新商品

新商品 5/23新着

ネイルポリッシュ
クリアフルセット・トライアル

特集

  • 夏本番!うるおいに満ちた、すこやかな肌を夏の快適スキンケア特集
  • 美白×UVケア あなたのための提案カルテ
読み物

読み物-日々をここちよく-

サンダルの季節到来!素足美人をめざすケアアイテム&ネイル|美容のプロに聞いてみました!
手強い夏の“毛穴”レスキューアイテム!|ファンデ先生がお悩み解決!
【図解でわかる】パーソナルカラー別おすすめアイテム #2022夏・限定&新色ネイル編
【動画でレッスン】オルビスユー スパークリング ムースセラムでひんやり快適に !|キレイをかなえるHOW TO動画
  • スキンケア

1915 view

【動画でレッスン】クリアフルシリーズの使い方を一挙ご紹介!|キレイをかなえるHOW TO動画

1990年の発売以来、絶大な支持をいただいているニキビケア*シリーズが「クリアフル シリーズ(医薬部外品)」としてパワーアップして新登場しました。各アイテムを十分に活かすために、正しい量・正しい塗り方を身に付けてみませんか。ちょっとしたコツをつかむだけで、美肌への近道となるはず。今回はクリアフルシリーズの使い方のコツをまとめてご紹介します。
*ニキビ・肌荒れを防ぐ

この記事をお気に入りに追加

”正しい使い方”をマスターして“くり返しニキビ*1”からの卒業を目指そう!

毎日のスキンケア、なんとなく済ませていませんか?「何を使うか」はもちろん大切ですが、「どう使うか」もとても重要!正しい使い方を心がけるだけで、スキンケアの効果は高まります。

オルビスでは、クリアフルシリーズの特性に合わせ、おすすめの使い方(HOW TO)をご用意しています。

動画を参考に、各アイテムの使い方をマスターし、くり返しニキビからの卒業を目指しましょう!

 *1 ニキビ・肌荒れを防ぐ

 

「やさしく&きちんと」毛穴の汚れをオフ
<クリアフル ウォッシュの使い方>

サムネイル

★ウォッシュの重要ポイント★

①逆さにしても落ちないキメ細かな泡を作る
洗顔料を適量(約1.5㎝)出したら、時々水を加えながら自分の手を「泡立て器」に見立てて、指と指との間を広げて空気を巻き込むようにしましょう。受け皿側の手は、「お椀」のように真ん中をくぼませることで、空気を巻き込みやすくなります。泡の量はレモン1個分が目安。たった1.5㎝の洗顔料でも、空気と水をたっぷり含ませれば、レモン1個分の泡が立てられますよ。

②洗うのはTゾーンから
顔の中で皮脂の分泌が過剰で、毛穴詰まりを起こしやすいのがTゾーン。洗顔料は、はじめにのせた泡がいちばん洗浄力が高いので、Tゾーンから最初に泡をのせましょう。

③摩擦は徹底的に避けて
しっかりと汚れを落とそうと、ついつい力が入ってしまう方は要注意。ニキビができやすくなっている肌は特に摩擦に敏感なので、擦らないことが大切。手と顔が触れないように“泡を転がす”ようにやさしく洗いましょう。すすぐときもゴシゴシと擦らずに、“ぬるま湯をかける”意識で。

④すすぎ残しに注意!
すすぎ残しがあると、ニキビの悪化につながってしまいます。すすぎは10回以上行いましょう。小鼻や髪の生え際、フェイスラインは特にすすぎ残しが生じやすいため、意識的に流して。

ウォッシュのポイントは、デリケートな肌になるべく負担をかけずに、且つ、きちんと毛穴の汚れを落とすこと。ぜひ動画を参考に、正しい洗顔方法を身に付けてくださいね。

 

塗る前の下準備で肌なじみアップ!
<クリアフル ローションの使い方>

サムネイル

★ローションの重要ポイント★

① 手のひらであたためてから肌にオン
ローションを適量(2プッシュ)手に取ったら、手のひらに広げて少しあたためてから顔にのばしましょう。手のぬくもりで肌を包み込むことで、肌へのなじみ感が高まります。

