日本初*1、肌にもトクホ*2
塗るのではなく、
飲むスキンケア。

*1販売商品として
*2許可表示:本品に含まれる米胚芽由来の
グルコシルセラミドは、
肌の水分を逃しにくくするため、
肌の乾燥が気になる方に適しています。

キービジュアル キービジュアル

飲むだけで、
肌の水分を逃しにくくする。
そのスキンケアは、
すべてが新しい。

ディフェンセラは、サプリメントではありません。日本初*1の「スキンケアするトクホ*2」です。肌そのもののバリア機能に内側からアプローチ。乾燥肌は水分が逃げやすいという前提に切り込み、1日に1スティックを目安においしく飲むだけで、肌のうるおいを逃がしにくくするスキンケアです。水なしでも口内ですっと溶けるゆず風味のおいしいパウダー。朝と夜、決まった場所でしかできなかったスキンケアという行為が、いつでも、どこでも、わずか15秒でおこなえます。年齢や性別すらも超えて、飲むだけで、肌の水分を逃しにくくする。これからのスキンケアにおける新常識です。乾燥が気になる肌を健やかにケアしたいと願う、すべての人へ。

*1販売商品として
*2許可表示:本品に含まれる米胚芽由来の
グルコシルセラミドは、
肌の水分を逃しにくくするため、
肌の乾燥が気になる方に適しています。

こんなかたに

  • 肌の乾燥が気になるかた
  • ひざ・ひじ・足先のケアをしたいかた
  • 手仕事が多く、手元の乾燥が気になるかた
  • 保湿をしても手応えを感じられないかた
イメージ画像 イメージ画像

顔はもちろん、
全身の肌に届く。

内側から、全身の肌へ。ディフェンセラがうるおいを逃しにくくするのは、顔だけではありません。乾燥しやすい部位や、手が届きにくくケアが難しい部分にも。

体のイメージ図 体のイメージ図
  • 顔・首

    第一印象を左右する顔と首の乾燥に。うるおいがとどまっている肌は、表情にもいい変化をもたらすはず。

  • 背中

    手や目が行き届きにくく、ケアが難しい背中に。実は乾燥しやすい場所です。

  • 手・ひじ

    家事や仕事で酷使する手先や、乾燥が目立つひじに。指先や手もとのうるおいは所作を美しく見せます。

  • 足先・すね

    サンダルやパンプスでダメージを受けやすく、保湿ケアだけではなかなか追いつかない足もとの肌に。

うるおいを逃さない
「3段階バリア」を形成

ディフェンセラに配合されている高純度セラミドは、肌のうるおいを逃しにくくすることを実証。エアコンや外気の乾燥などでうるおいを奪われやすい私たちの肌に3段階のうるおいバリアを形成します。

肌イメージ画像1

肌環境の乱れによって最外層の細胞が弱くなり、細胞と細胞の間にすき間ができてしまうことが、肌のうるおいが蒸発しやすい要因です。

肌イメージ画像2 肌イメージ画像2

肌イメージ

  • 1

    水分が逃げやすい
    最外層を強くする

  • 2

    肌表面の細胞の
    すき間をふさぐ

  • 3

    肌の奥の細胞の
    すき間をふさぐ

水分蒸散量の変化(頬部)

水分蒸散量の変化グラフ

米胚芽由来のグルコシルセラミドを毎日飲むことによって肌の水分蒸散量が徐々に減り、3ヶ月後には優位差のある結果が出ています。

出典
薬理と治療 2013,11(41),1051-1059より引用
対象者
乾燥などによる肌荒れを自覚している健常な成人男女133名
試験方法
米胚芽由来グルコシルセラミド1.8mgを含む食品を1日1回12週間摂取
測定項目
経表皮水分蒸散量(TEWL)※頬のデータを抜粋
群間比較
*P<0.05、**P<0.01、対象品を摂ったグループと比較して水分が逃げにくくなっているのが確認できました。

高純度セラミドとは

高純度セラミドイメージ画像

ディフェンセラに使用しているのは、1トンの玄米からたった1~2しか採れない貴重な成分、グルコシルセラミドを精製し、不純物を取り除いた高純度なセラミド。この米胚芽由来のグルコシルセラミドが、肌のうるおいキープ力を高めてくれます。

ディフェンセラ Q&A

  • なぜ「飲む」がいいの?

    セラミドをしっかりと機能させるためです。

    肌表面のセラミドは洗顔で流出してしまうくらい繊細なもの。塗ることで補っても、またすぐに流れ出てしまいます。しかしディフェンセラの高純度セラミドは、飲むことで肌に届くのですぐに洗い流されることはなく、肌がうるおいを逃さないバリアを形成するように働きかけてくれます。

  • どのくらい飲み続けるべき?

    まずは3ヶ月、続けてみてください。

    特定保健用食品の検証は、3ヶ月の連用試験によって判断されるもの。ディフェンセラによる肌の水分蒸散量も、同様の期間で変化するというデータが得られています。ぜひ継続して飲み続けていただくことをおすすめします。

  • こういう「飲むスキンケア」は
    なぜ今までなかったの?

    研究・開発・審査に10年かかっています。

    セラミドへの着目から、研究開発の期間が6年。特定保健用食品としての有効性・安全性の審査に4年。ディフェンセラは発売まで10年の歳月がかかっています。このように、かかった労力は並大抵ではありませんでした。容易に商品化できないところに理由があると思います。

答えてくれたのは...

イメージ画像

平河 聡

ポーラ化成工業株式会社
主任研究員/医学博士

皮膚科学を専門とし、エイジングケアの化粧品/医薬部外品/機能性食品の研究開発に従事。近年では、理化学研究所との共同研究にてアンチエイジング研究を主導。スキンケアのスペシャリスト。

そのスキンケアは、
すべてが新しい。

ディフェンセラは、乾燥肌に悩む、
すべての人のために生まれた。
外から潤いを与えるのではなく、
内側から働きかけ、
肌から水分を逃しにくくする。
そのメカニズムは、年齢や性別という
ボーダーを超えていく。

商品画像
イメージ画像

そのスキンケアは、すべてが新しい。
肌の水分を逃しにくくする。
日本初*1、肌のトクホ*2

*1販売商品として
*2許可表示:本品に含まれる米胚芽由来の
グルコシルセラミドは、
肌の水分を逃しにくくするため、
肌の乾燥が気になる方に適しています。