読み物

読み物-日々をここちよく-

夏のパサつき髪をレスキュー!ツヤ髪へ導くヘアケアテクニック10選|美肌レッスンA to Z
​​【動画あり】新しくなった「オルビスユー」のトライアルセットを余すことなく活用する方法とは?
【遠心or求心?】顔タイプ別で見るアイラインの引き方3パターン!
夏におすすめ!キレイにうれしいサプリメント|美容のプロに聞いてみました!
  • スキンケア

1226 view

【動画でレッスン】オルビス売り上げNo.1*!クレンジングリキッドの使い方|キレイをかなえるHOW TO動画

動画と写真で化粧品の正しい使い方を解説する【キレイをかなえるHOW TO動画】。今回ご紹介するのは、今年25周年を迎える大人気メイク落とし「クレンジングリキッド」。メイク汚れをしっかり落とすのに、つっぱらないみずみずしい洗い上がりで、ご愛用者の多いオルビス屈指のクレンジングです。今回は、クレンジングリキッドをもっと上手に使うコツを、動画と写真で詳しくご紹介しています!ぜひチェックしてみてください。

* オルビス総売上個数(21年3月~22年2月の販売実績)

この記事をお気に入りに追加

ラク落ち&しっとり後肌!オルビス売上No.1のロングセラークレンジング

クレンジングリキッドは、その名の通り、リキッドタイプのメイク落としです。オイルカットで、保湿成分がたっぷり30%配合されているのが特徴。さっぱりとした洗い上がりを叶えながら、後肌のうるおい感も抜群!販売本数5,269万本突破*の、売上No.1クレンジングです。

*1 オルビス総売上個数(97年2月~22年2月の販売実績)

 

クレンジングリキッドの
\  おすすめポイント  /

 

スピーディーなメイク落ち!

洗いあがりのうるおい感抜群!

使いやすいポンプ付きボトル!もちろん濡れた手OK!

 

それでは早速、
効果的な使い方をチェックしてみましょう!

キレイをかなえるHOW TO動画<クレンジングリキッド編>

サムネイル

STEP1 下準備|クレンジングをなじませる準備をします

最初に、1~2プッシュ程度の適量を手のひらにとり、手のひら全体にさっと広げます。

\ ポイント /

水ベースのクレンジングリキッドは乾いた手・濡れた手どちらでも使用可能です。絶妙なとろみ感のあるリキッドのテクスチャーが、肌に負担をかけずにメイク汚れをしっかりと巻き込みます。しっかりメイクの場合は乾いた手で使用するとより素早くメイクになじむためおすすめ。

STEP2 メイクオフ|顔全体に、くるくるとやさしくなじませます

クレンジングは顔のパーツごとに、丁寧に順になじませていきましょう。
まずは皮膚の薄い目元と口元から、くるくると丁寧になじませます。
目元・口元ともに、中指・薬指を使ってなじませていきましょう。

落ちにくいマスカラは、指でつまんで落としていきます。

続いて、面積の広いところへなじませましょう。
親指以外の4指を使って、頬の上部と下部を分け、内側から外側へ向かってくるくるくるとクレンジングをなじませていきます。

あごからフェイスラインにかけても、同様になじませていきましょう。

額の部分は、人差し指・中指・薬指の3指を使って内側から外側にかけて、くるくるとなじませていきます。

続いて、メイク汚れが蓄積しやすい鼻周り念入りになじませます。
中指と薬指を使って、眉間から鼻筋にかけてスライドするように3回、最後に薬指で、小鼻のあたりをくるくるとなじませたら、メイク落としは完了です。

STEP3 すすぎ|36℃のぬるま湯を使います

すすぎは10回以上、まんべんなく行います。
小鼻や髪の生え際、フェイスラインなど、すすぎ残しのないように気をつけましょう。

\ ポイント /

すすぎに適した温度は36℃。温度が高すぎると肌のうるおいを奪ってしまい、逆に冷たすぎても毛穴が締まって汚れが落ちにくくなるので、ぬるま湯が最適です。シャワーを直接肌に当てずに、流水を手ですくいながら10回以上丁寧にすすぎましょう。ここでも肌をこすらないように、ぬるま湯を肌にかけるくらいの感覚で行うのが正解です。

全体のメイクが落ちたらクレンジング完了!

クレンジング後は洗顔料で仕上げの洗顔を。
水ベースならではの、すっきりとした後肌を感じてください。

使い方を覚えて、さっぱり&しっとりメイクオフ

クレンジングリキッドは、すっきりとした洗い上がりがお好みの方にピッタリなクレンジングアイテム。スーッと肌になじみやすいテクスチャーが、しっかりメイクもベタつかずにささっとオフ。保湿成分を30%も配合しているので、みずみずしい洗い上がりを叶えます。水なじみがよく素早くメイクオフ出来るのがクレンジングリキッドの特徴です。瞬時にヌルつきが消えていくのを感じながらすすいで、うるおい肌を目指しましょう。

 

 

監修:柳野理恵

編集:伊藤幸子/橋本桜

お買いものはこちら