② 優しくハンドプレス
デリケートな肌にはなるべく負担をかけたくないもの。肌を擦ったり強くパッティングしたりせずに、やさしくなじませるようにしましょう。特にニキビができやすい部分にはハンドプレスで優しくなじませるのがおすすめです。

③ 目元・口元は乾燥に注意
目元や口元は顔の中でも乾燥しやすい部位。乾燥は将来のシワの原因にもつながるため、脂性肌など乾燥を実感しにくい方でもきちんと保湿しておきましょう。特に、皮膚が薄い目元は、力が入りにくい薬指を使うのがおすすめです。

クリアフルローションは、毛穴デリバリー処方を採用しているため、皮脂腺が多く存在する毛穴までぐんぐんなじみます。正しい使い方でここちよいなじみ感を感じ、みずみずしさあふれる肌を感じてみてくださいね。

 

ニキビの大きな原因「バリア機能の低下」に着目!
<クリアフル モイスチャーの使い方>

サムネイル

★モイスチャーの重要ポイント★

①モイスチャーを“省く”のはNG!
肌がベタつきがちな方に多いのが、「私は乾燥が気にならないから」と、モイスチャーを省いてしまうパターン。モイスチャーはバリア機能を維持し、うるおいを保つ力をキープする役割があるため、省くのはNG。かえって乾燥によるベタつきを助長する恐れがあります。モイスチャーは省かずに必ず使うようにしましょう。

②部位に応じて量を調節
Tゾーンなどのベタつきが気になる部分は薄めに、乾燥しやすい部分はしっかりめに等、部位や肌の状態によって量を調節しましょう。特に、乾燥しやすい目元・口元は重ねづけをするのがおすすめです。

③デリケートな肌をパックするイメージで
顔全体になじませた後は、最後にハンドプレスしてうるおいを密着させましょう。デリケートな肌をパックするようなイメージで、手のひら全体で優しく包み込むと効果的です。

 

保湿液は3ステップの仕上げに使うアイテムだからこそ、毎日丁寧に塗りましょう。特に、肌のバリア機能の低下がニキビの大きな原因だと考えられているため、モイスチャーできちんとうるおった状態を保ち、バリア機能を維持することが大切。クリアフルモイスチャーはベタつかないのにしっとり保湿するテクスチャーなので、ベタベタ感が苦手という方にもおすすめです。

 

化粧水前の集中角質ケア
<クリアフル スムースエッセンスの使い方>

サムネイル

★スムースエッセンスの重要ポイント★

①使うタイミングは「洗顔の後、化粧水の前」
スムースエッセンスは、先行型の美容液。洗顔の後のまっさらな肌に使います。洗顔後、なるべく時間をあけずに2プッシュ分をなじませましょう。

②ごわつきやすい部分は丁寧に
額・あごなど、ごわつきやすい部分は手のひらで包み込んで優しくプレスしましょう。

③使用後は化粧水をたっぷりなじませて
スムースエッセンスは、ブーストサポート成分*2を配合しているため、次に使う化粧水が肌になじみやすくなります。ここちよいなじみ感を感じてください。

 

新たなラインアップの先行美容液は、くり返しニキビを防ぐと共に、角質をやさしくほぐし、ごわつき・ざらつきが気になる肌を柔らかくして、毛穴の目立ちをケアします。古い角質が肥厚してごわついた肌は、見た目や手ざわりが悪いだけではなく、ニキビや毛穴目立ちの原因に…。また、肌がごわついているとそのあとに使う化粧水や美容液がきちんと浸透せず、本来の力を発揮できないため、とてももったいない状態。3STEPに加えてスムースエッセンスも取り入れることで、毛穴が目立ちにくいなめらかな肌を目指しましょう。

 

*2水素添加大豆リン脂質、シクロヘキサンジカルボン酸ビスエトキシジグリコール

 

ぜひ動画を参考に、毎日のクリアフルシリーズのお手入れを楽しんでみてくださいね。

 

 

監修/柳野理恵

取材・文/伊藤幸子

お買いものはこちら