• 初回購入特典

1品からでも送料無料(当社負担)

商品点数
合計金額
マイページ
カート
メニュー 閉じる
  • ベースメイク

27757 view

【特別編】いくつ当てはまる?ベースメイクの“あるある”NG習慣5選/ファンデ先生がお悩み解決!

今回のファンデ先生はスペシャルバージョン!普段なにげなくやってしまっている、ベースメイクのNG例をご紹介。いくつ当てはまるか、ぜひチェックしてみてくださいね。NG習慣に該当した場合は、過去の記事でおさらいするのも◎ですよ。

この記事をお気に入りに追加

教えてくれるのは…   

<ファンデ先生>
オルビス 商品企画担当 合志

化粧品メーカーでの企画歴4年以上。ファンデーションについての知識が深く、オルビスではベースメイクを中心とした商品の企画に従事。様々な視点から、お客様のお悩みに答えます。

NG習慣1

シミを隠したい部分は、ファンデを重ね塗りしています

「厚塗りになるだけ!コンシーラーをうまく使いましょう」

ファンデだけでシミなどの肌悩みをカバーしようとすると、厚塗りは避けられません。塗り重ねるほどに肌本来のツヤや透明感は失われていき、老けて見られる可能性も…。さらに、くずれやすくもなるので、厚塗りは避けたいところです。そこで頼りになるのが、コンシーラー。気になる肌悩みはコンシーラーにまかせて、ファンデは薄く塗るのが美肌の鉄則です!

「コンシーラーは難易度が高い」と感じる人もいるかもしれませんが、肌悩みを自然にカバーするためのエキスパートアイテム。朝のメイクもお直しも楽になって、ワンランク上の美肌が叶いますよ。肌悩みが増えてきたと感じる人にこそ使ってほしい、大人の強い味方です。ポツンとできたシミのように、“点”のお悩みにピッタリなのがスティックタイプ。カバー力に優れているため、色が濃い悩みも巧みに隠すことができます!

 

シミ隠しにはスティックコンシーラーが最適!

スティックコンシーラー

スルスルと肌に溶け込むようになじんで密着し、たった10秒で隠したいシミをしっかりとカバー。透明感を高めるパウダーと日本人の肌に合わせた絶妙な色設計で、カバーしているのを見破らせないナチュラル仕上げ。

\バックナンバーでおさらい!/

NG習慣2

スキンケアを終えたら、即ファンデを塗るのがルーティン

「下地をプラスした方が、美肌クオリティが断然アップ!」

大人の美肌作りに、化粧下地は欠かせません!スキンケア後にすぐファンデを塗っているのなら、今すぐ下地を使う習慣をつけましょう。

下地は、毛穴や凹凸をフラットにならしたり、色ムラやくすみをカバーしたり、様々な役割を果たしてくれる優秀アイテム。さらに、下地を使うことによって、ファンデのノリや密着度、そしてメイクもちも格段にアップします。仕上がりのクオリティが高まるのはもちろん、くずれも防いでくれるので、美肌が長時間続くといううれしい効果も。いろんなタイプがあるので、なりたい肌質や解消したい悩みなどに合わせ、ぜひ自分にぴったりな下地を見つけてみてください。同じファンデを使っていても、満足度が変わりますよ!

 

さらなる“うるツヤ肌”を叶えたいならスキンモイスチャーベースをプラス!

スキンモイスチャーベース」SPF28・PA+++

どんよりしたくすみを晴らし、血色感のある肌色に補正するピンクベージュの下地。うるおいべールがファンデを密着させてくれるから、化粧ノリもメイクもちも抜群。リキッドとパウダー、どちらのファンデとも好相性です。

皮脂ぐすみやテカリが気になるならスムースキープベースUVをプラス!

スムースキープベースUV」SPF40・PA+++

透明感も血色感も手に入れながら、皮脂によるくすみまで払ってくれるラベンダーカラー。皮脂を吸ってもくすませない凹凸補正粉体が毛穴をきちんとカバーし、ヨレやくずれを防ぎながら美しい仕上がりをキープします。

NG習慣3

一年中、同じファンデを愛用し続けています

「春夏or秋冬で、ファンデも“衣替え”が必要!」

春夏と秋冬では、湿度や気温、紫外線量など肌を取り巻く環境が大違い!年中、同じファンデを使い続けているという人は、秋口のタイミングで切り替えすることをおすすめします。徐々に乾燥が加速していく秋冬は、保湿力を重視したアイテムにスイッチするのが◎。日中にカサつきや粉ふきなどを感じることなく、しっとり美肌をキープできますよ。

そして、ここでぜひ併せて見直してほしいのがファンデの色。あまり深く考えずに“標準色”を選んでいたり、何年間もずっと同じ色を使い続けたりしていませんか?ひと夏を越えると、肌は一気にトーンが変わります。そして、顔は完璧にガードしているのに、首はつい油断してしまった…なんてことも。首が日やけしているのに顔だけ明るいと、印象がちぐはぐになって、せっかくのメイクが台無しに。夏終わりのタイミングで、日やけしていないかをきちんとチェックするのがおすすめです。ファンデは首の色に近いものを選ぶと、より自然な印象に仕上がりますよ。

 

パウダー派ならしっとり仕上げのアイテムにチェンジ!

カシミアフィットファンデーション」SPF20・PA++

粉体の一つひとつを保湿成分でコーティングし、ふんわり軽いつけごこちと、しっとりなめらかな仕上がりを両立。毛穴や凹凸など気になる肌悩みはカバーしながら、パウダーとは思えないほどみずみずしいツヤを宿す肌に。

リキッド・クリーム派はうるおい自慢のアイテムがおすすめ!

