• 初回購入特典

1品からでも送料無料(当社負担)

商品点数
合計金額
新商品

特集

  • 【冴えわたる透明美肌*1ケアスタートセット】新・美白*2美容液とオルビスユーで「美白×うるおい」を叶える *1 うるおいによる透明感のある肌 *2 メラニンの蓄積を抑え、シミ・ソバカスを防ぐ(オルビス アドバンスド ブライトニング セラム)
  • ORBIS 2024 SS MakeUp Collection ふんわり咲き誇る、春めくまなざし。
マイページ
カート
メニュー 閉じる
  • スキンケア

7285 view

生理前の肌荒れ、なんとかなりませんか?|なんでも相談室「今日はどうされましたか?」#2

スキンケアに関する疑問から、カラダのお悩み、生活習慣のことまで。みなさんが気になることならなんでもOKの相談室がオープン。毎回、1つの悩みをテーマとして取り上げ、お答えしていきます。

この記事をお気に入りに追加

お悩みにお答えするのは…
相談員 高尾美穂

女性のための総合ヘルスクリニック「イーク表参道」副院長。医学博士、産婦人科専門医、スポーツドクター。ヨガドクターとしても活躍し、診療のかたわら、講演活動も行う。

助手 清水 尚美

元美容メディア編集者。生理が近づくたびに繰り返しできる頬やフェイスライン、首筋のニキビに悩んでいた経験あり。今はニキビに悩むことは減ったものの、生理前になると頬や鼻周りのベタつきは感じる。


本日のお悩み

生理前になると必ず肌が荒れます。なんとかなりませんか?

10代の頃から30代になるまでずっと、生理前になると必ず肌が荒れてしまいます。いくらスキンケアを頑張っても月に一度、特に頬と顎にニキビができてしまうのが悩みです。

排卵後から生理前の時期、皮脂腺が活発に!?

写真:高尾
高尾
生理前に肌の調子が悪いという方はよくいらっしゃいますね。

写真:清水
清水
やっぱり…。私も生理前になると、肌がいつもよりベタつく気がするんです。この肌の変化、何が原因なのでしょうか?

写真:高尾
高尾
ニキビや吹き出物が出るという方は、排卵後から生理前の時期に分泌量が多くなる、プロゲステロンというホルモンが影響しているのかもしれません。プロゲステロンは、皮脂腺を刺激するんです。

写真:高尾
高尾
生理周期に合わせて肌の調子が悪くなるのであれば、ホルモンの変動によるところが大きいと考えられます。そうであれば、低用量ピルでホルモンのサイクル自体をコントロールしてみて、肌がどう変わるか試してみるのは1つの手ですよ。

写真:清水
清水
最近飲み始めている人が周りにも多いです。どれくらいの期間、お試しするといいですか?

写真:高尾
高尾
肌の調子がどうなるか見極めるのに、少なくとも3ヶ月くらいは続けた方がいいかなと思います。ピルを飲むことで、月経痛が軽くなったり、月経周期を整えられるというメリットも。低用量ピルは多くの婦人科で処方してもらえます。初めての方向けのパンフレット等もありますので、婦人科医に気軽に相談しながら処方してもらうといいですね。

肌の変化に合わせて、正しいスキンケアを

写真:高尾
高尾
肌の変化に合わせて、スキンケアを見直してみるのも◎です。たとえば、生理前の時期はさっぱりしたメンズのスキンケアの方が合うという声も聞きます。

写真:清水
清水
ホルモンの影響で皮脂腺が活発になるなら、皮脂や毛穴ケアができるアイテムに切り替えるのはアリですね!

写真:高尾
高尾
あと、ニキビや吹き出物の他に、肌が乾燥するという声もあります。話を聞いていると、肌のベタつきが気になって洗いすぎているのかなと感じるので、洗顔から見直してみるといいかもしれません。

\清水のイチオシ/

毛穴詰まりのケア*1とニキビ予防ができるスキンケアシリーズ。普段からベタつきが気になる、ニキビができやすいという方はもちろん、肌荒れが気になるときだけのポイント使いもおすすめです。私はとくにウォッシュがお気に入り。もこもこの濃密泡で洗えば毛穴の詰まりもすっきり!(清水)

*1 洗浄による汚れの除去

インナーケアは体の巡りを意識して

写真:清水
清水
この他に、試してみるといいことはありますか?体の中からケアすることって、できたりするのでしょうか。

写真:高尾
高尾
肌荒れしがちな時期だからこそ、基礎的なことが大事かなと思います。水分をほどほどしっかり摂る、良い油を摂る、栄養バランス良く食べる、睡眠をしっかりとる。

写真:
水分を摂る、ですか!盲点でした。やっぱり大事なんですね。

写真:高尾
高尾
体って循環しているものなので、入れて、手放すという流れを維持するのが大切。インナーケアにおいて、特に私は就寝前に何をするか、がすごく大事だと思ってるんです。寝ている間に成長ホルモンが出て、体の回復が期待できる時間ですから。夜中もきちんと巡らせるために、就寝前にも水分を多少摂っておくようにするといいですね。

本日の学び

まさかホルモンが月イチで皮脂腺を刺激していたとは…!ホルモン分泌の変動と女性の体・肌は切り離せない関係なんだな〜と実感。生理周期から自分のスキンケアルーティーンを組み立ててみるのもよさそうです。(清水)

監修/高尾美穂
編集/間野加菜代(Cumu)
イラスト/itoaya

お買いものはこちら