読み物

読み物-日々をここちよく-

【Q&A】オルビス ユードットシリーズへの10のギモンに答えます!
いつもの保湿では足りない方に!冬ならではの徹底うるおいスキンケア|美肌レッスンA to Z
おうちで作ろう!ぬか漬け入門/からだを支える、おいしい発酵#3
基本の甘酒&ドリンクレシピ/からだを支える、おいしい発酵#2
  • スキンケア

731 view

【冬の美白#2】乾燥ケアをしながらクリアな肌を目指す!お手入れメソッド|美肌レッスンA to Z

紫外線量が少なく、スキンケアへのモチベーションが高まる冬こそ美白のチャンスであることが分かった#1。#2では具体的なお手入れメソッドを紹介していきます。しっとりとしたテクスチャーが冬の肌にここちよい美白アイテムと、その機能を存分に高める使い方をチェック!

この記事をお気に入りに追加

“冬の美白”お手入れの鍵は美容液と日焼け止め

冬は乾燥対策につい気が取られてしまいますが、紫外線量の少なくなる時期だからこそ美白のチャンス。保湿と美白をセットで行うことで、透明感のある肌をキープできるのです 。お手入れのポイントは「美容液」と「日焼け止め」。どちらも美白効果・紫外線対策効果がしっかりありながら保湿もできるものを選びましょう。

冬も使いたい!使用感“しっとり”なオルビスの美白アイテム

美白系のスキンケアアイテムというと、使用感が軽く、さっぱりとしたものが多いですよね。しかし、オルビスの美白アイテムは、べたつきは少ないものの、後肌感はしっとりなめらか。乾燥が気になる季節でも使いやすいんです。早速、オルビスのしっとり美白アイテムをチェックしていきましょう。

アイテムの機能
・メラニンの蓄積を抑え、シミ・ソバカスを防ぐ

有効成分「m-ピクセノール*1」配合。肌の「スキンピクセル*2」に着目し、ノイズ*3の少ない肌に導きます。

*1 テクスパンテノールW
*2 肌の乾燥やキメの乱れ、メラニンの蓄積などの事象があるかどうかを表すオルビス独自の表現のこと。
*3 乾燥やキメの乱れ、メラニンの蓄積など

冬に使いたいポイント
・濃密でしっとりとしたミルクテクスチャー
・「バリアラップ」処方で肌のキメを整える
・3種の保湿成分配合

肌になめらかに伸びるリキッドで、後肌しっとり。乾燥しやすい冬の肌にぴったりです。保湿成分にはシーグラスエキス・モモ葉エキス・ヤグルマギクエキスの3つが配合されており、うるおいあふれる健やかな肌に整えてくれます。

 

アイテムの機能
・メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐ
・今あるシワの改善

有効成分「Wナイアシン*4」配合。シワもシミも同時にアプローチできる、みずみずしいクリームテクスチャーの美容液です。

*4 ナイアシンアミド

冬に使いたいポイント
・こっくり濃密なクリームテクスチャー
・とろけるように伸び広がる使い心地

体温でとろけるような使い心地にうっとり。今あるシワと未来のシミを一度にケアできる美容液です。肌の環境を整える「ベニバナエキス」「ローズマリーエキス」配合で、ふっくら透明感のある肌を目指せます。

 

アイテムの機能
・メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐ
・今あるシワの改善

有効成分「Wナイアシン*5」配合。SPF50+・PA++++という国内最高峰レベルの紫外線カット力に加えてシワ・シミケアも同時にできる日焼け止めです。

*5 ナイアシンアミド

冬に使いたいポイント
・軽やかなクリームテクスチャー
・冬でも降り注ぐUV-Aへの対処

フェイスクリームのようにコクのあるテクスチャーで、後肌ふっくら 。キシキシ感もべたつきも少なく、季節問わずに心地よく使えますよ。紫外線カット力が高いので、冬でも量が多いUV-Aも対策できます。表情の動きに合わせて伸縮する膜をつくる「ATプロテクト処方」で、日中の紫外線と乾燥から肌を守ってくれる効果も。

冬に実践!ホットタオルを使った美白メソッド

気温が下がると代謝・めぐりが悪くなってしまいます。そこで役立つのがホットタオル!温めることで代謝不良を改善し、お手入れの効果を高めてくれます。 その他にもスキンケアの気分を高めたり、気分をほぐしたりする効果もあるので1~2週間に一度の頻度で取り入れるのが◎。早速やり方を紹介していきます。

使用アイテム

・フェイスタオル
・ホワイトクリアエッセンス/リンクルホワイトエッセンスどちらでもOK
・朝の場合はリンクルホワイトUVプロテクター

ホットタオルのつくり方

水に濡らして絞ったタオルを電子レンジであたためます。目安は500Wで20秒程度。取り出す時はやけどに注意しましょう。

 

【全顔用ケア】洗顔後のホットタオルで浸透サポート
洗顔の後、ホットタオルであたためることにより、血行を促進。血色感が出るだけでなく肌がやわらかくもなるため、その後に使うスキンケアアイテムの浸透が高まり、心地よく美白ケアができますよ 。
\POINT!/

ホットタオルをのせる時は顔の周りを囲むようにするのがポイント。鼻をふさがないように注意しましょう。

 

【目元用ケア】ホットタオル+ツボ押しで目元ケア

こちらは目元にポイントを絞ったメソッド 。目周りが明るくなると、顔全体の印象まで明るくなります。こちらも、洗顔後、化粧水の前に行うのがおすすめです。

\POINT!/

ホットタオルが落ちないように上を向いた状態で目元にホットタオルをのせたら、ホットタオルの上から目周りをプッシュ。気持ちが良いと感じる程度が目安です。ゆっくりと圧を加えるように押していきましょう。

目頭 → 目の下中央の骨部分 → こめかみ → 目頭 → 眉頭 → こめかみを各3秒ずつプッシュ。これを2セット行います。タオルを取った後は、いつもより目がぱっちりしますよ。

\おすすめのツボ/

目頭:清明(せいめい)/目の周りの血流を促す

目の下の骨部分:四白(しはく)/目の下のクマ、くすみに

眉頭:攅竹(さんちく)/まぶたのたるみ、むくみ、くすみに

こめかみ:クマ、目の疲れ

 

【朝用ケア】仕上げの日焼け止めも忘れずに

朝のお手入れの場合、仕上げにはリンクルホワイトUVプロテクターを塗りましょう。冬はクリームなどをリッチな使用感に切り替える人が多いですが、その場合はムラなくしっかりと密着させるためにも、スキンケアがしっかりと肌になじんだことを確認してから日焼け止めを塗るのがポイントです。

 

保湿&美白に“温めケア”をプラスして明るい肌に

今回は冬の美白スキンケアメソッドを紹介しました。保湿と美白が同時にできるオルビスの美白アイテムでケアしてみてくださいね。お家ですぐ実践できるホットタオルメソッドもプラスして、透明感あふれる美しい肌を目指しましょう!

監修/樋口祐紀
イラスト/二階堂ちはる
編集/清水尚美

 

お買いものはこちら