キャンペーン

キャンペーン 11/22新着

特集

  • 彩り冴える澄み肌に。冬のBluishメイク
  • ショコラとドリンクで、もっとキレイに。わたしにご褒美 美容系スイーツ
読み物

読み物-日々をここちよく-

腸温活エクササイズ動画#3|股関節ストレッチ
絵を描く時間はここちのいい時間|森本千絵さんのキレイの分岐点#2
私の描く絵が、行きたい場所の「地図」になる|森本千絵さんのキレイの分岐点#1
うるおいをキープする「守りの洗顔」3つのコツ|ついでにエイジングケア#2
  • メイクアップ

1827 view

美容のプロに聞いてみました ! 「自分に合ったアイメイク」

気になるスキンケアやメイクのあれこれを美容のプロに聞いてみました!
今日から試せる美容のコツ、ぜひ取り入れてみてください。

 

この記事をお気に入りに追加

瞳とまぶたには理想のバランスがあります

くっきりと大きな瞳は、女性の憧れですよね。でも、瞳は大きさだけでなく、まぶたとのバランスがとても大切です。理想のバランスは、瞳の縦幅を1とすると瞳と眉毛(まぶた)の縦幅も1。
この1:1の黄金比率に近づくと瞳が大きく見えます。さらに、メリハリが生まれ、顔立ちまで整えて見せる効果も ! 一見、難しそうですが、アイカラーでなら簡単にバランスを整えることができます。自分の瞳を基準にする法則だから、ごく自然にバランスが補正できるんです。

基本のアイメイクはこれ ! 二重さんはこちら

二重さんは、基本のアイメイクで黄金比率に近づきます。イラストのように、アイホールにベースとなるアイカラーを。アクセントカラーは二重の幅にのせます。
よく聞く「アイホール」ですが、場所をご存知ですか ? 眼球と骨の凹みに添ったラインの内側を指します。まぶた全体ではないのでご注意を。色選びにもポイントがあります。瞳と眉の間隔が広い方は、収縮効果のある濃色を。反対に瞳と眉の間隔が狭い方は、膨張効果のある淡色を選ぶとより理想的なバランスに。

関連商品:ツイングラデーションアイカラー

一重・奥二重さんは、アクセントカラーを太めに

まぶたが広く見えてしまう一重さんと奥二重さんは、アクセントカラーをちょっぴり太めにのせましょう。
ただ、この「太め」のさじ加減が難しいという方も。そんな時は瞳を開いたまま、黒目の上、キワの見える位置に小さく印をつけてから、アクセントカラーをのせてみて。後で確認するとアクセントカラーが隠れていたり、太すぎて不自然という失敗も、この方法でならありません。
また、マスカラもポイントです。黒目の上のまつ毛を特にしっかりとカール&ボリュームUPさせると、アイカラーとの相乗効果で瞳と眉の間隔が狭まって見え、理想のバランスにぐっと近づきます。

関連商品:ツイングラデーションアイカラー
関連商品:スタイリングマスカラ ボリューム

くぼみ目さん、上がり目・下がり目さんには・・・

加齢によるくぼみには、アイメイク前にクリームタイプのアイカラーベースを仕込みましょう。まぶたを明るく晴らし、アイメイクが映える目元に。さらに、パール感が繊細なアイカラーを選べば、まぶたがふんわりと光をまとったようにツヤめき、立体感がUPします。
下がり目さんは、アクセントカラーを目尻側に太めにつけてバランスを整えます。上がり目さんは、基本のアイメイクを参考に仕上げましょう。

関連商品:マルチクリームアイカラー
関連商品:ツイングラデーションアイカラー


島田久美子
チーフトレーナー(全国のビューティーアドバイザーの教育長)
2000年オルビス入社。入社以前から他社で美容に携わる。複数店舗の店長を経て、トレーナーへ。美容マニアで「キレイになることを諦めない」がモットー。美容に関する知識量が膨大で、どんな分野も分かりやすく解説。

関連商品まとめ


お買いものはこちら