キャンペーン

キャンペーン 11/22新着

特集

  • 彩り冴える澄み肌に。冬のBluishメイク
  • ショコラとドリンクで、もっとキレイに。わたしにご褒美 美容系スイーツ
読み物

読み物-日々をここちよく-

30歳を過ぎたら自由になれた|シトウレイさんのキレイの分岐点#1
くすみも吹き出物も撃退する3つの「巡りUP」|ついでにエイジングケア#4
美容ライフ5問5答|森本千絵さんのキレイの分岐点#3
自律神経のコントロールが鍵!|腸が活発化する6つの新生活習慣
  • メイクアップ

24822 view

美容のプロに聞いてみました ! 「くずれないベースメイクの極意」

気になるスキンケアやメイクのあれこれを美容のプロに聞いてみました!
今日から試せる美容のコツ、ぜひ取り入れてみてください。

この記事をお気に入りに追加

ベースメイクのくずれ。
原因は何でしょう ?

真っ先に「皮脂」を思い浮かべる方が多いのでは ? もちろん「皮脂」もくずれの原因のひとつですが、「塗る順番」も大きな要因になることをご存知ですか ?
ファンデーションは塗り始めた部位に一番厚くつきます。だから、皮脂分泌の多いTゾーンから塗り始めるのは絶対にNG! 厚塗りになり、ますますくずれやすくなります。では、どこから塗り始めるのが正解なのでしょうか。さぁ、「くずさないHow To」を一緒にチェックしましょう。

「くずさないHow To」は順番がポイント

パウダーファンデーションならば、片頬でパフに1/3。リキッドなら小豆1粒分が適量です。塗り始めは面積が広い頬から。内側から外側に広げます。次に額やアゴ。最後に、パフや指に残った分でTゾーンや小鼻をごく薄く仕上げます。
毛穴やテカリが気になるパーツですが、そこから塗り始めたり、お悩みをカバーしようと重ね塗りをしてはくずれの原因に。「Tゾーンや小鼻は最後に薄く」がくずさない極意です。気になるお悩みは、部分下地などのアイテムを活用しましょう。

パフ使いでくずれ知らずに

「小鼻は薄く」がくずさないベースメイクの極意ですが、凹凸があってファンデーションを上手く塗りにくいパーツです。このお悩みはパフ使いで解消しましょう !
パフを軽く折り曲げ、山になった部分を使います。パフの面積を小さくすることで、小鼻に隙なくしっかりフィット。この時にパフをすべらせずに軽く押し当てましょう。ファンデーションが薄く均一にのることで、キレイもくずれにくさも叶います。

皮脂ケアで先手必勝、くずれに喝 !

くずさないためのポイントを守っていても、皮脂はやはりベースメイクの大敵。こまめな皮脂ケアが、仕上がりキープの鍵に。「あぶらとり紙」を携帯して、気になったら、いつでも余分な皮脂をオフ ! 皮脂は化粧くずれの原因となるだけでなく、紫外線を通しやすくしたり、酸化して肌トラブルを引き起こします。皮脂ケアを習慣にして、メイクの仕上がりも素肌も守りましょう。メイク直しの時も、まず「あぶらとり紙」で皮脂をオフ。その後に手の甲で量を調節したファンデーションを薄くのせましょう。

関連商品:あぶらとり紙


島田久美子
チーフトレーナー(全国のビューティーアドバイザーの教育長)
2000年オルビス入社。入社以前から他社で美容に携わる。複数店舗の店長を経て、トレーナーへ。美容マニアで「キレイになることを諦めない」がモットー。美容に関する知識量が膨大で、どんな分野も分かりやすく解説。

関連商品まとめ


お買いものはこちら