新商品

新商品 9/22新着

オルビスユー ミスト
ルースパウダー
リンクルホワイトエッセンス

特集

  • 乾燥対策スキンケア アップデートのススメ
  • 幸せ印象UPへ導くエイジングケア特集
読み物

読み物-日々をここちよく-

【初級】当ててみよう!「ほうれい線」をケアする&悪化させる行動クイズ
【まずはチェック】あなたの肌がくすむ原因はどれ?
【共創NEWS】いよいよ10/22発売!│お客様と選んだシルクルームソックス限定色の魅力を大公開
大人女子のあるある川柳#8
  • スキンケア

2095 view

沖縄のBAが伝授!暑~い夏にユードットをここちよく使うコツ

「肌が5歳老ける」と言われる夏。だから、夏にこそエイジングケアや保湿ケアは重要。わかっていても、暑い時期には濃厚なテクスチャーのものを使いたくない気分の場合も…。オルビスの大人気エイジングケア*1・オルビス ユードットシリーズ(医薬部外品)は、「最高峰*2の保湿力」とあるけれど、夏にもここちよく使えるのでしょうか?今回は日本一平均気温が高い県・沖縄のショップBAにインタビュー!暑い時期ならではの使い方のコツなどを聞いてみました!

*1 年齢に応じたお手入れのこと *2 オルビス内保湿力

この記事をお気に入りに追加

■夏こそしっかりと保湿&エイジングケアを!

普段は保湿やエイジングケアをがんばっている方でも、夏は“べたつく”・“乾燥を感じにくい”等の理由でケアがおざなりになったりする場合もあるのではないでしょうか。 でも実は、夏は紫外線やエアコンの影響で、肌にとって過酷な環境。「夏に5歳老ける」とも言われており、紫外線対策だけでなく、しっかり保湿ケアやエイジングケアを継続しておく必要があります。

そんな時の心強い味方がオルビス ユードットシリーズ(医薬部外品)!

ユードットといえば「オルビス最高峰の保湿力」というキャッチコピーなので、秋冬向きのイメージもあるかもしれません。でも実は、夏にもおすすめなのです!

 

ユードットは夏にもおすすめ!

なぜなら、エイジングケア*1・保湿ケア・美白ケア*3が一度にできるからです。

ユードットシリーズのローションとモイスチャーには美白有効成分のトラネキサム酸を配合。夏に力を入れたい美白ケアが可能です。さらに、オルビス最高峰の保湿力で、乾燥・ハリ・ツヤのなさといった年齢サインもケア。複合的な肌悩みが気になる大人の肌に嬉しいマルチなアプローチが叶います。

乾燥が気になる秋冬はもちろん、年間を通して継続的にお使いいただきたいスキンケアシリーズです。

*1 年齢に応じたお手入れのこと *3 メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐ

 

ただ、暑い季節は”テクスチャーの重たいものは使いたくない”、”ユードットの使い心地が心配”…という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、日本一年間平均気温が高い県・沖縄のショップBAに、沖縄の気候故のスキンケア事情やユードットの評判、ここちよく使うコツ、メイク崩れを防ぐコツなどを聞いてみました!

「ユードットは夏には重たそう」というイメージをお持ちの方も、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

■使ってどう?夏のユードット

那覇メインプレイス店 津曲チーフ

沖縄生まれ、沖縄育ち。シリーズ発売以来のユードットユーザー。他に、ホワイトクリアエッセンスとリンクルホワイトUVプロテクターも愛用中。

Q.沖縄の気候と、スキンケア事情は?

津曲チーフ:

沖縄は一年を通じて気温が高く、やはり南国的な暑さがあります。ただ日中はエアコンが効いた室内にいる場合が多いため、意外と乾燥に悩んでいる方は多いです。また、紫外線が強く、少しでも油断するとすぐに焼けてしまうため、UVケアや美白意識の高い方が多いと思います。

 

Q.ユードットシリーズの評判はどうですか?

津曲チーフ:

沖縄店でもとても人気のシリーズです!ユードットは「肌悩みを積極的にケアしたい」という強い意志のあるお客様に選ばれることが多いですね。特にトラネキサム酸の美白効果に期待をされる方が多く、夏に指名買いされる方も多くいらっしゃいます。

私自身、肌の乾燥や色ムラに悩んでいたのですが、ユードットを使い始めてから肌が安定してきたため、シリーズ発売以来ずっとリピートしています。

 

沖縄県といえば“常夏”のイメージもあり、保湿力の高いユードットシリーズは敬遠されるのではとも予想していましたが、意外なほどに人気が高いよう…!では、肝心の「使いごこち」についてはどうなのでしょうか?

 

Q.ユードットは保湿力が高いため、暑いと重たく感じませんか?

津曲チーフ:

ユードット=保湿力が高い=夏に使うには重たいのでは?というイメージをお持ちの方もいらっしゃいますが、使ってみると、「意外と重たすぎないテクスチャーで、問題なく使える」というお声がほとんどです。

ただ、「どうしても夏には抵抗がある」という場合におすすめしている、「夏にここちよく使うためのポイント」がありますので、ぜひお試しいただきたいです!

