• 初回購入特典

1品からでも送料無料(当社負担)

商品点数
合計金額
マイページ
カート
メニュー 閉じる
  • ポイントメイク

5166 view

マスクで目元しか見えていないのに、“顔色が悪いね”と言われるのはなぜ!?|なんでも相談室「今日はどうされましたか?」#5

スキンケアに関する疑問から、カラダのお悩み、生活習慣のことまで。みなさんが気になることならなんでもOKの相談室がオープン。毎回、1つの悩みをテーマとして取り上げ、お答えしていきます。

この記事をお気に入りに追加

お悩みにお答えするのは…
相談員 柳野 理恵

オルビス ビューティクリエイター。ビューティアドバイザーとして複数店舗で活躍し、豊富な美容知識を持つ。くすみやしみなどの肌悩みをカバーするエイジングケアメソッドの開発を手掛ける。

助手 清水 尚美

元美容メディア編集者。オルビス入社後はアプリコンテンツの制作を担当。スキンケアよりもメイクが得意で、好きなメイクアイテムはピンクカラーのアイシャドウ。顔色はくすみよりも赤みが気になるタイプ。


本日のお悩み

元気なのに、“顔色が悪いね、具合良くないの?”と心配されがちです。

マスク着用で目周りしか見えないはずなのに、“顔色が悪いね”とよく心配されてしまいます。目周りの印象を変えることで、顔色を良く見せることってできますか?

“目の下の影”と“メイクの重心”がカギ

写真:清水
清水
顔色が悪い=チークで血色感を足す、と考えがちですが、そもそもマスクで見えないですよね…。マスクをしているのに顔色が悪く見えるのって、何が原因なんでしょう?

写真:柳野
柳野
原因は2つ考えられますね。まず、目の下に影ができていること。そして、メイクの重心が下に下がっていること。このどちらかの状態になると具合が悪そう、顔色が暗いなという印象になるかなと思います。

写真:清水
清水
「メイクの重心が下がっている」ってどういうことですか?

写真:柳野
柳野
「顔の下の方に視線が行くメイク」ということです。ただ、マスクをしているとチークもリップも見えないので、目元や頬の高い位置にポイントがないと全体的に下がって見え、暗く疲れたような印象を与えてしまうんです。

写真:清水
清水
なるほど。つまり、マスクから見えている部分のメイクの工夫する、ことで、顔の印象を明るくすることができるんですね!

写真:柳野
柳野
その通り。今回はコンシーラーとハイライトを目周りに使って、顔色を良く見せるテクニックをお教えします!

ターゲットは“涙袋の下”と“目のキワ”

写真:柳野
柳野
まず、目の下の影をカバーする方法から。

写真:清水
清水
影を消すアイテムといえば、コンシーラーですね。

\ひと塗りで明るい目元に/

光拡散効果のあるパウダーを配合。薄づきの自然な仕上がりで、透明感のある明るい目元に導きます。(柳野)

写真:柳野
柳野
コンシーラーは目のキワまでつけず、涙袋の下だけにのせるのがポイント。涙袋の下をワントーン明るく見せることで、メリハリのある明るい印象にすることができます。そしてハイライトで目のキワを明るくして、より立体感を出していきます。

写真:清水
清水
ハイライトはどんなものでもOKですか?

写真:
いいえ、ハイライト選びにもポイントがあるんです。ハイライトといえば、白や明るいベージュ、ペールピンクをイメージされる方が多いと思いますが、涙袋に自然な明るさを与えるハイライトを使用する場合は、肌なじみカラーを選ぶのがベター。実は#3でご紹介したフォートーンズスタイリングアイズは、ハイライト使いもできるんです。今回はフォートーンズスタイリングアイズのアイベースをハイライトとして使います。

写真:
4色パレットの左上にあるアイベースですね。

写真:
基本はアイメイクに使用したパレットのアイベースを使うと、全体の色のバランスが取れるので◎。目のキワにさっとのせたら、目の下の影はもう気にならないはず!

おすすめカラーはこちら!

\ワントーン明るい目元に/

高密着成分配合と保湿成分を配合し、きれいな発色が長続きします。肌なじみ抜群のヌーディなベージュ系カラーはハイライトとしても優秀。(柳野)

\自然な温かみもプラス/

明るさに加えて、温かみをほんのり足すならこの色がおすすめ。素肌の色とケンカしない絶妙な色合いです。(柳野)

ハイライトのポイント使いで、顔の重心が上がる!

写真:柳野
柳野
次に、メイクの重心を上げていきましょう。こちらもハイライト使いで解消できますよ。フォートーンズスタイリングアイズの左下にあるグロッシーパウダーをハイライト代わりにして、ポイント使いしていきます。

写真:清水
清水
幅広めに入れるというより、ポイント使い、というのが重要そう…。

写真:柳野
柳野
そうなんです。普段通りチークを入れた後、にこっと笑って一番頬骨が高くなる部分にだけ、グロッシーパウダーを指でトントンと重ねづけします。それだけで、繊細なパールが光を集め顔の重心が上がって見えるので、明るい印象に仕上がるんです。

写真:清水
清水
マスクをしても目に入る部分ですね。入れるだけでほのかにツヤ感が出て、華やかな雰囲気にもなりますね!

本日の学び

目元の印象で顔色も明るく見えるなんて、盲点でした…!チークで血色感を足すよりも、顔に立体感と抜け感が出て、大人な仕上がりになるのも◎。今日から早速実践します!(清水)

監修/柳野理恵
編集/間野加菜代(Cumu)
イラスト/itoaya

\あわせてCHECK!/
ハイライトでツヤ&立体感をアップ!

お買いものはこちら