• 初回購入特典

1品からでも送料無料(当社負担)

商品点数
合計金額
新商品

新商品 4/20新着

オルビス リンクルブライトUVプロテクター
ボディUVプロテクター
オルビスユー トリートメントプライマー

特集

  • 【シミ・シワに同時アプローチ】名品コンビで、24時間マルチケア
  • ぴったりのアイテムはどれ?あなたの肌悩みに応える  洗顔料【5選】
マイページ
カート
メニュー 閉じる
  • スキンケア

1112 view

【ショート動画】高機能美白美容液「アドバンスドブライトニングセラム」の使い方&テクスチャーをチェック!

2/20に発売した、先端肌科学研究から生まれた美白*美容液「アドバンスド ブライトニング セラム(医薬部外品)」。この記事では、使い方やテクスチャーをショート動画で解説します。上手に使うコツについて、美容のプロからのアドバイスも!全て30秒前後のショート動画ですので、お時間のない方も気軽にご覧くださいね。

*メラニンの蓄積を抑え、シミ・ソバカスを防ぐ

この記事をお気に入りに追加

オルビスが誇る新・美白美容液「アドバンスド ブライトニング セラム」とは?

まずは商品特徴について簡単にご紹介。

アドバンスドブライトニングセラム(医薬部外品)は、ポーラ・オルビスグループ独自の美白*1有効成分「m-ピクセノール(デクスパンテノールW)」を配合した美白美容液。粉砕&排出サポート*2のメカニズムで、メラニンの蓄積を防ぎ、自分史上最高の、冴えわたる透明美肌を目指します。

独自の先端肌科学研究に基づいた、オルビスが誇る美白美容液です。

*1 メラニンの蓄積を抑え、シミ・ソバカスを防ぐ *2 ターンオーバーを促進して、メラニンの塊を微細化すること

使用ステップはこちら。化粧水の後、保湿液の前に組み込んでお使いいただく美容液です。

それでは早速、テクスチャーと使い方をチェックしていきましょう!

\テクスチャーをチェック!/

3段階に変化するエマルジョンタイプ。美容成分*が凝縮された濃密な「コク」のある美容液が「ふわっ」と一体化する感触です。

軽やかでのびがよく、しっとりとうるおうのにべたつかないここちよさが特徴。

\使い方をチェック!/

化粧水の後・保湿液の前にお使いください。

①適量(2プッシュ)を手のひらにとり、手のひら全体に広げます。

②やさしくプレスするようになじませます。各部位3か所程度に分け、少しずつ手の位置をずらしながらやさしく押し込みましょう。

・頬:手のひら全体で内側から外側になじませます。
・額:人差し指・中指・薬指でなじませます。
・鼻筋・口周り:中指・薬指でなじませます。
・あごからフェイスラインへ向かってなじませます。

\美容のプロのアドバイス/

刺激を受けるとシミができやすくなるので、こすらず、力を入れすぎずプレスしながらなじませるのがコツ。

少しずつ手の位置をずらしながらやさしく押し込むようにつけると、まんべんなくなじみます。

シミができやすい頬の高い部分は重ねづけするのもおすすめです。

いかがでしたか?アドバンスドブライトニングセラムは、軽やかでのびがよく、肌にふわっとなじむここちよいテクスチャー。朝のお化粧も邪魔しないので、いつものスキンケアに組み込みやすい美白美容液です。

ご使用の際は、用法・容量を守っていただくのが美肌への近道。ぜひ、本記事の内容を毎日のお手入れに取り入れてみてくださいね。

アドバンスド ブライトニング セラム(医薬部外品)

ポーラ・オルビスグループ独自の美白*1有効成分「m-ピクセノール(デクスパンテノールW)」を配合。シミの原因になると考えられる“メラニンの塊”を居座らせない*1、粉砕と排出サポート*2の2ステップでメラニンの蓄積を抑え、シミ・ソバカスを防ぎます。
さらに、「アルテアネスレ*3」を配合し、うるおいに満ちた自分本来の澄み渡るような透明感を目指します。
手に取った時、なじませた時、後肌、と3段階に変化するテクスチャーは、肌にすばやくなじみ、毎日の美白ケアを楽しくする使いごこちを叶えました。

販売名:オルビス アドバンスド ブライトニング セラム

*1 メラニンの蓄積を抑え、シミ・ソバカスを防ぐ
*2 ターンオーバーを促進して、メラニンの塊を微細化すること
*3 アルテアエキス配合=保湿成分

教えてくれたのは…

AKAI

オルビス ビューティクリエイター。美白ケアには一家言あり!肌の透明感を引き出すお手入れ法を日々研究し、自身の美白ケア経験をもとにアドバイス。クリア&ツヤ肌に魅せるベースメイクの提案も得意とするなど、幅広い知識と技術を持つ美白賢者。持ち前の明るく気さくなキャラクターで、相談しやすさ抜群。年齢、性別問わず、多くの人に親しまれている。

監修/赤井未来(AKAI)

編集/伊藤 幸子

お買いものはこちら