 

<夏にここちよく使うためのポイント>

■ウォッシュ:洗顔料をしっかりと泡立て、ベタつきの気になる箇所から洗う

夏は紫外線やエアコンによる乾燥で角質肥厚を起こしがち。さらに皮脂分泌も盛んになります。古い角質や毛穴の汚れが蓄積すると、肌の調子を崩しやすくなるのはもちろん、化粧水の浸透が悪くなり、べたつきを感じやすくなります。

そのため、毎日の洗顔を丁寧に行い、その日の汚れはその日のうちにリセットしておきましょう。だからといって、ゴシゴシと洗うのは肌の負担になるためNG。

洗顔時のポイントは、洗顔料をしっかりと泡立て、ベタつきの気になる箇所(Tゾーンなど)から洗うこと!きめ細かな泡は、毛穴の汚れを吸着してやさしく落としてくれますよ。ユードットウォッシュは手だけでもきめ細かい泡を立てることができますので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

>>詳しい使い方はこちらをチェック!

 

■ローション:”一気にバシャバシャ”ではなく、”少量を重ね付け”

これはユードットに限らずですが、「ローションがなかなか浸透しない」とお悩みのお客様に、普段お使いの量を再現していただくと、一回でとても多い量をつけすぎている場合が多いです。水分をたっぷりと与えたいからと、ローションを一気に出し、バシャバシャと大量につけてしまうと、浸透が遅く感じ、ベタつき感の原因にもなります。

ポイントは、手にとるのは少量ずつにし、ハンドプレスでしっかりと浸透*4させ、物足りない部分に重ね付けをすること!

ユードットのローションは、手に取ると意外とさらりとしていて、浸透感が良く、重さを感じにくいテクスチャー。夏場も抵抗なくお使いいただけますよ。

*4 角層まで

>>詳しい使い方はこちらをチェック!

 

■モイスチャー:手の温度を利用すると、肌なじみがアップ!

ユードットのモイスチャーは、クリーム剤型のため夏には濃厚すぎるのではと感じられるかもしれませんが、肌へのおさまりが良いため、意外と抵抗感なくお使いいただけます。

ポイントとしては、肌なじみアップのひと工夫をすること。ユードットモイスチャーは体温でとろけるテクスチャーが特徴。モイスチャーを手に取ったら、そのまま顔にのせるのでなく、まずは手のひら同士を合わせて温め、やわらかくしてから顔に塗りましょう。すると、肌なじみが格段にアップし、すぐに肌と一体化するため、テクスチャーの濃厚感も軽減されます。特に夏は手の温度が高いため手の上でとろけるのも速く、この動作が効果的ですよ。

>>詳しい使い方はこちらをチェック!

 

それでも重たく感じる時は、乾燥しやすい部分とベタつきやすい部分で塗る量を調整する「メリハリ塗り」を試して。

 

<メリハリ塗りの方法>

①まず、目元や頬、口元は普段通りの量を塗ります。

②おでこや鼻、あごは、モイスチャーを追加せず、手に残った量を薄く塗ります。

③最後にハンドプレスで密着させましょう。

 

ユードットシリーズは高い保湿力がありながらも、肌なじみが良いため、暑い沖縄でも快適にお使いいただけているとのこと。さらに上記のポイントを押さえることで、重たさが苦手な方でも心地よく続けられそうですね。

最後に、夏に気になる日中のベースメイク崩れへの対策についても聞いてみました。

 

Q.ベースメイクの崩れが気になる場合、朝のスキンケアはどうしたらよいですか?

津曲チーフ:

モイスチャーが肌になじみきる前にベースメイクを重ねてしまうと、メイク崩れを起こしてしまう場合があります。

そのため、まずは、モイスチャーを使ったあと、しっかりとハンドプレスでなじませ、肌になじみきってからメイクを始めることが大切です。

急いでメイクを始めたい場合は、ティッシュオフ(ティッシュを顔に当て、上から手のひらでやさしく押さえる)も効果的です。

それでも気になる場合は、朝のスキンケアだけモイスチャーを「オルビスユー デイエッセンス」(日中用保湿液)に置き換えてみるのもおすすめですよ。

 

■夏も積極ケアをあきらめないで!

暑い沖縄でも、多くの方に愛用されているというユードット。「美肌は一日にしてならず」、なので、ケアが億劫になってしまいがちな夏も、ぜひ使い続けたいですね。

各アイテム、ちょっとした工夫をすることで、暑い時期も より快適に使うことができるとのことなので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

オルビス ユードットシリーズ(医薬部外品)

肌のエネルギーのめぐり*5に着目した、オルビス最高峰*6のエイジングケア*7ライン。乾燥やシミ*8、くすみ*9、ハリの低下などさまざまな年齢悩みに多角的にアプローチします。

ウォッシュ
ローション
モイスチャー

*5 肌をすこやかに保つために必要な水分、油分などのめぐりのこと *6 保湿力 *7 年齢に応じたお手入れのこと *8 メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ *9 乾燥による

 

取材・文/伊藤幸子

 

お買いものはこちら