• 初回購入特典

1品からでも送料無料(当社負担)

商品点数
合計金額
マイページ
カート
メニュー 閉じる
  • ライフスタイル

461 view

秋の夜長・安眠のためのストレッチ|7分ダイエット講座#9

これなら毎日できる! 大人のための「がんばらない」ボディメイク術を紹介します。

この記事をお気に入りに追加

今月のテーマ
疲れを取って目覚めすっきり 秋の夜長・安眠のためのストレッチ

POINT1.上質な睡眠によってからだの代謝機能アップ
体内の代謝機能を高めるためにも、質のよい睡眠は大切。巡りがよく、ダイエットをしやすい体質作りの基本とも言えます。

 

POINT2.熟睡のために寝る前にストレッチを
デスクワークや立ちっぱなしなどで、凝り固まった筋肉をストレッチでリセット。安眠しやすいからだの状態を手に入れましょう。

 

POINT3.“夜中の目覚め”にもストレッチは効果的
一度寝たのに、夜中に目が覚めてしまった……。そんなときには軽くストレッチをすると、心身共にほぐれて入眠しやすくなります。

 

LET’S TRY

前ももとそけい部を伸ばして仰向け寝を気持ちよく

「仰向けに寝ると寝ごこちが悪い」。そんな人は前ももとそけい部の張りが原因かも。ストレッチで安眠の姿勢を取り戻して。

 

① 両手を肩幅程度に開いて、四つ這いになる。両膝は腰の真下にくるように。

 

② そのまま右足を、右手の内側にくるように前に出す。左足は、そけい部が気持ちよく伸びるところまで後ろへ引く。

 

③ 手を右膝に置き、息を吸いながら上半身を起こす。息を吐きながら、②のように重心を前に倒し、その姿勢で呼吸を3~5回。反対側も同様に。

睡眠時の呼吸を深くする背中のストレッチ

からだを伸ばして寝ると腰に痛みが……それは背中の筋肉がかたくなっている可能性が。ほぐして寝ると睡眠時の呼吸も深くなります。

 

① 仰向けになり、両膝を立てて、ヨガマットくらいの幅を目安に足を広げる。

 

② そのままお尻を高く上げて、そけい部をしっかりと伸ばして、呼吸を3~5回。

 

③ 無理なくできるようなら、背中の下で両手を握り、二の腕を床に押しつけながら、胸を開くイメージで、呼吸を3~5回。

脚の疲れをほぐしてここちよい目覚めを

脚の疲れが残ったまま眠ると、眠りが浅くなることも。ふくらはぎからアキレス腱を伸ばすと、翌朝のむくみの防止にもなります。

 

① 正座の姿勢から、左膝を立てて座る。両手は左膝の上に。

 

② 左足のかかとが上がらないようにして、息を吐いて上半身を倒しながら、左のアキレス腱を伸ばす。左右3回ずつ。

 

②を正面から見たときのポーズ。つま先と膝を、正面に向けるのがポイント。

 

※NG
つま先が外側を向かないように注意して。

 

PROFILE

廣田なお
美筋ヨガインストラクター。ほぐす、伸ばす、鍛えるの3つの動きで、しなやかなボディを目指すメソッドを考案。SNSなどでの動画配信も好評。YouTube:美筋ヨガチャンネル

撮影/国井美奈子 取材・文 杉村道子

お買いものはこちら