メルティーモイストBB」SPF30・PA+++

1本で保湿美容液、コンシーラー、ファンデ、日やけ止め、化粧下地、パウダーの6役をこなす、多機能な“美容液生まれBB”。豊かなうるおいで日中の肌を乾燥から守り、しっとりうるおう毛穴レス美肌*1を実現。

*1 メイクの効果による

エッセンスリキッドファンデーション」SPF20・PA++

皮脂を吸ってもくすまない粉体が光を反射して、くすみとくずれをしっかりガード。さらに、ヒアルロン酸の2倍の水分を溜め込む「濃密うるおいパウダー」を配合。うるおいをたたえたツヤ肌が12時間*2続きます。

*2 12時間化粧もちデータ取得済み(当社調べ。効果には個人差があります。)

NG習慣4

ファンデを塗るときは毛穴が目立つ鼻からスタート!

「くずれやすくなるから頰から塗り始めて!」

実は、ファンデは塗る順番も大切!「顔全体に塗れればなんでもいい」というわけではありません。とくに、皮脂が多く毛穴が目立ちやすい鼻まわりからのせてしまっている人は、要注意。出っ張っている鼻にファンデが濃くついていると厚化粧に見える上に、くずれたときの毛穴落ちが悲惨な状況に…。カバーしたいと先走る気持ちをグッとこらえ、正しい塗り方をマスターしましょう。

ファンデは、面積の広い頰から塗り始めるのが基本。まず両頬を内側から外側へ、そして額は中央からこめかみへ塗り広げたら、目もとや口まわりなど細部にも塗布していきます。くずれやすい鼻まわりは、最後に指やパフに残ったものをつけるぐらいが、ちょうどいいバランス。もし鼻まわりのテカリや毛穴に悩んでいるのであれば部分用の下地を仕込み、ファンデは薄く仕上げる習慣をつけましょう。ファンデをしっかりのせる部分と薄い部分が生まれることで、さりげないメリハリ効果も。朝のメイクでもお直しでも、心がけてくださいね。

 

鼻の毛穴に悩んでいるならスムースマットベースを投入!

スムースマットベース

絶妙ベージュ色と光を操るパウダーの働きで、黒ずみも凹凸もしっかりカバーするクリーム状の部分用下地。塗った瞬間にサラサラに整えて、毛穴目立ちをふんわりと一掃。テカリやくずれを防ぎながら、ハリ感までも保ちます。

\頬の毛穴はどうしたらいい?/

NG習慣5

マスクで隠れるし、昼間もスッピンの方が肌によさそう

「ベースメイクをした方が実は素肌にメリットだらけ!」

マスク生活やリモートワークが定着して、一気に増えた“日中スッピン”派。たしかにベースメイクの最大の役目は肌をキレイに見せることですが、実は素肌にもうれしい効果がたくさんあります!薄膜のベールを作ることで、紫外線や空調、大気汚染*3といった刺激から肌をプロテクト。また、保湿成分や美容液成分が配合されているアイテムを取り入れることで、日中もうるおいキープが可能に。さらにベースメイクというワンクッションを挟むことで、マスクこすれを軽減することができます。

「ベースメイクが肌に負担をかけるのでは?」と心配する声もありますが、今どきのアイテムはそんな問題ありません。もし肌をとことん軽やかに仕上げたいのであれば、下地&お粉の組み合わせがベスト。日中の肌を守りながら、“素肌そのものがキレイ”な仕上がりを実現できますよ。下地はうるおい効果が高いもの、お粉はサラッとした質感のものを選ぶのがおすすめです。

*3 空気中のちり・ほこりなど

 

スキンケア発想の下地ならスキンモイスチャーベース

スキンモイスチャーベース」SPF28・PA+++

美容液成分*4を87%も配合し、うるおいを逃がさずに抱え込む処方で“うるツヤ美肌”が持続。さらに大気汚染物質バリア成分*5が乾燥ダメージから肌を守ります。ピンクベージュカラーがくすみを払って、血色感をプラスしたような肌色に仕上げます。

*4 保湿成分
*5 ちり・ほこりなどの空気中の物質から肌を保護する成分(ホウケイ酸(Ca、Na)、酸化銀)

ふんわりナチュラル美肌に仕上がるルースパウダー

ルースパウダー

ここちよいサラサラ感としっとりしたうるおいのバランスが絶妙な、ふんわり軽やかパウダー。保湿パウダーを50%も配合し、さらに浸透型ヒアルロン酸エキス*6までIN。ほんのり光をまとった明るく上質なツヤ肌へ。

*6 ヒアルロン酸ジメチルシラノール=保湿成分

\スッピンvsメイク、どっちが肌にいいの?/

あなたのNG習慣はいくつでしたか?

0個→もしかしてあなたはファンデ先生!?ぜひ今までの習慣を続けてくださいね。

1~2個→NG習慣を見直せば、もっと美肌のクオリティが高まります!

3~5個→肌悩みに合ったアイテムを取り入れて、さらなるベースメイク上手を目指しましょう!

 

こちらもチェック!

今すぐ役立つベースメイク術・保存版 『ファンデ先生がお悩み解決!』

ファンデ先生が、お客様から寄せられた様々な疑問やお悩みにアドバイス!

ベースメイクにまつわるコンテンツも盛りだくさん。ぜひチェックしてください。

 

 

記事はこちら >

 

 

お買いものはこちら