブのマリネ
薄切りにしたカブに塩をふり、しんなりしたら水気をしぼる。ゆずの皮、ハチミツ、酢、オリーブ油、塩、こしょうで和える。カブの葉をのせる。

素材の味わいを楽しめる牛肉のタリアータ

ステーキ用の牛肉を使った、贅沢な料理をメインに。爽やかな苦みのルッコラが、肉の旨みを引き立てます。ソースはバルサミコ酢としょう油でシンプルに。

牛肉のタリアータ

[材料](2人分)
ルッコラ…1袋
牛赤身肉(ステーキ用)… 2切れ(300g)

A
塩…小さじ1/3
黒こしょう…適量

ニンニク…1片
オリーブ油…大さじ1/2

B
バルサミコ酢…小さじ1
しょう油…小さじ1

ペコリーノチーズ…約30g

[作り方]
1 ルッコラは食べやすい長さに切る。牛赤身肉は両面にAで下味をつける。
2 フライパンにつぶしたニンニクとオリーブ油を熱し、香りが立ったら1の牛赤身肉を並べて入れる。強めの中火で1分~1分30秒、裏返してさらに1分~1分30秒焼いて取り出し、アルミホイルに包んでおく。
3 2のあいたフライパンにBを加えて煮立たせ、火を止める。
4 2の牛肉を1cm幅に切って器に盛る。上に1のルッコラをのせ、ペコリーノチーズをピーラーで削りながらちらし、3のソースをかける。

サツマイモのローズマリー焼き
サツマイモを皮つきのままスティック状に切り、多めの油でローズマリーと一緒に揚げ焼きにする。器に盛り、塩をふる。

ピリッとした辛さがクセになるヤンニョムブリ

人気の韓国料理を自宅にある調味料で簡単に。ブリは下味をつけておくのがポイント。また、粉をまぶして焼くとかたくならず、タレも絡みやすくなります。

ヤンニョムブリ

[材料](2人分)
ブリ切り身…2切れ(160~200g)

A
酒…小さじ1
しょう油…小さじ1
塩・こしょう…各少々

サツマイモ…小1本(150g)
シシトウ…8本
サラダ油…大さじ1と1/2
薄力粉・片栗粉…各大さじ1

B
酒…大さじ2
コチュジャン…大さじ1
ケチャップ…大さじ1
砂糖…小さじ1
おろしニンニク…少々
水…大さじ1

[作り方]
1 ブリはひと口大に切り、Aで下味をつける。サツマイモは5mm厚さの輪切りにし、シシトウは切込みを入れる。
2 フライパンにサラダ油を入れ、1のサツマイモを並べて中火にかける。3分くらい焼いて焼き色がついたら裏返し、端に寄せる。
3 薄力粉と片栗粉を混ぜ合わせ、1のブリにまぶしつけてフライパンに並べる。2~3分焼いて焼き色がついたら裏返し、1のシシトウを加えて、ときどきブリの面を替えながら焼く。
4 全体に焼けたらフライパンの油をキッチンペーパーなどでふき取り、混ぜ合わせたBを加えて全体に絡めるように炒め合わせる。

大根サラダ
濃厚な主菜に合う、さっぱりしたサラダ。千切りにした大根、細切りのハム、カイワレ大根、白ゴマを和え、好みのドレッシングをかける。

 

 

教えてくれたのは…
石黒裕紀さん

料理家、フードコーディネーター、栄養士。雑誌や企業のレシピ提案・メニュー開発、広告やテレビなどのフード制作・スタイリングなど幅広く活躍中。

 

撮影/市原慶子 スタイリング/片野坂圭子

お買いものはこちら